« 役員番外地【バレエのお手伝い】 | トップページ | 役員放浪記【子供会篇・1】 »

中学校の合同演劇発表会

 中1の長女は演劇部に所属しています。今日は、ある高校にて、近隣?の中学校が集まり演劇の発表会がありました。教育委員会も後援で、正式な名称がありましたがちょっと失念。2日間にわたって4校ずつが発表したようです。朝9時頃には会場校につき、発表は午後。舞台を披露するのは中学生だけで、4校くらいの高校生と顧問の先生方が裏方として動き、最後に講評がありました。

 我が家の愛車がパジェロということで、大道具を運んで欲しいと依頼があり(カラーボックスや姿見などですが)、朝からつきあってきました。ほかに2台ほど、部員を乗せていくのに親が車を出していました。

 片道40分ほどの場所にある高校ですが、朝送り届けてから親は一旦帰宅し、先生に教えていただいたわが子達の出番の時間に出直して行きました(このところのめまぐるしい天気で体調が…^^; 熱を計ったり仮眠をとって騙し騙し動いた1日でした)。

 わが子達が使う台本はいわゆる「ネット台本」と呼ばれているもので、インターネット上で公表されているものです。うちの学校で選んだ台本は純粋な恋愛もので、しかも誤字脱字が多いその作品にかなりの疑問と危うさを感じる、ということは夏頃だったかブログにも書いた記憶がありますが……今日見ていて、なかなかどうして、舞台はテンポ良く、時には笑いも誘って進行していました。 

 上演後、幹事役の先生なのでしょう、17年間高校演劇に携わっているというどこぞの高校演劇部の顧問の先生と、3校の高校生が壇上に出てきて、中学生4校の講評が行われました。この講評も、面白く聞けました。私はわが子の学校しか見なかったのですが、講評を聞いていて「ほかの学校も見たかった」という気持ちになりました。たぶん、高校生たちが細かい指摘をしつつも暖かい目で中学生の発表を観察し、良いところも認めた発言をしていたからだと思います。 先生のお話も、プロの舞台では……とか、照明3年と言ってピンスポットの扱いは難しいとか、台本に暗転があるからといって必ずしも忠実に従わなくてもいいとか(これには同じ先生でも異論はあるそうですが)のお話や、演劇に対する愛情が伝わるものでした。  ……いえ、正直にいうと、もっとこきおろされると思っていたのです。でも高校生と先生達は「こんな所が良かった。演じ方でちょっといただきたいアイディアがあったくらい。どこそこは見とれた」などと、上からもの申すのではなく、中学生の目線に降りてきてくれていて、なおかつアドバイスもしてくださるというものでした。

 私自身、高校で演劇同好会(新設校だったので)を立ち上げたり、勉強のために行ってみた講習会が長じて市民劇団に首を突っ込んでみたりしていた時期があるので、懐かしいようななんともいえない気持ちになりました。 朝から会場入りしているのに、1日たったの4校の発表はなんだか寂しいと思った自分を反省したり(準備にいろいろ必要ですから)、とても沢山の高校生が裏方として働いていて、しかもとっても楽しそうなことに驚いたり感謝したりでした。

 うちの学校の部員の子たちもみんな純朴でかわいらしく、お手伝いできて役得でした。初めての道を運転したのでかなり消耗していますが、これは明日なまけていれば取り戻せるでしょう(^-^)

|

« 役員番外地【バレエのお手伝い】 | トップページ | 役員放浪記【子供会篇・1】 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

せいさく0319と申します。
掲載されている日記を興味深く拝見させていただきました。事後の御連絡となりましたが、当方の記事にリンクをはらせていただき、日記を紹介させていただきました。リンクをはらせていただいた件について、何か差しさわりがございましたら、その旨、御連絡ください。
また、よろしければ、今後ともそちらのサイトを拝見させていただくつもりですので、よろしくお願いいたします。

せいさく0319 
サイト名 気になるブログ10件
mail:noguchi0319@mail.goo.ne.jp 
http://plaza.rakuten.co.jp/kininaruburogu10/

投稿: せいさく0319 | 2005年10月10日 (月) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/6328073

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校の合同演劇発表会:

« 役員番外地【バレエのお手伝い】 | トップページ | 役員放浪記【子供会篇・1】 »