« お出かけ中です | トップページ | 地震 »

観劇:長崎しぐれ坂、ソウル・オブ・シバ!!

 東京宝塚劇場で、星組公演「長崎しぐれ坂」「ソウル・オブ・シバ!!」を観劇しました。久々の宝塚。前回見たのは月組の「エリザベート」。う~ん、ご無沙汰でした。星組を見たのがこれまたすごい久しぶり。檀れいさんがトップ娘役になってから初めてなんですから。しかもこの公演で檀さんは退団(;_;) なにやってんだかなー、私。観劇が好きで、宝塚もよく見にいく方・・・とはこんなていたらくで大きな口はたたけませんが、お芝居・ミュージカル・ライブハウス・バレエ鑑賞など、時間とお金の折り合いさえつけば行きたい劇場は数知れず。その中でも宝塚は少々別格かもしれません。見ると生きる元気をもらえるというか、夢に浸れるといいますか。「またしばらく頑張ろう」という気持ちになれるんです(しばらくってのがくせ者でもありますが)。宝塚というと、色眼鏡(死語?)で見る方がまだまだ多いので、そうそう簡単には口に出せないのが悲しいところです。だってねぇ、宝塚を見にいくと口走っただけで、追っかけなのね。いくらくらいつぎこむの?なーんて言われたらたまりませんでしょ?(^^;) 以下は感想です。ご用とお急ぎと偏見のあるかたは読まないでくださいましね。

 昨日のお席は2階前方センターブロック。ソワレ公演でした。CSのタカラヅカスカイステージも視聴していますが、「NOW ON STAGE」もななめ見だけだし、歌劇もグラフ誌もよんでいない今回、プログラムを買って開演前にちょびっと予習。配役もちらっと見て、そうだ星組には華美ゆうかちゃんがいたんだと再確認。華美さんとは知り合いでもなんでもありませんが、なぜかちゃん付けしたくなるかわゆらしさ。スカイステージでスカイフェアリーズをやっていたのを見てから気になるようになりました。

 「長崎しぐれ坂」  専科の轟さんが各組にご出演の舞台、私はなぜかもれなく見ているような。雪組公演も見ましたが、今回の星組公演は配役(相手役ふくむ)も話の展開も破綻がないように思いました。轟さんのお衣装の美しいこと! 白地?に薄墨色というのでしょうか、藤の花が描かれているお着物が素敵で、それを粋に着こなされているお姿は立っても座っても動いても素敵。季節的にも藤なのね、などと見とれてしまいました。勿論、ほかの衣装も素晴らしいです。趣味もいいのね。李花さんの心づくしかしらなどと想像する私^^;。 その李花役は万里柚美さんではないですか。この配役が嬉しいです。ここに若手娘役なんか持ってきたら台無しですもの。ああ、大好きな万里さんが轟さんとお芝居をなさっている。誰かのお母さんとかではなくて、ちゃんと轟さんの恋人だよ?こういうのを見たかったのよ、と感無量。万里さんは紫苑ゆうさんがトップでご活躍のころから大好きな娘役さんなのです。ほんと今回の役はよかった。大人の娘役(女役、といったほうが正しいのかな?)をこうしてちゃんと起用してほしいです、今後とも!と、強調。  トップの湖月わたるさん。トップになってからは初めての観劇でした。脚が悪いという設定だったのを知らなかったので、登場したときは驚きました。本当に悪そうなんですもの。子ども時代では気づかなかったもので(^^;)  らしゃは純真さが印象的でした。無宿人でも母恋しさにだまされて・・・。助け出されたあと、あの匕首は伊佐次が持たせたのでしょうか?違う方をオペラでのぞいていたら、いつのまにか(^^;) そっか、この場面の安蘭さんの髪をほどくのも見所だった(^^;)はず、とちょっと悔しかった私。  そして檀さん。うーん、文句なしにきれい。色気がある。今まで見られなかったのがホント残念です。けっこう早くに出番がなくなっちゃいますけれど、仕方ないですね。  御大・松本悠里センセー。NOW ON STAGEでも仰ってましたが、日舞が違和感なくお芝居の中に組み込まれていたのが嬉しかったです。こういう日舞の入れ方を今後も希望します!とこれも強調。迫力があってでもうら悲しい精霊流しの群舞、逃げる伊佐次と追う卯之助、同心たち・・・名場面だと思います。これがバレエだったら、最後に松本センセーが上手に消えたら拍手喝采、舞台はストップして松本センセーが出てきてご挨拶、じゃないでしょうか。拍手できないのがつらかったです。  舞台幕切れ、「精霊になって江戸へ~」というセリフが染みました。深い悲しみだけではない何かがあったと思います。  

