« まるごとガンダム | トップページ | バレエの発表会 »

バレエの話

 2人の娘がバレエを習っています。毎年、夏とお正月に発表会があり、夏の発表会がいよいよ明後日に迫りました。 

 何が標準かと言われると困りますが、うちのバレエ教室はお金がかかります。このあたりの地域ではお金がかかることで有名な所よ、と情報をくださったお友達もいましたが、遠くのお安い教室へ送迎する気力はないので、今の教室に長女が入ったのが小学校4年のとき。確かになかなかな金額でしたが、まぁ絞ればなんとかなると続けてきました。数年後、それまではなぜかバレエを毛嫌いしていた次女までが習いたいと言いだし、私は青くなりました(T_T)。支払いが倍になるなんて、これはいよいよ優雅な専業主婦にお別れか? と(^_^;)。 

 案の定、始めてみると分かり切ったこととはいえ支払いは重いです。発表会の時なんて、普段の家計費用の口座からおろしていたのでは破綻しますので夫に請求です。夫は「ボクはバレエのために働いているんだナ」と泣きます(爆)。そうなのよ、頑張ってね と何度励ましたことでしょう(^-^) 冬の発表会は1人1万円以内ですみますが、夏はそうもいきません。参加費という名目でウン万円、衣装代という名目でウン万円。発表会用に準備する小物購入もバカになりませんし、今回次女は地元だけでなく、お隣の市にある支部教室での発表会にも出たので参加費も余計に払いました。次女はともかく、長女には「お前は今○万円の体だからケガするな」と申し渡すことになります。夏の発表会の費用は5月くらいには支払うことになっており、払い戻しがきかないのです(^^;) 因みに今夏、長女は端数を切り捨てると「7万円の身体」でした(爆)。 姉妹で習っているお宅はほかにもありますが、皆さんはお品がよろしいので、苦笑いする程度です。我が家は鬼畜な夫婦なので、夏の支払いさえなければ沖縄かハワイか……と夢想します(笑)。少なくとも、国内の温泉でゆっくり2泊、だって簡単な額だと思いませんか?

 長女が習い始めたのが4年生の春。翌年の春にはなぜか私に裏方の声がかかり、役員のはしくれのようなことをかれこれ4年ほどやっています。

 

 役員といっても端くれなので、発表会間際のリハーサルと本番時に、子供たちの世話をするだけなのですが。20数名の子供たちの衣装の着付けを手伝ったり、移動時の誘導などをします。ころころと変わる先生の指示をしっかり聞かねばならないし、全体の動きを見ながら隙を見つけて子供たちに水分補給させたり、お手洗いタイムなども必要です。はしゃぎすぎた子供たちが繊細な衣装を破かないようにも気をつけなければいけないし、本番になると化粧もするので、化粧やアップにした髪が乱れないように、乱れたら直してあげたりとなかなか神経を使います。

 昨日も舞台稽古でした。我が娘は幼稚園児が大半のクラスを去年の夏で終わり、今は小学校低学年ばかりのクラスです。基本的にわが子が属しているクラスのお手伝いをするので、去年は大変でした。トイレに行く子がいればつきっきりでみていないといけないし、お母さん恋しさで泣きわめいたり、疲れたといって練習を放棄する子もいたり。 今年は大丈夫だと安堵していたのですが、そうでもなさそうな…? 教室で渡された手紙をちゃんと読んでいればわかるようなことも理解していない。

 たとえば持ち物。おうちでシニョンにしてくるのですが、頭飾りを付けるためや髪が乱れた時用に予備のヘアピンを持ってくるように書いてあるけれど、持ってこない子が多い。 

 発表会が初めてでもないのに、タイツなどの着付けの順番を忘れている子が多い。普段のレッスンと発表会(とリハーサル)ではタイツなどの着付け方が違い、まずタイツをはき、それから発表会用のショーツをはくんです(初めて聞いたときはびっくりしました)。ついているお母さん、自主性を育てるのは違うところでやっていただきたい(^^;)。遅くやってきて「小学生だからしっかりしなさい」はないです。

 飲み物は水。スポーツドリンクも厳禁。衣装にこぼれてシミがつかないようにです。水筒はストロー口のもの。ダイレクトに飲めるものやコップ式になっていると、口紅がとれたりはみ出たりするから禁止です。な、なのに……。2~3年習っている子でも徹底されていないってどういうことでしょ(T_T)

 おまけに昨日は欠席の連絡をしてこないおうちもあり、こちらは大騒ぎ。先生、怒ってましたよ。本人には伝えられませんけどね。欠席とわかるまで、子供たちは「今日が稽古だって知らないんじゃない? 私もお母さんが言うまでわからなかったー」  ……おいおい。ま、小学校低学年だからね、お母さんがわかっていればいいのよ。お姉さんクラスに進んだらしっかりするようにね、あんたたち(笑)。

 本来、心広くも優しくも忍耐強くもない私が、よそのお子様がうじゃうじゃいる中で働いているなんて、奇跡です。お仲間のお母さんがいるからこそです。でも昨日は憂さ晴らし?に自宅で珍しく缶チューハイをあけました。夫にもちょっと飲まれたので大して飲んでいないのに、大好きな塩沢兼人さまのお声を聞きながら熟睡。古い版?のガンダムの映画を放送したNHKは偉い! 整備士の中にも、ランバ・ラルの配下の中にも兼人さまのお声があり、と~っても嬉しかった。でも「ぼくはキじゃないですから」のアムロの台詞にはひっくり返りました。はいはい、不適切な表現なんですよね。……あれ?バレエの話? ま、いっか。

|

« まるごとガンダム | トップページ | バレエの発表会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/5218144

この記事へのトラックバック一覧です: バレエの話:

« まるごとガンダム | トップページ | バレエの発表会 »