« 終わらないレッスン | トップページ | 役員番外地【バレエのお手伝い】 »

役員番外地【ボランティア篇・1】

 今日は次女の校外学習の日でした。今回、初の試みとして、保護者の同行ボランティアが募集されました。平たく言うと先生のお手伝いでしょうか。低学年の子たちが1人1人切符を買って(これがポイント)電車に乗り、隣町の動物公園へ行って散策、お昼を食べてから帰ってきます。これに同行して、切符を買う補助やら交通整理?、動物公園内での誘導(ったって子供たちは班行動で、1つの班に1人ずつ保護者がつくわけじゃないんですが)などが主な仕事です。費用は自腹。4クラスそれぞれ3~4人の保護者が応募してきたようです。今週に入って顔合わせと簡単な説明、そして今日の校外学習となりました。

 まず。朝、駅に現地集合し、点呼後順番に1人1人切符を買います。この作業が予想以上に大変でして、先生もボランティアもないといった感じで動きました。でもこれで『何が起きるかわからない』という覚悟が私たちボランティアに出来て、次からの行動に活かせたと思い…ます。 走る子、転ぶ子、班を離れて列を乱す子、つり革にぶら下がる子、鼻血を出しちゃったり、歩くの疲れたとぶうたれる子、ホント色々です。時には優しく時には厳しく、先生が横にいようがピシャリと指導する私たち(^^;)。

 目的地に着くと。あとはあらかじめたてた計画どおりに子供たちは班行動で2時間ほど園内を散策。私たちボランティアは荷物番と園内指導係を順番にこなしながらお昼までをすごします。5校以上の小学校やら幼稚園?やら、子供で大にぎわいの園内を随分歩き回りました。ボランティアの保護者も1人ではなくで複数で歩いてと言われていたのですが、色々指導したり面倒みたりしていると1人になったり、ばったり誰かと出会ってしばらく一緒に歩いて…の繰り返しとなりました。 

 ちょっと手持ちぶさたになるかしらと思っていたのですが、思いがけない所で自校の児童に会って指導したり、狭いようで広い園内で自校の子供を探しつつ動物を見たりするのはなかなかのどかで楽しいことでした。私が動物園が久々ということもあったのかもしれません。ゆったり草をはむきりんや、うなるホワイトタイガーも見られましたし(兵庫からきたホワイトタイガー君なのです。分かる人には分かりますよね。そんなこともあってちょっと思い入れが^^;。でも初めて聞いた吠え声はどこか悲しく聞こえて、カレの境遇に思いをはせてしまいました)、楽しかったです。子供たちも、迷子もなく事故もなく校外学習を終えられて、なかなか有意義な1日でした(^^)

 ……と締めくくることができたら、どんなにかよいでしょう。

 私のことですから、これだけじゃ終わらなかったのです(^_^;)

 動物公園の近くに来たら、1人の先生が列からすっと離れて。戻ってきたときには先生全員分のコンビニ弁当を抱えていたのは……けっこう引っかかるんですが、まぁ今回は目をつむりま……せん、やっぱり(>_<)。数年前から、どの学年をとっても校外学習の時にお弁当を手作りしてくる先生はいなくなってしまいました。学校から歩いて行けるアスレチック公園での遠足だって、こうして電車利用の校外学習だって、教務主任の先生でも担任の先生でも、みーんなコンビニ弁当を買うんです。

 先生のお弁当品評会が目的じゃないですが。

 児童の校外学習がなされればいい行事ではありますが。

 でもやはり、児童にまじってお昼を食べるなら、手作りしてきたらどんなもんなのでしょう。独身の先生がコンビニ弁当というならそれはそれで話題が出たりするかもしれませんが(奥さんいる男の先生がコンビニ弁当とかも)。しかつめらしく指導するのも必要ですが、手作りのお弁当を食べていれば広がる話題も出てくると思うのですよね。子供と先生の交流ってそんなところから生まれたりするときもあると思うのです。……先生に対して要求が高すぎるんでしょうか? 私はこれ、結構気になることです。できれば気にしたくないので、どなたか先生を肯定する説明で私を納得させていただきたいくらいです。

