« つくばエクスプレスに乗ってきました | トップページ | 観劇:赤い夕陽のサイゴン★ホテル »

宝塚雪組観劇

 8月25日に、東京宝塚劇場にて雪組公演 「霧のミラノ」「ワンダーランド」 のソワレを観劇してきました。お席は2階1列目、やや下手寄り。

 CSや歌劇誌などでの予習をしそこね、かろうじて随分前にスカステで大劇場版のNowOnStageを見た記憶がかすかにあるのと、東京初日のダイジェストをちらりと見ただけ。ちょっとどころか、大変悔やまれます。なんといってもたった1回きりの観劇なんですから。理想は予習に予習を重ね、見所は何一つ見逃さないことですね(不可能に近いけれど)。

 が、しかし。予習しなかったことで、とっても真剣に見ることが出来ましたし、新鮮に感じることができたように思います。なにしろ、お芝居のあらすじも知らなければショーの内容も分かってなかったので。ここまで何も知らずに宝塚を観劇したのは近年初めて。でも今回は知らなくてよかったような気がします(期待するとがっかりする、というわけじゃぁないですよ)。

 『霧のミラノ』はレジスタンス活動あり、誰がどう活動して窮地をどう切り抜けるとかいう展開です。何も知らないまま観たいという方は以下は読まないでくださいませ。

 以下はネタバレもあります。よろしいかただけどうぞ(^_^;) 

 『霧のミラノ』

 水さんが組替えになって初めての公演。期待しておりました。「スサノオ」で雪組の舞台に立つ水さんが、あまりにもしっくりしているように感じられたので(朝海さんや貴城さんの持ち味と合うと思うんです)、楽しみだったのです。 予想は的中、層の厚みが出ました(あとは演出家さんがうまくもっていってくだされば……)。 

 スカラ座でのボックスシート、ほぼ横向きのキスシーンにびっくり。ぎょえ~、自然ですっごい素敵だけど、事前に教えといてくださいよ、オペラを覗く暇がなかったっす(爆)←びっくりしたので、本当は横向きじゃぁないのかも。でもギリギリ横向きに近いと思います(クドイ)。 相手役の天勢さん、男役から転向したとは思えない色っぽさ!素敵なカップルでした。恋人(水さん)と再会してもレジスタンス活動はやめない、と歌うシーンは何か迫るものがありました。

 CSでスカイフェアリーズをやっていたジェンヌさんで気になる人が数人いるのですが。その中でも1番好きな山科愛さん。う~ん。かわゆい、美しい!! 幕開き、水さんとワルツを踊っているじゃないですか。 あぁ感動。 まぁどっちかというと山科愛ちゃんはかしげちゃんのものよ、という気もするのですが(アメリカン・パイを見たので)、お似合いなので許す。今が花の盛り……いや、まさに咲きそめんとするつぼみ? とにかく瑞々しくて美しくていいです。トップへの道も近い? な~んちゃって。 

 っていうか。水さんたら男の人にしか見えません。上背があるからだけではないと思います。衣装の着こなしに秘密があるのでは? 昔のTMPかTCAの映像を見たとき、各組のトップさんが黒燕尾で並んだら、紫苑ゆうさんがダントツで燕尾が決まっていたんです。肩からウエストにかけて逆三角形になっていて、それが見た目に美しいからだと思うのです。それと同じような気がするんですよね、水さんの衣装の着こなし。ファンの欲目が入っているかなぁ~?

 朝海さんも大好きです(っていうか基本的に誰でも好きなんですが)。シリアスなのにコミカルな面をちらりと見せる役って、朝海さんの横に出る人はいないんじゃないでしょうか。ロレンツォとしての髪型もいい!←けっこうマジです。 ショーもそのままでいて、と思っちゃいました。 で、でもでも!! まさかあんな幕切れだとは思いませんでした。イヤ勿論、あのまま恋人と抱き合って終わっちゃったら薄っぺらになったかもしれませんが。生きて帰ってくるのか?と緊迫して盛り上がり、水さんが思わせぶりな台詞を言い、現れて、戻ってきたロレンツォはもう情熱を隠さない。と、思ったら……!! な、なぜなの~~(号泣) ひどいわ、かしげちゃん。これがレミだったらあなた、かしげチャンは自殺だと思うんですけどねー(それを言っちゃぁおしまいよ)。 でもねー、盛り上がったときに「フランチェスカ!」っていうの、なんだか言いにくそう。ほかに名前なかったんでしょうか。 ジャンバティスタをジャビィとか呼ぶのもびっくりしました。外国語の素養がないもので。 雪組にはぎゃびいさんがいるもので……(クレーマーみたいで我ながらイヤだなぁ)。

 で、貴城さん。組替えしてきた水さんと、どちらが役の比重が重くなってもなんだか嫌ですが、今回はバランスがとれていたと思います。でもなんだか軍服のデザイン、変じゃないでしょうか。ベルトの下があまりにもひらひらとしているような…。服飾史を知らないのですが、なんだか気になっちゃいました。 でもでもなんでロレンツォを……!! わかるよ?わかるけどさぁ! あう~~~。 ほかに責任のとりよう、なかったのぉ??

