« ザンネンなことと、嬉しいこと | トップページ | オット救出 »

自分の血には弱い

長年主婦をやっていれば…というか、自力で料理をするとなれば包丁を使わねばならず、指をざっくり、とか、包丁おっことして足に…とか、アイテテですまない痛さも多少は経験しています。
子供を育てていれば、鼻血にも何度も遭遇するのでちょっとやそっとじゃうろたえません。

昨日、初めての担当場所で仕事をしていたら、一生懸命になるあまりなんの考えもなく鋭いネジ山を思いっきり抑えてしまい、気がついたら左手に握った部品が真っ赤でした。

左手親指がざっくりと切れていたのでした。
少々止血して絆創膏して(すぐ血がにじんできましたが)、でも仕事を続けて。
帰宅して、就寝前に絆創膏を替えようとはがしたら……
か、皮が絆創膏と共にサヨナラしてしまったのです~~~。
一辺が1.5㎜の三角形みたいなキズの皮が、かわがむけてしまった……。
やっと止まっていたらしき血がみるみるわき出てきました。

傷口は小さいですが、でもそれまでず~っとズキズキしていましたし、皮がとれてしまったことにひどく動揺して、血の気がひいていきました。
こんなことで情けない、とは思いつつも、動揺する心はおさえられません。
ど~しよ~!
というのがやっとで、塗ろうと思っていた軟膏も手に取る勇気なし。

結局は、横で冷やかしていたオットに軟膏ぬってもらって絆創膏もはってもらったのですが(はいはい、ラブラブなんですよ、オットとはね)。
こんなことでクラクラしているようではダメだな~、母として強くなったのではなく、単に「自分のことじゃないから」冷静に対処できていたんだな~と、つくづく思ったのでした。
キズは今でもずきずき。

|

« ザンネンなことと、嬉しいこと | トップページ | オット救出 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわ、大変でしたね…。左なら右よりはいいのかしら?って右利きですか?
ほんとに血が一時的に多量に出るとくらっときますよね。それは単に物理的なもので、精神的に弱いからとかではないと思います。私も左の薬指の先を包丁1ミリくらいの厚さですっぱり切り取ってしまったことがありましたが、その時はほんとに気が遠くなるような瞬間がありました。
どうかお大事になさってください。病院には行かなくていいのかな…。

投稿: 明日香 | 2006年1月21日 (土) 12時42分

明日香さん
指先をすっぱり、って……
痛いです~~~(>_<)
勿論病院いきました?

私は右利きです(^^)
でもやっぱり、髪を2つにむすぼうとしても絆創膏のモサモサ感が邪魔してくれるし、洗い物も両手を使うしで、不自由なものですね。
出血時、物理的にくらっとくるのですか? ならいいんですけど、でも帰宅してからのは精神的なものだと思います(^^;)
包丁でざっくりやったときも自然治癒でしたから、今回のもそんなものだと思っています。ご心配ありがとうございます~。

投稿: 藤娘 | 2006年1月21日 (土) 14時53分

読んだだけで左手がズキズキしそうです(^^;
利き手じゃないといっても確かに不便でしょうね。
ラブラブな優しい旦那様に炊事と洗髪してもらって
早く治してください。

投稿: 初雪 | 2006年1月21日 (土) 18時35分

初雪さん
ズキズキも出血も私の主観なので、事実は大したことないんですよ。
でもほんと、仕事始めてからあっちこっちの指に絆創膏はっていたり、絆創膏はなくても皮がむけていたかったり力の入れすぎでジンジンして思うように動かなかったりで、洗髪に不自由しています。
やめたい~~ と言いつつ、仕事しております(^^)

投稿: 藤娘 | 2006年1月21日 (土) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/8254327

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の血には弱い:

« ザンネンなことと、嬉しいこと | トップページ | オット救出 »