 などと書きたてておきながら。もっともっと気になる…呆れちゃうこと続出の日だったのです、今日は。

 それは児童でも先生でもありません。校外学習ボランティアとしてやってきた保護者の行動です。

 ひとつ。公園に着き、児童に先んじて私たちボランティアは昼食をとるための場所取りをしました。入り口付近で記念撮影をしてから先生と子供たちはやってきたのですが、その、子供たちがやってくるまでの何分間かの間に、サンドイッチを食べ出した人がいたのです。その人は子供たちがやってきても背を向けて食べ続けたのでした。

 ひとつ。子供たちはリュックを置いて園内を見学しました。置いてある荷物の見張り番をクラス順にふりわけ、残りの時間を園内での誘導にあてた私たちでしたが。交代時間より早めに荷物置き場に戻ってきてアイスクリームを食べる人、多数。 ……子供たちの見えない所でこっそり、というならいいのでしょうか? でもお昼の集合時間より少し早めに戻ってきた児童に見とがめられた人、数人。

 ひとつ。カメラ、ビデオを持参して撮っていた人、若干名。お子さんを撮ったのでしょうか?お昼の前に、自分のお子さんと仲良く画面に見入っていました。

 ひとつ。帰り際、お土産を購入する人多数。

 ひとつ。昼食を食べ終えるや否や、周りに子供たちが沢山いるのに平然と昼寝をする。

 なんで? うそ! まさか!! と、私と友人は目をむきました。かくいう私も動物を見てなごみましたし、動物園を楽しみました。示し合わせたわけではないけれど同じくボランティアに応募していた親しい友人とお喋りもしました。でも、市内や県内を見回しても物騒な事件ばかり起きているから児童の安全のためにということで募集されたボランティアなのです。また、子供たちの面前なのに、お行儀が悪すぎないでしょうか。私と友人たちの意識があまりにも厳しすぎるだけで、あちらが普通なのかしら。それにしても…と、私を入れた4人で呆れかえってしまいました。

 我が校では、学校内パトロールも始めているのですが、その時もお喋りはかしましいそうです。廊下に貼りだしてある児童の絵などを見ながら、授業中だというのにぺちゃくちゃとお構いなしで、高学年のお子さんでうんざりしている子がいる。実際一緒にパトロールしていて恥ずかしい、という知人の声も聞きました。

 お行儀の悪い保護者に共通点はありません。若いからとかオバチャンだからと一括りにできないのです。こういう親が増えているんだもの、子供だってそれなりに育つし、学級崩壊だって起こるべくして起こるよね…と思ってしまいます。 色々な事情があって、だからこそ各種ボランティアを募って学校と関わり始めたのですが、これでは同じ保護者として本当に恥ずかしいです。本部役員さん、どうにか手をうっていただきたい! 

 と思うのですが。今日のボランティアに来ていた本部役員でもあるお母さん、お土産買うわアイスクリーム食べるわ、大活躍のご様子でした。……大らかな方なのね。私とは違う感覚の持ち主のようなので、彼女に訴えることはできませんね。こうなったらわが子だけは私の厳しい(でもどこか抜けてるんでしょうけれども)規律で育てねば! よその子なんて構ってられませんよ。   と言うのはなかなかさびしいことです。

|

« 終わらないレッスン | トップページ | 役員番外地【バレエのお手伝い】 »

「役員体験記」カテゴリの記事

コメント

読み進むうちに「目が点」を通り越して「口あんぐり」、そして昼寝に至っては「うそ~!」と画面に向かって叫んでしまいました(^^;)
子供がいないので今時の学校事情にはとんと疎いのですが、「噂は本当だったんだ・・・(@@)」と改めて驚いています。
同居の義母がよくワイドショーなどを見て「今時の・・・」と憤慨しているのですが、私は「どうせTVは面白おかしく誇張しているだけで、極々特殊な人たちでしょ~」なんて思っていました。
が、そうでもないのですねぇ。。。

藤娘さんの感覚が正しいと思います!
やっぱりケジメはケジメ。いくら開放感があるからって、物事の本質や目的を忘れちゃあいけませんよね。
考え方の異なるお母さま方とのお付き合いは気苦労でしょうけれど、頑張って下さいね~。

