« 女は群れる? | トップページ | 働くということ »

語り口

ブログの記事を書くにあたって。
はてどうしようと悩んだのが、文体だった。

小学生の時に。
です・ます調と~だ・である調を混ぜてはいけないとか、習ったよなぁと思いだし。
パソコン通信であるパティオに参加していた時は、あまり悩まずに文章を打っていた(文体は、という話しで、文章自体は悩んだけれども)。

よそのブログをのぞくと。
文体……語り口、って一貫している。
そっけないというのとは違う、乱暴でもないつぶやき調とか。
ですます調の、格調高い、でも親しみやすい文章とか。

私はどれにする?
どんなブログにしたいか、で文体も決められるかも。
……と思ったけれど、明確な理想は浮かばなかった。

混ざらなければいいんだから、その日その日の気分でいってみよー

と、いうわけで書き始めてみたけれど。
見事に混ざっている日が多数。

変だよね。

でも、かえって私らしいといえなくも…ない、かも。
影響されやすくって、相手によって態度かえてみたりする所が文章にも現れてます、という感じ。
誤字脱字も多いし。
はが練じゃなくて、はが錬ですよ。
娘に指摘されちゃったじゃない。
そんなこんなでブログは続くのであった……。

影響されやすいって、例えばどんなこと? というと。
 シュガークラフトを習ってみたい(都内に出るか、地元のホームメイド協会しか選択肢がないみたいだ。しかも仕事始めちゃったからう~ん)
 DSとおい森を買う!(これは決定ね。おい森をどこかの店で見つけなくちゃいけないけど)
 1番新しいのはこの2つかな。
 

|

« 女は群れる? | トップページ | 働くということ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/7605280

この記事へのトラックバック一覧です: 語り口:

« 女は群れる? | トップページ | 働くということ »