« 重曹で茶渋おとし | トップページ | 重曹で壁紙の汚れ落とし »

地球にやさしい?

 お風呂や台所の排水口掃除に、塩素系の洗剤を長年使っています。
 汚れやにおいもとれるので、これしかないと思っていたのですが、浴室内のかびとりに使うと充満したにおいがとれるまでに随分時間がかかるし、なによりも掃除自体、スカーフ頭にまいてめがねにマスク、みたいな重装備。そんなことが必要な掃除ってなんだろうと、ひっかかっていました。

 そんなとき、 ナチュラルクリーニング と、 重曹生活のススメ という本に遭遇。

 1冊目を買ったときは実行せずに読んだだけでしたが、何ヶ月か後に購入した2冊目は写真入りでわかりやすく、1冊目よりも簡単に試せることが載っているように思えました。近所のスーパーに工業用重曹があったこともあり、試したところ納得のいくものだったのですが、本格的に重曹生活を始めると大量に必要なので二の足を踏んだ時期もありました。
 その後、安売りのお店を見つけ(ネットで買えるのですけれど、インターネットの買い物は基本的に嫌いなのです)、重曹とお酢とせっけんで試せることを少しずつ重ねています。
 私の父が油脂を扱う会社で働いていたこともあり、結婚するときに持たされた大量の粉石けんがものいれに眠っていたことも助かりました(粉石けんは粒子がこまかくて、容器をあけただけで空気に舞い、くしゃみとの闘いになるのです)。

 本にあったとおり、苦にならない範囲で地球と自分にやさしいことを取り入れていきたいと思っています。
 なにより、重曹を使って私が驚いたことを、まだ重曹などを知らない人に伝えてみたいのです。勿論、本を読んだり、著者のかたのサイトもありますからそこをご覧になれば全ては事足りてしまうのですけれどもね。

 

 

|

« 重曹で茶渋おとし | トップページ | 重曹で壁紙の汚れ落とし »

「地球にやさしく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/6439496

この記事へのトラックバック一覧です: 地球にやさしい?:

« 重曹で茶渋おとし | トップページ | 重曹で壁紙の汚れ落とし »