投稿: ユウ・K | 2005年10月 8日 (土) 09時55分

ユウ・Kさん

共感していただけます?
人が集まればキャラも色々だねと言った友人の言葉に頷いてしまいました。どちらが少数派なのかはわかりませんが、でも私と同意見のお母さん達だって他にもいますから、ま、昨日はビックリしたということで。
我が校は市内でも田舎に位置していることも関係しているのかな…?(^_^;)
信じがたい面には目をつぶり笑顔で挨拶やら必要な話しをしていたら、友人の1人が「みんな大人ね。私はできないよ」って感心してくれるから、笑っちゃいました(彼女が1番若かった)。
大人になるって……さみしい!(爆)

投稿: 藤娘 | 2005年10月 8日 (土) 13時55分

初めまして
いろんなことを考えながら
拝見しました。
さながら異星人ですものね。

投稿: マーサ | 2005年10月 8日 (土) 21時30分

昔、幼稚園児の遠足に付き添いで行ったことがあります。アイスも食べたかったし、写真も撮りたかったし、お土産も買いたかったので、そのお母さん方の気持ちは分かります。でも普通はしませんよね。子供の前であまりにも格好悪いですもんね。
ボランティアを集めて、注意事項をあらかじめ言わなくてはならない時代なんですかね(しかもアイスを食べるな、などというトホホなことを…)

投稿: ゆき | 2005年10月 8日 (土) 21時44分

マーサさん

ご訪問ありがとうございます。
あまりの事態に、常識とか良識ってなんだろう? と、基準がわからなくなってしまいました(^^;)
いろんな人がいるものです……。

投稿: 藤娘 | 2005年10月 8日 (土) 22時13分

ゆきちゃん

うん、私だって食べたいし撮りたいよ。「でも今日は我慢だね」と話していた直後に目にした光景だったのでした。
果たして学校側でそういうふうに注意してくれるようになるか大いに疑問(先生はさすがにアイスは目撃してないけれど、昼寝は見てるはず。それが学校に報告されるかどうか…)。頼りの本部役員さんはね~。
私も今年は役員でもなんでもないから、直訴の方法が……。

投稿: 藤娘 | 2005年10月 8日 (土) 22時21分

食事や昼寝は論外だと思うけれど、撮影などは禁止ですと言わなければわからなかったかもしれませんね。それとも言ってあったのかしら?(^^;

先日運動会に行って、低学年の子たちが全くルールを守れない様子にびっくりしていたのですが、だんなが授業参観に行った時は、授業中教室の後ろでおしゃべりしているお母さんたちに注意してしまったそうです。やっぱり保護者がきまりを守れなければ、子供だってそれを見て育つだろう…と思ってしまいますよね。

投稿: 雪穂 | 2005年10月 8日 (土) 22時43分

雪穂さん

撮影は判断に迷います、正直。携帯電話に必ずといっていいほどカメラ機能があるし、ちょっとだけ(ってどのくらい?^^;)ならカメラだろうといいかも。でもビデオは違う気がします。親子遠足ではありませんからねぇ。
運動会でも授業参観でも、ビックリなことは沢山あります。なんでこんなことが目につくようになったのでしょうね。

投稿: 藤娘 | 2005年10月 9日 (日) 00時20分

拝見していて
頷くことしきりでした…
私は年齢の割に子供が小さかったので
そういう場面で私の感覚が現在の感覚に
合わないのでしょうか?と
ある意味一歩下がって観てきてしまいましたが

娘の入園式で初めて集団生活をする
子供たちを何とか纏めて講堂へ向かおうとする
先生を呼び止めて、列の中から自分の子供を
引っ張ってきて並べて写真を取ったお母さんを
見かけて以降「目が点」「開いた口が…」の
光景は、もう書き始めたら切りが無い位多々

園の参観に行くと「教卓の脇でビデオの撮影は
おやめください」と黒板に朱書
運動会では各お教室の電源が親のビデオの
ACアダプタで塞がれて
極めつけは卒園式の日に園長先生の祝辞が
始まっているのに、壇上に背を向けて
自分の子供を撮影していた双親…

もう、今は何があってもおかしくないと
思ってます。。

投稿: | 2005年10月 9日 (日) 12時36分

ううむ…。
保護者の方の行動は、どれも驚くべきことですが、私が一番驚いたのは、小学校のそういう行事に保護者がお手伝いしなくてはならない、という事実でした。「学校の」「校外学習」行事なんですよね?私は子供が小学校の時そういったたぐいのことに保護者が行かなくてはならなかったことは一度もありません。公的行事でしょう?保護者が行く必要はないし、公然とそれを要求する学校が非常に不思議な気がします。

それから先生のお弁当ですけれど…。これはいいんじゃないでしょうか。手作りできない先生もいるんでしょうし、全員公平で、同じように手間がかからないしいいのではないかしら、と思います。保護者に負担をかけて先生の分の弁当を手分けして手作りしろ、というのなら憤りを感じますが。手作りした先生は自腹になり、弁当は公費から出る、のであれば作った先生が損することになりますよね…。というふうに考える私はいけないかしら?

