« 自動車修理 | トップページ | 親の背中…… »

歯医者にて

何本目かわからない虫歯の治療。
またもや銀色のかぶせものをしたのですが。
以前の歯科医だと、帰宅して歯磨きしてフロスを使うと……あららフロスも通らない。 ということがあり、次回の治療でそのことを伝えて調節のしなおしということがありました。

しかも、私の訴えが解消されたかを知る方法がお粗末でした。
かぶせものをやり直した後、助手か先生が実際にフロスを手にして、歯間に入るかどうか試してくれるのですが、フロスの片方の端が口の外。
だからフロスが唇にも食い込むことになる。
これはとっても痛いです。切れちゃうよ~~と何度恐ろしく思ったことか。
……幸い切れたことはなかったですが。

今通っている歯科医院では。
私が何も言わなくても、かぶせものをしたときには必ず、助手さんがフロスで確かめてます(見てるワケじゃないけれど、たぶんフロスだと……)。
フロスの両端は口の中に収まっているから、なんともありません。
当然っちゃ当然のことのように思いますが、とても嬉しい気遣いです。

先日の治療日。
高校生らしき女の子の3人組がいました。
同じ部活の子たちらしく、順々に治療室に呼ばれていましたが待っている時のお喋りがかわいかったのです。
互いのどこが悪かったらしいとか、どんなことやったかと情報交換のあとに。
  やっぱ健康が1番だよね~!
とみんなで頷いてました。

そうよね、歯が痛くても頭が痛くても、ホントにそう思う。
健康というのは有り難いことです。
すっかりおばちゃんモード?なのでした。

|

« 自動車修理 | トップページ | 親の背中…… »

「医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/7561724

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者にて:

« 自動車修理 | トップページ | 親の背中…… »