« 高校生のインターンシップ | トップページ | おかゆのレシピおしえてくださ~い »

次女の受難

昨日、娘が転びました。
小学校の敷地内。集団下校するために正門前の広場にいて、なだらかな斜面になっているところに凍った残雪があり、それに足をとられたようです。
目撃者なし(いても小学校低学年だから頼りにならず?)。
うつぶせで倒れて鼻血を出しているのを上級生が発見して養護の先生を呼んでくれたようです。

何も知らずに仕事から帰ってきたら、丁度学校から電話がかかってきたところでした。

昨日はたまたま土日出勤の代休をとった夫が在宅。
落ち着き払った夫から電話を代わると……

 お子さんが転んで歯を折りました

うっそ~~~!
おでことか鼻を強打したとかじゃないんですか?
とは言いませんでしたが、すぐに声がふるえちゃった私。養護の先生に落ち着いてくださいと優しく言われ、持ち直しました。
聞けば転んで10分もたっていないとのこと。かかりつけの歯科医を教え(実は少々迷いがあったのですが。だって腕に不信感を覚えて私と息子は変えたわけですから)、会社の制服を着替えてから学校へすっとびました。

養護の先生、娘、私でかかりつけの歯科医へ。
歯科には連絡がいっていたのですぐに診察室に呼ばれました。
それまでは泣くのをこらえていた娘が、恐ろしそうに泣き叫んでいます。
待合室にはほかに人もいたのですが、私は泣いてしまいました。養護の先生がいたからでしょうか。先生も、末っ子が同学年で、と一緒に涙をふきふき。
でも養護の先生の名誉のために言っておきますが、先生は適切な処置をなさってくれたのです。それは歯医者さんも言っていました。

さて娘。
上の前歯2本がぬけかかり、飛び出していた状態だったそうです。しかも2本とも欠けてしまいました(これは養護の先生も確認済み。そのうえで歯科医に処置を尋ねてくれていたのでした)。
欠けたことはあまり(この際)問題なし。簡単な処置できれいになります。
問題はぬけかかった歯。歯の根っこは無傷で、根っこ(歯根?)の中を通っている神経が再生すれば万々歳、みたいのようです。
脱落しかけたので、1度血管とはずれてしまっている。元の位置に戻した歯(この処置が痛かったようです。押さえつけて麻酔されたみたいですね、仕方ないですが。娘よ、頑張ったね!)だけれど、子供の神経は大人のそれよりも太いので再生する(つまり、1度はずれてしまった血管とくっつく)可能性があるそうです。大人ならば再生することはないので即、神経をとる処置をするそうですが。
神経が再生しなかったら、なのでしょうか、中高生くらいになったら差し歯に、という話しも聞きましたが少々記憶が怪しいです。
1年は経過観察を要するそうです。

養護の先生も驚くほど、懇切丁寧に説明してくださる歯医者さんをあとにしました。

それにしても。
幼稚園入園前に虫歯にしてしまい、近所の歯医者で虫歯の進行止めをぬられて真っ黒になってしまった上の前歯2本。
とっても優しい歯医者さんがあるよ、その黒いのも別の処置があるよと教えられて行ったのが今のかかりつけの歯科医です。
人の顔色をうかがう天才の私が、一度も不快な思いをせず(肩身の狭さは感じましたけれどね)、やさし~く根気よ~く治療していただき娘も信頼している唯一の歯科医。そして白くきれいになり(子供同士とはいえ、真っ黒な前歯は相手が鼻白むのがわかりましたから白くなるのはとっても重要です)、やがて永久歯になった前歯。
顎の小ささと遺伝とで、歯並びがあやしく歯医者さんとは切っても切れないなぁと思っていましたが、まさかまさかこんなことになろうとは。

コンクリの地面を見ると、そこに口を打ち付けて歯を2本も折った痛さとはどんなものだったかと考えると、たまりません。
手で支えなかったかと不思議でしょうが、ぎっしり重いランドセルを背負い、手には軽かったですが図工の道具が入った手提げを持っていました。下った斜面で凍った雪に足をとられたら、手が出ても、支えきれなかったのでしょうね。
……なーんて書いてますが、やっぱり「手で支えてよ」と思わずにはいられませんでした。そこも養護の先生が穏やかに娘を思いやってくれまして、支えきれませんよねという声を聞いてそうだなと思い至った母の私です。上着についた血もあらかた拭き取ったけれど、血のあとを見て痛さを思い出したら辛いですからと心配してくださる配慮に頭が下がりました。

周りを見回しても。
今回の娘のけがなんか比べモノにならないくらいの大事故や病気にあわれたお子さんを知っています。世の中にはもっともっと沢山のお子さんが病気と闘っているでしょう。歯が2本、差し歯になるくらいどうってことないといえばそうなのかもしれませんが。
それでもやはり、親として胸が痛みます。
女の子だし。私とオットの娘にしては(ここポイントです)見目がよいほうじゃないかと今まで心密かに思ってきましたから。

歯科医、このままでいいの?
という、切実な疑問もあるものですから心が揺れます。
セカンドオピニオンということで、写真を借りて他の歯科医の意見を聞ければ納得できるのかも……? でもね~、一応の処置は済んでしまったわけだし……と歯切れの悪い私。オットはどこでも一緒という構え方ですが、これには異議あり。

