« 宝塚雪組観劇 | トップページ | 巻き尻尾 »

観劇:赤い夕陽のサイゴン★ホテル

 銀座にある劇場、ル テアトル銀座で、大好きな駒田一さんが出ている『赤い夕陽のサイゴン★ホテル』 千秋楽公演を観劇してきました。

 急に決断したのに、よくぞチケットがあったものです(な~んて言ったらバチが当たります。○○さん、お世話になりました。感謝しております)。ファンクラブに入っているから、も~っと前から公演自体は知っていたんですが、8月は子供のバレエに忙殺されるし金欠なので(^^;)我慢しようと思っていたんです。が、ファンの方達のお話を読んでいたら、行きたい病が発症。しかも今日は家に私と長女しかいない! というわけで、宿題の追い込みに入っている娘を連れて行ってきました。 でもここを読んだのが1番の行きたくなった理由かも。

 駒田さんがあんなお衣装を着ているのを初めて見ました。オペラで追う私。マジックも冴えてるわ(ファンです)。カーテンコールでの歌声もいつもながらスゴイ声量(ファンです)。コメディセンスも抜群(大ファンです。……っていうか、ホントに実力ある役者さんなんですってば。分かる人にわかればいいんですけど。ん?もっともっと分かってもらった方がいいのか?)。

 最初で最後の観劇が今日だったので。超高速でまくし立てられる藤山さんの台詞、笑っちゃって演技やめてる今井さん、大受けの客席が、千秋楽だからなのかいつもこうだったのか、まったく分からないのがもどかしいというか、残念というか。でも大いに笑わせていただきました。あ~楽しかった。でも同じ列の女性、笑い声が客席に響き渡ってましたよ(^_^;)

 狭い通路を抜けてきた藤山さん、顔半分と衣装に白いほこりがしっかりついていて、顔半分にはカニがはりついてました。今井さん、随分苦労していましたねぇ。今パンフレット観たら、笑うなと言われていると書いてありますが……あれで大丈夫なのかしら? でもそのシーンよりもあとのシーンのほうが笑っちゃってて、そのままひっこんだような。 顔背けている今井さんを、藤山さんがわざわざ覗き込んで芝居に引き戻すんですよね。それだけでも客席はわいちゃいます。

 終演後は娘と2人、ゆっくり銀ブラしてきました。

 それにしても今日は珍道中。私の世間知らずさを娘に露呈した日でもありました。

 劇場の場所も行き方もインターネットや携帯サイトで確認してはいたのですが。

 まず、家を出るのが遅くなってしまったのでお隣の駅から特急に乗ることにしたんです。乗車券は買えたけれど(^^;)、1号車と6号車の位置をまったく逆に思いこんで並んでいたので列車が着く間際の放送で気付きホームを端から端まで移動、乗る車両に乗り口がないのを知らずに向かったため焦って走って戻り。特急を降りたら降りたで乗り換え口がわからなくなり。も~開演時間に間に合わないかと思っちゃいました。娘が私を馬鹿にしないのが不思議なくらい(爆)。……結果的には十分間に合う時間についたんですけれどね。

 観劇後は不二家レストランで昼食。デザートまでしっかり食べて、娘のリクエストで本屋へ行き、私の希望でITO-YAへ行き、それぞれでゆっくりしたのでほぼ1日留守にしてしまいました。でも楽しかった。これが夫や息子やまだちょっと幼い次女がいたりすると、つまらないとか疲れたとかでゆっくり楽しめないんですよね。長女と2人でのお出かけがこんなに楽しく感じるとは発見でした。

 帰宅したら、真っ暗な家で猫がウミャウミャ言ってました。もっと早く帰るつもりだったんでね~、可哀想なことしました。

|

« 宝塚雪組観劇 | トップページ | 巻き尻尾 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

藤娘さま、
「赤い夕陽のサイゴンホテル」見に行かれたのね.
藤山直美って面白かったですね.
σ(^^)のつたない感想読まれて、興味もたれて、その上楽しんでいただけたようで嬉しいです(^。^/)ウフフ,

投稿: CHIE | 2005年8月29日 (月) 20時29分

CHIEさま
 (私からみると)怒濤のような観劇やら映画やら読書やら、加えてそれだけにとどまらない多趣味なCHIEさんのご感想、けっこう頼りにさせていただいてます(^^)

投稿: 藤娘 | 2005年8月29日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/5682971

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇:赤い夕陽のサイゴン★ホテル:

« 宝塚雪組観劇 | トップページ | 巻き尻尾 »