« 来年は受験生 | トップページ | 海外ドラマ »

糖朝でランチ

 千葉県の柏高島屋内にある「糖朝」でランチをしてきました。柏店は2度目なのですが、前回と注文方法が変わっていました。以前は料理名が書いてあるシートに印をつけて店員さんに渡すようになっていたのですが、今日はメニューを見ながら店員さんに伝えるという、ふつう?のお店と同様になっていました。どっちがいいというわけではないんですが、ちょっと驚き。これは全店的なものなのかしら?

 一緒に行ったのは長年の友人で、糖朝は初めて。私も食べたことのないメニューが沢山あるので、デザート以外は半分コしながら食べてきましたが、デザートも半分コにすれば楽しかったかも。ごめんね、○○ちゃん(となぜかちゃん付けでここで謝る)。

 柏は地元同然の土地です。詳しく言うと柏から東武野田線で二つ目の駅が実家の最寄り駅で、生まれは違いますが3歳ころから結婚するまで住んでいた土地です。柏は高校に通ったり、お買い物したり、バイトしたり、と色々思い出があります。学生時代の友人も柏近辺に住んでいる人が多いので、友達集合となると柏、です。

 今でも両親は実家に健在なのですが、柏に行くのは久しぶりでした。小学校低学年の娘が帰宅する前に私が帰宅したかったので、帰り道の渋滞をさけるためもあり電車で行ったのですが、東武野田線に乗ったのがこれまたとても久しぶりでした。理科大の敷地内に見たことのない建物がたってる!とか、友人が事前に教えてくれた「完成間近の駅」にはびっくり。つくばエキスプレスが、東武野田線と、初石駅と豊四季駅の間で交差?するので、乗り換えられるように新しい駅ができるんですね(友人の受け売り)。

 でも、初石と豊四季って近いのに、その途中にまた駅ができるの? 電車は速く目的地につけばいいとは言いませんが、英断だなぁなんて無責任に思っちゃいました。新駅の駅名に「おおたか」の文字が含まれていましたが、生息しているのかしら。新線のためにけっこう林とかなくなってはいますけれどね。柏のあるところに(詳しい町名知らないんです)、うっそうとした林の中に建つホテルがありまして、最上階にサービスもいいおいしいレストランがあります(今も、かは不明です。何しろ私が利用したのはうん年前)。隠れ家的で素敵だったんですが、うん年前から勿論新線の開発は始まっていまして、あっというまに林がなくなり、ホテルは全貌を白日の下にさらしたのでした。味気ないというか、これはちょっぴり残念でしたね。でもホテル側としては良いことなのかしら?

 ああだこうだ言いましたが、変わるところも変わらないところもひっくるめて、やはり地元はいいですね。ほっとします。

 帰宅して、今年初のスイカを食べました。「スイカの皮、ぬか漬けにしてよ」「ごめん、ぬか床だめにしちゃった」という会話を息子と交わしました。残念なことは公表すると、残念さがいや増しますね(涙)。

|

« 来年は受験生 | トップページ | 海外ドラマ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

なるほどー。糖朝、「ふつうのおみせ」になったのね。
味は変わっていなかったようで、すこし安心。

投稿: でんか | 2005年7月12日 (火) 08時13分

でんかへ

 あまり世間を知らない私だけれど、あのオーダー方法もお店を特徴づけていた気がしていたから、意外だったのでした。

投稿: 藤娘 | 2005年7月12日 (火) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/4932796

この記事へのトラックバック一覧です: 糖朝でランチ:

« 来年は受験生 | トップページ | 海外ドラマ »