« わすれないで  第五福竜丸ものがたり | トップページ | 安らかに »

役員放浪記【中学校篇・9】

中学校にて、研究授業がありました。
市内からは勿論、全国各地からの先生方、地域のかた(民生委員さんなども)をお迎えしての行事のようです(なぜか伝聞調)。研究授業の対象になっているのは各学年1クラスずつしかないのですが、合わせて学校全体を授業公開としたので一般の保護者、来年度入学予定の親御さんもいらっしゃいました。
というわけで、本校の先生方だけで運営できるはずもなく、役員に招集がかかりました。

私は校外補導と成人教育という2つの役員をかけもちしているわけですが、成人教育委員を2学年の保護者として受けているので、そちらから声がかかりました。校外補導委員も数名働いたようですが、こちらでは声がかからなかったのです。上のほうで配慮してくれたのかもしれません。

午前11時半に学校に集合、わけもわからないまま説明を受け分担を決め、持ち場所に行きました。
私は一般保護者専用の受付。教員受付にならなくてよかったです。人数が違いましたから。まぁその代わり、保護者のみなさんは出足が遅くて拘束時間が少々のびましたが、まぁこれはお仕事ですからね。

それにしても。
一般保護者からみると、この受付は敷居が高かったようです。
手紙に書いてあったとはいえ、普段の授業公開と同じノリできたらスーツ着た私たち役員が仰々しいテントで受付をしているんですから、驚きながら名前を書いていく人も多数。
私だったら、校門はいると見えるこの受付をスルーするために、手前でまがって生徒用の昇降口から校舎内に入っちゃったことでしょう。事実、そうした保護者もかなりいたようですけれどね。

娘のクラスが研究授業の対象になっていまして、英語の授業でした。
最後の20分を参観できたのですが……。
先生、話すのは英語だけ(日本人の先生です)。何やらやることを説明して、生徒に確認とって、尋ねて、生徒達が手を上げたり、何やらゲームみたいなものを始めたり……。
私、先生が何を言っているのか分かりませんでした。
唯一分かったのは、授業の最後に「次は水曜日です」みたいな(笑)ことを言った時だけ。

帰宅した娘に聞いてみました。
 先生が何言ってるか、わかってた?
娘は授業中、楽しげな様子で行動していたのですが。
 ううん、全然。
全然? だ、だってじゃぁ授業はどうやってなりたっていたの??
 先生が、研究授業では何々をやるからって説明してくれてたから、あぁこれかな、って感じ
…………(*_*)(@_@)(^^;)
いいのかな。そういうものなのかな。

何はともあれ、忙しかった1日でした。お昼も結局2時過ぎに食べました。
太るなぁ……。

|

« わすれないで  第五福竜丸ものがたり | トップページ | 安らかに »

「役員体験記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/7270338

この記事へのトラックバック一覧です: 役員放浪記【中学校篇・9】:

« わすれないで  第五福竜丸ものがたり | トップページ | 安らかに »