« 歯医者さんを探して | トップページ | 演劇の台本 »

案ずるよりも

 2日続けて柄にもなく固い話を書いてアツくなってしまいました。急に話を変えるのもなんだかぎこちない感じがするのですが……。

 今日は娘たちが習っているバレエ教室の舞台稽古がありました。発表会は約2週間先ですが、衣装をつけて本番と同じ会場を使っての練習です。この模様を録画し、それを基に照明プランを練るそうです。……何度かお手伝いとして働いてますが、初めて知りました(^^;)。

 お手伝いは生徒たちより少々早めに集合なので、娘をともなって会場着。長女に「まさかポアント忘れたなんて言わないわよね」と声をかけましたら……。私の軽口もたまには役にたつものです。長女は あっ と言ったきり蒼白、棒立ち。まったくね、この暑い中せっかくお化粧して会場に着いたのに、私は猛ダッシュでまずはお手伝い仲間の所へ。事情を話し車をとばして(安全運転と呪文のように唱えながらです)、自宅へ。この時点でお化粧は全部はげてしまいました(^_^;)。 あ、ポアントというのは、トゥシューズのことです。 汗ふきタオル忘れてもポアント忘れるなときつ~く申し渡しました。

 お手伝い自体は、またもや前回の記憶をすっかりなくしていたので、やりながら思い出すという始末。でも私のほかの方が動き慣れてきたのとチームワークが出てきたこともあり、なかなかスムーズに動けたのが嬉しかったです。……いや、もしかしたら私におんぶにだっこ、という雰囲気がなくなったから私が嬉しいだけかも? だとしたらホント無責任な人間です、私。 

 出番の先をよんで、20数人の小学校低学年の子たちを着替えさせたり、大人しくさせたり、移動したり。頭飾りを激しく踊っても落ちるなんて論外ですがずれないようにしっかりつけてあげたり…。本番になると、舞台化粧が衣装につかないようにとか、化粧や髪の毛が乱れないようにもきをつけなければなりません。でもなかなか楽しいと思えるようになったのが嬉しいです。子供たちにとっては晴れの舞台。お手伝いにも喜びを感じたいものですから。

|

« 歯医者さんを探して | トップページ | 演劇の台本 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/5341496

この記事へのトラックバック一覧です: 案ずるよりも:

« 歯医者さんを探して | トップページ | 演劇の台本 »