« 写真嫌い | トップページ | そんな娘に親も育てられ »

こんな娘に誰がした?

 初めての子供は健康ならば男女どちらでもよいと思っていた。生まれたのは男の子。可愛くて可愛くて、女の子でも十分とおると勝手に思いこんで数年を育てた。辛口の知り合いのおばさまが、「この子はホントにかわいらしい」なんて言ってくれたのを、そうでしょうなんて内心思ったりも。赤ん坊の息子を抱いて買い物をしている時、女の子のひらひらふりふり服に憧れるあまり服をみてみようかと思ったこともある…けれど、店に入るのもうしろめたくて、できなかった(ただの小心者)。

 年子で女の子を授かった(若いと次々産むのね~なんて言われたこともあるけれど、予想外の妊娠で産んだワケじゃないんです。健康には感謝していますが、若いと次々産む、という言葉が人を傷つけることもあるのです。子供じみてますが、一言おことわり)。でも生まれてきた娘はかなりの体重で生まれてきたせいか、おにぎりのような顔だった。髪は黒々たっぷりあって、通りがかりの人に何度感心されたことか。髪もたっぷりあったがお肉もたっぷりあって(だからおにぎり顔)、母乳を飲む強さもしっかりあったし、丈夫だった。たとえ風邪で2~3日母乳や離乳食を摂れなくても簡単には弱らないだろうと、家族の誰もが思うほどだった。

 念願の女の子。ひらひらフリフリ服を大手をふって買えるし着せられる! と思ったのだが……。私のイメージする女の子像となんだか違う。この顔はひらひらフリフリ服の顔ではない。似合わないものを着せたらみっともないだけだと思った私は、数年抱いていた夢を実現せずに、娘を育てた。

 娘は、幼かった私の面影はどこかというくらい人見知りせず、男の子とも遊んだし、活発だった。公園で遊ぶときにパンツが見えるのはみっともないと思った私は、よくズボンをはかせたし、娘も好んではいた。おむつはずしをする時期はスカートが便利だったけれど、幼稚園に入るくらいにはすっかりズボン派になっていた。

 長男が幼稚園の年長、長女が年中の時に次女が生まれた。大きさもほどほど(^^;)、生まれた時からまつげもぱっちりの顔だった。「着せている内に似合ってくるものだ」というご近所ママさんたちの言葉もあり、なにしろもう子供を産む予定は(それこそ予想外の妊娠をしないかぎり)ないので、私はどんな顔の女の子になろうともフリフリ服を着せようと決心していた。

 ……甘かった。

 次女が生まれた時点で、おっきな兄と姉がいて、かれらに見守られて…イヤ見放されながら?(^^;)育った次女は、何をやるにもお姉ちゃんがお手本。うっかり母さんの代名詞みたいな私が気付いたときには既に、お姉と同じくズボン派になっていた。我が家の最後の幼子(^^;)、身に覚えはないけれどなんだか蝶よ花よと育てたみたいにワガママいっぱい、頑固一徹な性格になっていて、幼稚園入園までスカートを頑としてはかなかった(はいてくれるか本気で心配した)。

 勿論3歳のお祝いも無理だった。我が家には、襦袢姿で大泣きしている次女の写真が残されている。将来、「七五三をしてくれなかったのは何故?」と問いつめられた時の保険である。

 当然、7歳のお祝いもできなかった。家族5人、ほんとの普段着で近所の神社へ行きお参りだけした。祝詞はなし。

 現在、次女は観劇などでお出かけするときだけは、かろうじて改まった服装をする。普段はスカートははかない。しかも写真が嫌い。バレエの発表会では、私が内緒で招いて2列目中央に座った祖父母を舞台上から一瞬にして見分け、仏頂面の1歩手前、ツーンと上を向いたまま踊りきった(涙)。

 私の母は、私たち夫婦が悪いと言う。甘やかしすぎだと。 

 お友達が慰めてくれた。「うちの娘は写真にはおさまるけれど笑わないどころか、睨みつけた顔ばかり」

 ……同じ親が同じ家で育てていても、3人3様のわが子達。育て方(接し方)の影響は大きいだろうけれど、持って生まれた何かもある…と、思いたい。でなければ後悔の嵐だ。子供って不思議。だから面白い。

|

« 写真嫌い | トップページ | そんな娘に親も育てられ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

うふふ、同じ同じ。
七五三(3歳)の時は、一時間泣きながらお宮参りの赤ちゃんが写真に写る姿を見て、どうにか泣き止んだところをパチッってかんじだったわ。フリフリ洋服はおろか、スカートもガンとして着なかったしね。
弟とは全く違う性格で、足して二つに割ればちょうどよさそうと思っているのだけど、これは新生児の頃から違う!と私は思っています(^^;やっぱり違うよ。

投稿: 雪穂 | 2005年9月30日 (金) 05時51分

雪穂さん
 披露宴も行うお店?の写真室で、たっぷり1時間以上接客のお姉さんも一緒に説得にあたってくれたのですが、次女は泣きやまず、記念のクマさんリュックだけもらって帰ってきた私たちです。恥ずかしかった……。
 長女は和服はちっちゃい時から大好きで盛装で苦労したことはないんですが、スカートははかないですね。人間てどこで性格が決まるんでしょうねぇ。
  

投稿: 藤娘 | 2005年9月30日 (金) 18時06分

心ない方のコメントに引っかかったので一言。
「次々産む」なんて無神経な言い方ですよね…。
うるさい、あなたは産めないから言っているのでしょう?と平然としていればいいと思います。
私なんかは欲しくてもできなくて、長男もやっとできたので、お子さんが多い方はただただうらやましいです。産めたのよ、ど~んなもんだい、と威張っていてください。傷つくことはまったくないと思います!
年子さんなんてきっと育児が戦争でしたよね。お疲れ様でした。でも三人三様のお子さんで、きっとにぎやかな事と思います。今度お三方のお写真、見せて下さいね!

投稿: 明日香 | 2005年9月30日 (金) 21時52分

明日香さん
 若いときに言い返せなかったのでオバチャンになった今、おっきな声で言っております。あの時の相手には届かないから、言っても仕方ないんですけれどね(^^;)
  

投稿: 藤娘 | 2005年10月 1日 (土) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/6172830

この記事へのトラックバック一覧です: こんな娘に誰がした?:

« 写真嫌い | トップページ | そんな娘に親も育てられ »