投稿: 明日香 | 2005年10月 9日 (日) 19時14分

追伸ですが、藤娘さんが書かれていることも含めて、みなさん今時の保護者の方のいろんなことを書かれてますが、「目が点」です。そういった人たちに出会わない私はラッキーなのだろうか。一度もそういうところには出会いません…。私が鈍感なだけなのかしら。自分がやっているから気づかないとか?というオチが出そうですが、本当に不思議です。江東区は遅れているの?

投稿: 明日香 | 2005年10月 9日 (日) 19時20分

すみません、連続して。
もう一度読ませて頂いたら、「初の試み」とあったので、今まではなかったことなのですね。「試み」だから、試しにやってみましょう、ということなのですね。学校から当然のように言われていることではないようなので、私の先程のコメントはちょっと違うと思いました。大変失礼いたしました。
きっといろいろと反省点も出され、次回からはこうしましょう、と建設的な意見が出てもっとよくなっていくのだと思います。「後日談」もお聞かせくださいね。

投稿: 明日香 | 2005年10月 9日 (日) 19時33分

え?>明日香さま

明日香さまのおうちの方の学区では
ありませんでしたか?
家の方の学区では、藤娘さまが書かれたような校外学習時の自腹ボランティアや
マラソン大会の折りのポイントポイントでの
父兄の立ちんぼやお手伝い
それ以外にも父兄が自分の特技を学校に
申告・登録したり、企画しての校内授業など
色々な場面がありました。
今時珍しくマンモス学区だったせいも
あったのでしょうか?

投稿: | 2005年10月 9日 (日) 20時47分

いつの間にか、コメントがいっぱい(@_@)
みなさん、驚いたりご苦労されているんですね。

恵さん
 「何があってもおかしくない」という気構えでいないと、うんざりして疲れ果て、学校に行く気力がなくなってしまうかもですね(^^;) 悲しいですけれど。 それと、我が校には「保護者が特技を生かして奉仕するボランティア」もあるのですが、今回のものとは少々意味合いというか種類が違います(^^;) 

明日香さん
 コンビニ弁当でも先生の自腹だとは思いますが、そうですね、先生は忙しいですからそれくらいの手抜きは必要ですよね。折を見て反省点などがどこかで話し合われることが必ずあると、私も待っています。勿論、後日談がありましたら報告しますね。

恵さん、明日香さん
 我が校には事前登録する「保護者が特技を生かして奉仕・お手伝いするボランティア」もあるのですが、今回のものは少々おもむきが違います。今回のようなボランティアが募集されるに至った特殊な事情があるのです。学級崩壊とかではないんです。1度は私もその事情についてこのブログに載せてみたのですが、特殊すぎると判断して削除し、当分は公のところで説明するつもりもありません(したい気持ちは山々なのですが)。説明不足で申し訳ありません。

投稿: 藤娘 | 2005年10月10日 (月) 01時08分

あ、紛らわしい書き方をしてしまいましたね
ごめんなさいです。
「父兄参加」としては、こういうのも
ありました」
という意味で並列して書いてしまいました。

藤娘さまが書かれたのと事情は違うかと
思われますが…
「校外学習」の父母のボランティア募集は
うちの方の学区では、家の子供たちが中学年位
(6年ほど前)から始まりました。
(現在はどうかは判りません)
こちらでは、そもそもの発端は
一気に建った10余棟のマンション群で
生徒数が急増し、1学年4~6クラスになり
先生の増員が間に合わず
教室が足りなくなり、学区を見直し
プレハブ校舎まで建ったような
学区事情と

