« 役員放浪と体調不良 | トップページ | 母としての料理 »

役員放浪記【小学校篇・1】

 子育てと役員は切っても切れない事柄なのだということを、分かっていた筈なのにつくづく思い返しました。その人その人に1つずつ体験談がありますよね。もしかしたら、私の体験談を読み返して過去の嫌なことを思い出す人がいるかも……。でも私はやっぱりブログに書き残しておきたいので、トラウマのにおいをかぎつけた方はどうぞ読み飛ばしてくださいね。

 さて、結婚して子供をもって、初めての子供が初めて入学した年に。私は小学校のPTA役員なるものに手を挙げてみました。

 幼稚園では役員になることもなく(当時は)過ごした私は、長男が入学するころに、長男を介して知り合った幼稚園時代からのママ友達に声をかけられ、一緒に役員をやってみることにしました。私を入れて4名の仲間での話しです。子供1人につき1度はやらなくちゃいけないらしいし、役員やると学校のこともよくわかるみたいよ、と結構純真な気持ちで(^^;)簡単に話はまとまったと記憶しています。

 入学式当日にクラスを知り、その入学式が終わったばかりの場で役員選出がありました。私たち4人は偶然にもばらばらのクラスになり(4クラスしかなかったのですが)、ならばそれぞれのクラスでA委員(委員会名を忘れちゃったんです。え~っと、ベルマーク集計と学校敷地内の草むしりを開催するのが仕事の委員会でした)になろうと申し合わせをし、役員選出に臨みました。

 4人のうち3人は順調に計画通り進んだのですが。残る1人、Nさんのクラスがなんだか時間がかかっています。NさんのクラスはA委員希望者が多く、ジャンケンで負けてしまったNさんは違う委員になっていたのです。  …確率はあったのだから、私たちも詰めが甘かったというかなんというか。 でも学年行事では一緒だから、とみんなでNさんを慰めたのですが、彼女は後日開かれた「新旧委員会」という引き継ぎの場で、ジャンケンだかくじだかで委員長になってしまったのでした。無口でポーカーフェイスのNさんが、ひきつりながら挨拶したのを今でも思い出します。

 ……そう、何年生の親だろうが、初めての小学校だろうがお構いなしに長副が決められたのです。私は卑怯なことに、1歳になったばかりの次女をだしに長副からは免除していただきました(一応、申し出てみたら皆さんに納得してもらえたので助かりました。)。

 月に1~2回学校に行ってベルマークを集計したり、年に何回か開催されていた草むしりの時に、参加してくれた保護者さんたちにお茶を出したり。次女をおんぶしての草むしりは苦労もなく、お友達とお喋りしながらベルマークの集計をするのは楽しいくらいでした。まぁ中には1回もでてこない役員もいて、腹も立てましたが。

 プレッシャーを感じることもなければ体調不良など起こすはずもなく(^_^;)   

 とってもとっても平和な1年間でした。

 違う委員会の委員長になってしまったNさんは。多くを語りませんでしたが、保護者向けの講習会を開催する委員会だったので、3人で参加して陰ながらエールを送りました。後年、Nさんと私は、同じマンションに住んでいるということもあり子供会の役員を一緒に受けることになるのですが、それは次回に書かせていただきます。

|

« 役員放浪と体調不良 | トップページ | 母としての料理 »

「役員体験記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/6271400

この記事へのトラックバック一覧です: 役員放浪記【小学校篇・1】:

« 役員放浪と体調不良 | トップページ | 母としての料理 »