 「ソウル・オブ・シバ!!」  久々に見る宝塚のショーだから余計に感じるのかもしれませんが、楽しくて元気が出て、うっとりできて・・・もう幸せ! 最高! とにやけながら見ていました。美男美女が歌い踊るんですもの(竜宮城みたいですね、こんな書き方だと)、無理ないですよね。「長崎~」が切ない幕切れだったので、一層、見ている方もはじけてしまいます。檀さんはこれでもかっていうくらいおきれいだし、となみちゃんこと白羽さんはかわいいし(転ぶ役、多いような気が^^;。痛い~というセリフも懐かしく聞いちゃいました)、大好きな安蘭さんもすてき!なぜこんなに色気があってかわいらしいのにカッコいいんでしょう。でもプロデューサー役の歌はなんだか「ファントム」に似ていて、役柄も腕っ節が強くない、地位とお金はある男性??な~んだかどっかで見たことが(^^;)ムニャムニャ。 このショーのなかで1番胸きゅんだったのは、第10場でしょうか。ダイスを奪おうとするスタン、立ち上がるレーク、腕っ節は弱そうだけど堂々とダイスをかばう?オーキッド、ギャングとボーイたちのダンス、やっつけて「こんなもんサ」とボーイたちが気障ったところなんか素敵(こればっかり)! 振り付けがANJUさんなのですよね。だから余計素敵なのかしら、なんて。 第22場にあたるのかしら?大階段をつかった、檀さんと湖月さんのデュエットダンスも物語を感じさせて切なかったです。これは退団を意識しての場面(振り付け)ですよね。檀さんのご活躍を祈ります(祈られてもおっきなお世話でしょうけれど^^;)。

 で、今回の疑問。「長崎~」でのお芝居の中、李花と伊佐次のいいところに卯之助がやってきてヘビのおもちゃを出しますよね。轟さんは奪い取ったヘビを布団の上でとぐろをまくように置いて指先でつっつくようなことをしました。すると「そんなふうに遊ぶもんじゃないんだ」みたいに卯之助が言うんですが、これって日替わり?(手に持ってふとんに打ち付けるようにもして、大事にしてくれとか言われてもいました)  もう一つは、ショーのほうで、靴を磨いたレークにオーキッドが支払うとき、「手が滑ったからこれも」と札束を渡したんです。ホントはもう少し少なめの予定だったのかしら? 1回しか見れないとこういうところが分からないので寂しいです。いきなり千秋楽を見ても同じ事がいえますけれどね。

|

« お出かけ中です | トップページ | 地震 »

「宝塚とその周辺」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの(?)宝塚、お好みに合った舞台だったようでよかったですね!
私も8月に初めて劇場で星組さんを観る予定なので、「なるほど、なるほど~!」と頭の中にメモさせて頂きました(^^)
一緒に行かれたのは旦那さまでしょうか?
いいですね~~ご家族で共通の趣味! 
他所で口に出せなくても(笑)、家族みんなで話せたら楽しいだろうな~と羨ましい限りです。

投稿: ユウ・K | 2005年7月22日 (金) 23時46分

ユウ・Kさま(^^)
 コメントいただいているのを知らずにさっきメールしちゃいました(^^;)
 宝塚は、何観ても「金返せ~」とは思わないのです。愛ある感想はいっくらでも言いますが、どの組見ても最後は「あ~幸せ」なのですわ。 
 今回の観劇は一人です。夫が仕事帰りに見るつもりで買ったチケットですが、仕事がたてこみ、私が拾ってあげました(^-^) 夫は平日に当日券を狙うようです(慣れてるんですよ)。家族で盛り上がれるのはいいんですが、チケット争奪戦もある我が家です(笑)。

投稿: 藤娘 | 2005年7月23日 (土) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/5091923

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇:長崎しぐれ坂、ソウル・オブ・シバ!!:

« お出かけ中です | トップページ | 地震 »