最近の車社会の影響で電車に乗った事が無い
子供が増えたりの社会事情も加わって
40人の生徒を引率するのが大変だ、等

当時学年役員の委員長をやっていた関係で
先生から保護者会でボランティアを
募って欲しいと言われた折に伺った御話は
そんな所だったと記憶しております。

投稿: | 2005年10月10日 (月) 10時33分

恵さん

私こそ過剰反応してしまったかもです、失礼しました(^^;)
恵さんの小学校の事情もすごいですね。たしかに、40人いなくても電車の切符を買うのは大変でしたから容易に想像がつきます。

投稿: 藤娘 | 2005年10月10日 (月) 14時12分

藤娘さま

何か特殊な事情がありそうですね。
機会があればお聞かせ頂ければ幸いです。

こちらのほうの学校では、ボランティアを募るのは主な学校行事など(卒業式等)で人が足りなくなることが予想されるとサポーターというのを募集しますがそれはPTAからお願いしています。学校から、というのはないなあ…。友達がプール当番や朝の集団登校を見守る当番などのことを言っていたことがありましたがそういうこともありませんでした。こちらも児童数が増えてNHKに何度も校長先生が出たような学校なのですが。それでも2クラスが4クラスに増えた程度だからかな。
切符は事前にまとめて、とかできるといいですね。以前はあったような気がするけれど…団体扱いとか。短距離はないのかな。これもでも、ひとりの先生がちょっと早く行って全員分を窓口で買うなり、事前に話して発行しておいてもらうなどしておけば、保護者の手を借りる必要はないと思います。自動販売機で買うのは大変だし、子供達が埋め尽くす、というのも他の人たちにとってはちょっと大変ですよね。

投稿: 明日香 | 2005年10月11日 (火) 06時32分

明日香さん

切符は、今までは班の代表が買っていたそうですが、『切符を自分で買うこと』が狙いの1つであるために今回から(今回は?)銘々で買うことにしたそうです。
動物園に行って楽しく見てくるのが目的ではなくて、切符を買ったり電車にお行儀良く乗ったりするのが目的の校外学習ですから(推測)。
通学・通勤時間帯は外してあったと思うし、先生は駅の下見もして駅員さんとも打ち合わせ済みだったようですが、ハプニングはおこるし、乗客がゼロという時間帯はないですから……券売機付近や電車内で近かった一般のお客さんには申し訳なく、なるべく謝ったりご挨拶したりした私たちボランティアだったのでした。
そうそう、帰路は団体購入してありましたよ、切符。

投稿: 藤娘 | 2005年10月11日 (火) 17時26分

藤娘さま

そうでしたか~。やはりそのへんは考慮されていたのですよね。大変失礼いたしました(失礼なことばかり言っている気がする…)。
切符を買ったりお行儀良くする、というのはお母さんから見ていかがでしたか?
恵さんがおっしゃるように、電車で移動する機会があまりない子というのは増えているのでしょうか。うちは車も免許もないので、電車と自転車がないとあとは歩くしかありません(爆)。息子は、車ばかりで移動する方とは正反対で、小さい時は他の人の車に乗せて貰うと物珍しかったようでした。

投稿: 明日香 | 2005年10月11日 (火) 20時02分

そうなんです>明日香さま

こちらの学区でも学年によって課題の?レベルが
違っておりまして
「自分たちでキップを買って目的地に集合」
あたりから始まり
卒業の頃には
「自分たちで見学先と見学の目的を決めて
運賃やルートを調べ、班の新聞を作成して
全行動のレポート」まで課題が
上がって行ってました。

投稿: | 2005年10月11日 (火) 20時15分

明日香さん(^^)
全然失礼なんかじゃないですよ。私こそ要点をまとめられずにブログを書いているので、舌足らずで……。
電車はすいていたし、つり革にぶら下がった子がいたと聞きましたが私の目にははいってきませんでした。何しろ、二駅しか乗らないのでお行儀悪くする暇もなかったかも(^_^;)
電車には乗るけれど切符は親任せ、という子が多いような気がしました。我が家もそうです(^^;)。学習の機会を捨てているようなものですね、反省。

恵さん
運賃やルートまで調べるというのはなかなかハードルが高いですね。
でも自分がどうやってどこへ行ったのかしっかり記憶に残って、とてもいいかも(^^)

投稿: 藤娘 | 2005年10月11日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/6295489

この記事へのトラックバック一覧です: 役員番外地【ボランティア篇・1】:

« 終わらないレッスン | トップページ | 役員番外地【バレエのお手伝い】 »