« 役員放浪記【中学校篇・6】 | トップページ | 歯医者さん体験記・4 »

「PINK」観劇

 恵比寿エコー劇場にて「PINK」千秋楽公演を見てきました。大好きな宮内良さんがご出演なのです。

 「PINK」というのは、人が色々な偏見を捨てれば世界は平和になる、幸せなピンク色になるのでは(なってほしいという願い、ですね)という意味合いがあるそうです。

 お友達(^^;)の間でなにやらワダイフットーの舞台。見るのが千秋楽だけというのは、あとで(もっと見たかったと)後悔するかもと思ったのですが、都合もつかず、1回のみの観劇となりました。お友達から情報を収集し、とにかく見所聞き所を予習して観劇に臨みたいと思っていたのですが、ちゃんと頭に入らないままの観劇となりました……。

 も~、盛りだくさんの舞台でした。凄かった。いろんな意味でうっとりしてきました。

 感想なんて書けません。こんな舞台を作って見せてくださった関係者の皆々様全てに感謝とお礼を(ジェンヌの退団挨拶でもあるまいに^^;)。目の保養、耳の保養、心の保養でした。大好きな宮内さんのあでやかなお姿、麗しい声、コミカルなお芝居、美しすぎる所作……ああ幸せ。

 でもやはり。1回きりの観劇では無理でした。全ての宮内さんを記憶にとどめるのは無理だったです(日本語こわれてます)。

 「ウルトラセブンの歌」?をアカペラで、歌詞ではない部分も声で表現していたのがツボでした。我が家のヲタクくんたちに聞かせたかった。宮内さんのおみ足はそこらの女性より美しかった。ふくらはぎのあたりはダンサーならではの膨らみがありましたが(プロのバレリーナもああいう脚になります。全員かどうかは知りませんけれど)、ひざから足首までのラインが美しく、足首なんて細い!横から見ても細い!! なが~いカツラ、ふわふわのドレス、ハイヒールであんなに美しく動く男性がいていいのでしょうか。カツラの髪の毛が顔にかかったのを払う仕草さえ、女性そのものなのです。女形としての修行でも積んでいるのかと勘ぐってしまうほどの(無理矢理でもそう考えないと、あの所作ができる説明がつきません)完璧さです。

 ラスト近く、客席後方から現れた宮内さんは、舞台に上がる直前におみ足を高く上げられました。いたずらっぽい、でもつややかな笑みがお顔にあったような。ここまで弾けて濃ゆいお化粧された宮内さん、1度は見てみたかったです。堪能しました。1部、記憶は欠けておりますけれどね(涙)。

 落ち着いたらもうちょっと冷静な観劇日記を残したいですが、今日は無理です。あ~素晴らしかった。

|

« 役員放浪記【中学校篇・6】 | トップページ | 歯医者さん体験記・4 »

「観劇日記」カテゴリの記事

コメント

TBを送らせていただきました(^^)
やっぱりツボは同じと見えて、同じ感想ですね~(笑)

投稿: ユウ・K | 2005年10月 3日 (月) 00時11分

こんばんは。
夜更かしが日課のシュマリです。
お芝居見に行かれたんですね。宮内良さま…懐かしい~!!最近拝見しておりません。

ブログ、初めからざっと見させていただきました。
子育て忙しいでしょうに、いろいろとフルに頑張ってらっしゃる姿、カッコイイですよ!

糖朝に反応しちゃって…
香港の香りというか、何というか…
柏の糖朝1年ぐらい行ってなかったですが、注文の仕方が変わったんですね。
もしかしたら、5日に久々中国語の先生と会うので、行くかも知れません。
私も生まれは違いますが、(強調)小学3年から中学2年までと結婚する前数年間、野田線沿線に住んでました。柏は仕事に行く前の休憩場所(仕事前から休憩するな!と言われそう)でした。
野田線でお会いしてたかも…

私は香港に始まり、韓流、華流にもはまった覚えはありませんが、大好きなんですよ~。
海外ドラマ大好き!
毎晩夜中にDVD鑑賞生活。
いつも寝不足で仕事してます。
最近は昼間からミーハーすることにして、
今お店でかけているCDはすべて、香港、台湾、韓国のアーチストになってます。
開き直ったっていうか、かなりのオタクかもしれません。

それでは、また来ます!
おやすみなさい…

投稿: シュマリ | 2005年10月 3日 (月) 00時25分

本当に楽しく素晴らしい舞台でしたね(^。^/)ウフフ,

投稿: CHIE | 2005年10月 3日 (月) 23時09分

ユウ・Kさん、TBをありがとうございます(^^)
ユウ・Kさんの感想は、いつもながら失われつつある記憶を取り戻すのに大変に助けになる感想で、素晴らしいです。ありがとうございます(*^_^*)

シュマリさんも野田線沿線のご出身なのかしらと、実は密かに思っていました(^^;)
私は市川生まれの流山育ち、正真正銘?千葉県産なのです。今は埼玉在住ですけれど。
いや~、カッコイイなんて初めて言われました。嬉しいです←お世辞にすぐ反応。
宮内良さんが懐かしいとはどういうふうにですか? よかったら教えてくださいませ(^^)