 舞風りらさん。年齢設定、いくつなんでしょうね? お兄さんが身を持ち崩して会社経営などの責任が押し寄せてきたのが二十歳のころ、と台詞がありましたが……。それから何年が過ぎたのか、他の人たちの台詞を覚えていることができませんでした。けっこうしっかりしているから20代後半?な~んて勝手に推理しましたが、夫はもう少し若くないとつじつまが合わないとか言うし……。 美しいし、嫌いじゃないんですが。ごめんなさい、今回は私、山科愛ちゃんにやられちゃったので、そろそろ……?なんて考えちゃいました。でもね、若手を抜擢すればいいってものじゃないですしね。疲れた女に見えた訳じゃないんですが、若々しさにすこ~し欠けていたような気が……。

 恥ずかしながら、今回初めて愛耀子さんを認識しました。ミランダ役、はすっぱな雰囲気があって演技を得意にしている人なのかなと思っていたら、ショーで歌が多いのでびっくり。でもアイラインの入れ方が気になりました。ミランダの時は似合っていると思ったのですが、ショーではちょっと変。でもアイラインを変えるわけにいきませんものね(いつもああいうラインなのかしら?)

 レジスタンス活動をして、捕まって、なんとか逃げおおせて。この話ってどこまで行くと終わるの? と思ってみていたら戦争?へ行って。 みんなが戻ってきたのに帰ってこない。コムさんの運命やいかに? とハラハラさせて、やっと帰還して、めでたし? と思いきや。……悲劇とは知りませんでした。うん、でもこうならないと締まらないなぁと納得。

 

 『ワンダーランド』

 音月さんや壮さんがいない男役の5人口なんて、誰が誰やらまったくわからず(^^;) でも皆さんお歌がうまいじゃないですか。男役の層が厚いのだなぁと安心できます。美しい娘役さんは少ない気がするんですけれど……。

 貴城さんの歌詞がはっきり聞き取れなかったのが悲しかったです。水さんの歌詞はわかったのに(アンチかしげ というわけじゃあないです。好きなんですよ、かしげさんが!)。

 

 おまけ

 宙組に水さんがいたときは、和央さんそっちのけでオペラで水さんを追っていました。雪にいったら私は誰をオペラで追うのかしらと思っていたのですが…あっちこっちを観るのが忙しかったです(笑)。 う~ん、もしかして雪組が1番好きなのかな??

 カールハインツがフランチェスカに、追っていたレジスタンスが誰であるか分かったと告げるシーンで、子供が泣き出した(-_-;) うわ~んと一声あげてから二呼吸くらいおいて ××って言ったでしょ~~~ とか不平と一緒にもう一声。 お母さん、早くロビーに出てよ、と祈る私。休憩時間に遭遇しちゃった(会話であの親子と判明)んですが、幼稚園生かな?もちょっと小さいかな? 映画館で大人しく座っているうちの娘も就学するまでは宝塚は連れて行かなかったですからねぇ、せがまれても大人が観たくても、我慢すべきことがあるんじゃないでしょうか。 お行儀悪いのは大人にもいまして、私のななめうしろの人たち、芝居でもショーの最中でも普通の声でお話していました(怒)。私の後ろの席の人だと思うんですが、席は蹴るし(私の背もたれですね)、1回はがしっとつかんで体重をかけたような……。振り向いたわけじゃないから不確かですけどね。

|

« つくばエクスプレスに乗ってきました | トップページ | 観劇:赤い夕陽のサイゴン★ホテル »

「宝塚とその周辺」カテゴリの記事

コメント

やっと読むことができました(笑)この記事がアップされる2日前にやっとチケットをゲットしたばかりだったので、う~んやっぱり観終ってからかな、と思ったのです。沢山書いてあって、読み応えがありました(^^)/

山科愛さん、かわいいですよね!花組の桜一花さんとどこか通じるような気がしています。それから、私も水さんと天勢さんのキスシーンは圧巻と思うわ~(笑) ラブシーンばかりいっぱい練習したということを、私は昨日になって知りました(^^;

投稿: 雪穂 | 2005年8月31日 (水) 23時00分

雪穂さま
 簡潔に書くことができないので、思いついたことを思いついたままに書いております(^_^;) ホント日記代わりです。読んでいただいて、申し訳ない気持ちすらあります。
 雪穂さんはラストを知ってらしたんですね。私はグラフ誌を買っているのに全然わかってませんでした。

 で、そう、あのキスシーン。やっぱり凄かったでございましょ?オクサマ(爆)。 その昔、麻実れいさんと遥くららさんが二人だけでラブシーンの居残り練習?をやっていたのを目撃されてうんたらかんたらという話を聞いたことがあります。床に寝そべりながらのシーンだったとか??

投稿: 藤娘 | 2005年9月 1日 (木) 00時18分

うんうん、ラブシーンはほんとキャーものでしたね(笑)水さんて、ほんと男役の鏡のよう。

麻実さんのはジャワですね。ジャワの踊り子のこだわりアラカルトでそのシーンは見ました。確かにあれを目撃されたらかなりかも…(^^;(笑)

投稿: 雪穂 | 2005年9月 1日 (木) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/5653477

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚雪組観劇:

« つくばエクスプレスに乗ってきました | トップページ | 観劇:赤い夕陽のサイゴン★ホテル »