とにもかくにも。
転ぶ可能性のあるものはこの1週間は絶対避ける。お風呂も禁止。
と歯科医に言い渡され、今週は学校を休ませることにしました。私も昨日のうちに会社に電話して休みをとりつけましたし(これが1番どっきどき。部長が理解ある反応してくれてよかったです)。
おかゆしか食べられないし、歯磨きも自分ではこわくてできないし、化膿をくいとめるために1時間ごとに薬でうがいしてと言われてはねぇ。
昨日同行してくださった養護の先生も、「お勉強はできるお子さんですし、今週は休みましょう!」と……。評判のよい先生ですが、ますます実感したひとときでもありました。ユーモアと冷静さのバランスがよいのでしょう。

娘と朝寝して……とさっそくダラダラな数日を過ごそうとしたら、朝から校長と担任がやってきました。
校長は「雪かきはしたのですがとりきれなかったものがありまして、怪我をさせてしまいすみません」と、1回は言ったかな。私の説明を聞いて、帰っていきました。
文句は言いませんでしたが、なんだかひっかかるものがあります。
きのうもね、オットと話したのです。
相手が私たちみたいな夫婦で学校もよかったよね。最近はすぐに怒鳴る親多いし、と。
誰に対して怒ってもなんにもどうにもならないことですが。転んだのはどんくさい私の娘くらいだったかもしれないけれど。
でもやっぱり、もう少ししっかり謝罪の言葉を、深く頭を下げて言ってくれてもよかったのじゃないでしょうかねぇ、なんて思ってしまうのでした。

学校への怒りに燃えているわけではありません。
やんちゃじゃない娘なのに、どうしてこうも大きな怪我をしてくるのか……。
何か良いことの前触れだといいねぇと、お気楽なことを話す夫婦でもあるのでした。

|

« 高校生のインターンシップ | トップページ | おかゆのレシピおしえてくださ~い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日の記事の終わりを読んで「何かアクシデントが?」とは感じていましたが、
まさかこんなに大変なことが起こっていたとは・・・
きっと想像を絶する痛さだったことでしょう。
お嬢さん、よく頑張りましたね。
でも神経がつながるというのは不幸中の幸い。
1年後には何事もなかったように笑顔でいられますように!
お粥のアイデアは持ち合わせがありませんが(^^;)、1日も早い完治をお祈りしています。

投稿: ユウ・K | 2006年1月25日 (水) 19時30分

お見舞いが後先になってしまいましたが…
お嬢さんの具合はいかがですか?
お子さんの突然の怪我は本当に心配ですよね
心中お察しいたします。
一日も早く治りますように…

投稿: | 2006年1月26日 (木) 12時26分

ユウ・Kさん、恵さん
ご心配おかけします。
ケガの大小に関わらず、健康でないということは不自由だったりつらかったりしますね。
体調を崩しやすい季節ですから、皆さまもご自愛くださいませ。
ケガの今後は大変心配なのですが、もう痛みもなく、娘はけろりとして過ごしております(^^;)

投稿: 藤娘 | 2006年1月26日 (木) 17時47分

大変でしたね。
私のところも長男が自転車でこけて前歯を
折るというアクシデントを経験しています。
口のあたりって怪我した直後、ぎょっとするくらい
顔がかわっちゃいますよね・・・
出血の量も半端じゃなく、親としては
いたたまれない思いでした。
大変歯並びがよかった子なのに1本差し歯になり
もう1本は様子を見るということに。

お嬢さん、痛かったでしょうね。
親はわが身でうけとめてしまいますもの・・・
一日も早く良くなりますように。

投稿: マーサ | 2006年1月27日 (金) 08時23分

マーサさん
今朝になって、ケガした当日に歯医者さんでどうこう、という体験談を娘が話し出しました。
つらさを思い出したら可哀想と思いふれずにいたので、娘から話し出したのでちょっと安心しました。

息子さん、差し歯になりましたか。
歯並びがよかったというのも残念ですよね。
悩んでもなるようにしかならないとは思いつつ、娘がいないところでタメイキをついています。
コメント、ありがとうございました。

投稿: 藤娘 | 2006年1月27日 (金) 11時57分

本当に大変でしたね…。こちらまで痛くなってきそうで、藤娘さんのお気持ちも痛いほどわかりました。
今日になってこの日記を読ませていただいた(タイトルを見落としていたようです)ので、こんな遅くなってからですみません…。
少しはお嬢さんも落ち着かれたでしょうか。歯の神経が再生するといいですね。一日も早く、回復されますようにお祈りしております。藤娘さんも、元気を出してくださいね。

投稿: 明日香 | 2006年1月29日 (日) 09時55分

明日香さん
遅くなってから、だなんてそんなことないですよ。
読んでいただけるだけでありがたいです。
私こそ、明日香さんの日記を読み逃げしている毎日ですので……(^^;)
娘、元気です。事情知らない人から見たら、なんで学校休んでるの?という感じです。
あたたかいお言葉、ありがとうございました。

投稿: 藤娘 | 2006年1月29日 (日) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/8333278

この記事へのトラックバック一覧です: 次女の受難:

« 高校生のインターンシップ | トップページ | おかゆのレシピおしえてくださ~い »