CHIEさんには続けて会いますね(^^)
また次回もよろしくお願いします。

投稿: 藤娘 | 2005年10月 3日 (月) 23時51分

すみませんでした、長々とコメント入れてしまって…
私、生まれは東京ですが、人生の半分野田市で過ごしました。
雨宮良さん、私の年代ですと、彼のTVデビュー作?「昨日かなしべつで」というドラマがなんといっても印象深くて。
あの憂いに満ちたまなざしがたまりませんでした。
昔は、彼の出演していたドラマは結構見てましたよ。
ある日、髪を短くしていた頃、彼がトニー・レオンに見えてきてしまいました。
「ブエノスアイレス」の頃のトニーレオンに似てました。
舞台で活躍されていることは知っていましたが、最近はTV出てるんでしょうか?
最近日本のドラマを見ててないので、それで、お名前見て、懐かしいと思ったんです。

投稿: シュマリ | 2005年10月 4日 (火) 12時44分

シュマリさん(^^)

 コメントの長さは制限はございませんので、お気になさらず色々お話していってくださいませ(^-^)
 え~っと、雨宮良さんではないのですぅ、宮内良さんというんですよ。なんだか似てますねぇ、お名前。
 むかし(禁句ダ)「おかあさんといっしょ」で歌のおにいさんをされていましたが、テレビではご活躍ではない…と思います、宮内さんは。
 雨宮さんも素敵な俳優さんですが、宮内良さまもよろしくお願い致しますね(マネージャーか、私は^^;)。我らがさくらさまが運営なさっているサイトがありまして、そこをご覧になっていただけると宮内さんのことがよ~く分かるので是非是非見ていただきたいのですが、URLを貼っていいのかしら…? お気に入りサイトに入れてもいい許可はいただいているから、許してもらおうかしら? …フライングになっても困るし……さくらさんがここを覗いてくださると嬉しいんだけどなぁ(^^;)

投稿: 藤娘 | 2005年10月 4日 (火) 15時11分

キャー~~~というよりギャー~~~と悲鳴上げるくらい恥ずかしい…
間違った…
宮内良さん、名前知ってます。
すみませんでした。とんでもない勘違いで。
昔から、こういうやつです。
カタカナで「ゴンドラ」を「ドラゴン」と読んで平然としていて、連れがなんだか恥ずかしそうにしているのを見て、何?と思っていたら、私のせいで恥ずかしかったって…
漢字まで勘違いするようになっちまったですか。
あの~お店に来ても笑わないでください。
しばらく立ち直れないかも(爆)

投稿: シュマリ | 2005年10月 4日 (火) 16時55分

シュマリさん(^^)

誰にでもあることですから。でも宮内さんの名前を聞いたことがあるというだけでも嬉しいです。
私は、有吉京子さんの「SWAN」というマンガが大好きで一生懸命読んでいたのに、白鳥の湖に出てくる「ブラック・スワン」(黒鳥)をずーっと「ブラックス・ワン」だと思いこんでまして、間違いに気付いたのはほんの数年前でございます(^_^;)

生春巻きが出てくるアフタヌーンティーもおいしそうだし、上海がにも食べたいのですが、1人で行くのは恥ずかしいのでなかなか……。
新メニューが出るたび、パソコン画面の前で見入っています。

投稿: 藤娘 | 2005年10月 4日 (火) 20時38分

私のこと呼ばはりました(^^)?>藤娘さん
O!nion Partyはころたまにとって自分ちみたいなもんだと思っていただいて、
どうぞどのようにでもご自由にURLの貼り付けなりなんなりしてやってくださいな。

はじめまして>シュマリさん
宮内さんのファン・サイト管理人のさくらです。
藤娘さんのおっしゃるように宮内さんのこと、お名前をご存知なだけでもとても嬉しいです(*^^*)
URLを入れてますので、よろしければぜひ遊びにいらしてくださいね!

投稿: さくら | 2005年10月 5日 (水) 00時08分

さくらさん(^o^)
はいはい、呼びましたですよ。早速にありがとうございますです。
お言葉に甘えて、以後はせっせと布教に努めさせていただきま~す。

シュマリさ~ん、是非O!nion Partyに行って宮内良さんの華麗な舞台での活躍の様子をご覧になってくださいませ。
…あ、お時間のある時でいいんですよ(^^)

投稿: 藤娘 | 2005年10月 5日 (水) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/6222991

この記事へのトラックバック一覧です: 「PINK」観劇:

» PINK 感想 [風の吹くまま、気の向くまま♪]
初日から6公演。 あっという間に千秋楽が終わってしまいました。 もっと何度でも観たかったと、心から思う大好きな舞台でした。 それでは、やっと遠慮なくネタバレありの感想を。 見所満載だったせいで、かな〜〜り長いです(^^;) ... [続きを読む]

受信: 2005年10月 3日 (月) 00時07分

« 役員放浪記【中学校篇・6】 | トップページ | 歯医者さん体験記・4 »