« 心地よい時間 | トップページ | 宝塚雪組ベルばら »

PTA週間?

先週はよく学校に通った気がする1週間でした。

1日おきに我が子が通う中学校に行っただけなのですが、それだけで私には充分すぎます。気疲れはするし、ほんのちょっぴりのお役に自ら手を挙げたというのに、これからのことを考えて気重に思ったり。
小学校の懇談会(役員決め)が今度の金曜日なので、それが終わるまではこのちょっとブルーな気分からは完全には抜けきれない気がします。

先週の月曜日のこと
 中学校の入学式でした。
 “17年度の2学年役員”として、新入生保護者の役員決めのお手伝い。
 雨模様のさむ~い午後、体育館にかけつけ、割り当てられたクラスへ行き、専門委員会の説明をし立候補を募り……。
 案の定、皆さん下を向いてばかり。ジャンケンになりますがいいですかと尋ねても、いいも悪いも目顔の合図さえなし。気持ちは分からないでもないですが、進行役としては困りますね。
 じゃんけんで決まりましたが、決まった方の中に少々やけっぱちになられている方が。お名前を尋ねたときにちょっとコワイものがありました(笑)。
 そう、それと。
 私たち前年度の役員の仕事は役員決めの進行だけ。それ以外のことは何も知りません。
 が、新入生のお母さん方は口々に「このあとは何があるんですか? クラスごとの懇談会があるんですか?帰っていいんですか?」
 ………。
 近くにいた先生をつかまえてお聞きすると「クラス懇談会があります」。
 周りを見ると、クラスに向かっているらしき人の群れがあるではないですか。
 こういうことは絶対、事前に説明があったかお手紙が渡されていると思うのですよね。初めての入学式とはいえ(だからこそ)説明はきちんと聞いてほしいと思います。私の担当クラスのほぼ全員の方がわからないんです、という顔で私たちを見つめたときはどうしようと思いましたよ。

続いて水曜日
 新3年生の懇談会がありました。
 “17年度の役員”として、役員決めの進行をと言われていたので覚悟してでかけていきました。
 が、前年度の広報委員長さんが同じクラスにいらして、とっても上手にソフトに委員会の説明やら立候補を募ってくださって嬉しかったです(とはいえ立候補するかたはいませんでしたが)。
 今日は懇談会に来ていますが仕事を休めるのは土日しかないから役員は出来ません!
 今日この場にいない人はどうなんですか?

 ……うん、言いたくなりますよね。わかりますけど……でも、ねぇ。私が顔をしかめたくなるようなそんな発言にも、(元)広報委員長さんがソフトに対応してくださって、さすがだなぁと思って聞いていました。
 
 うちの中学では、1年生の時にその学年の委員長・副委員長になるとクラスがどうなろうと3年間持ち上がりで続けることになっています。
 その委員長さんに惹かれていて、一緒にもう1年やってみたいなぁと思っていたので、私は手を挙げさせてもらいました。3年生での役員は、専門委員会のほかに、全員で卒対(謝恩会がメインでしょうか)も兼ねるので敬遠するかたは敬遠するのですが……。
 ホントは楽だという保健厚生委員を狙っていたのですが、様子見をしている間に他の方にとられてしまい(昨年度に続いて手を挙げた方がいらしたのでした)、ならばと昨年度と同じ委員会に手を挙げることとなりました。

 我がクラスはほかのクラスに大差をつけて、10人以上の出席があったのですが。
 役員選考は難航しました。
 この出席者の中に、1・2年時での役員経験者(だからもう3年ではやらない、という決心の方々ですね)がいたり、地区役員を受けている方などもいらしたので微妙なところですが。我が校には『部活動育成会』という、部活動をする生徒達の後援をするため?の部会があり、1年時に役員になったかたが3年間活動します。この役員のことを知らない方がいたのにはびっくりでした。

木曜日には
 新2年生の懇談会がありました。長女の学年です。
 が、私は1日お仕事をしていて学校には行きませんでした。
 月曜日に半休(お昼で早退)、水曜日にも半休をとっていて、一緒に組んでいる人たちに負担がかかりますし自分自身でも仕事を覚えるのに遅れをとってしまいますし。
 でもお昼で帰るのって、体力的には楽だな~と思ってしまう私なのでした(笑)。

 その日の夜。
 何人かの友人からメールがきました。新2年生の役員は誰になったか、という内容です。
 長女が小学校を卒業するときに一緒に卒対役員をやって苦楽を共にした友人達が役員になったこと、昨年度に中学校で同じ専門委員会にいた人がまた続けることになったことを知りました。
 で、メールで連絡をとりあい、一緒に長副やろうかともちかけたところあっさり『OK』の返事が来ました。ダメ押しの確認をして、決意の一夜でした(ナンジャソリャ)。
 
金曜日には
 新しく選ばれた役員さんたちが集まり、それぞれの専門委員会の長副決めをする会議がありました。
 仕事は時間までつとめ、それから駆けつけて充分間に合う時間でよかったです。
 さて、この会議、静まりかえるんですよね~。
 なんちゃって。
 私は昨年度は欠席しています。まさかまさかの2役員かけもちとなり、平なら活動できても役付は絶対無理だと思っての行動でした。
 でも今回は出席して……前日に友人達と申し合わせをしてあったので、ほかに立候補者がいないこと、これはという経験者がいないのを確認したあとで、それでは…と手を挙げました。
 出席者が少ないのは、去年出ていない私にはとやかく言う権利はありませんが、寂しいものですね。それにしても、私が手を挙げかけた途端にすばやく反応した方がいてびっくり。もう1人の立候補者かと思って質問してしまいました。

 会長さんが(総会で承認が済んでいないので微妙な立場ですが)ご協力ありがとうございます、と決定した途端にやってきてくれました。
 この会長さんが上にいらっしゃるからこそ、安心して活動できるのだと私は思っています。ら、そう思うのは私だけではないらしく、会長が人望があるから、とおっしゃる方達が。
やっぱりそうよねぇ、保護者の立場にたって建設的なことを仰る方だもの。こうでなくっちゃねぇと内心うんうん頷いてしまった私でした。

 我が委員会担当になる副会長さんからも名刺をいただき、事務局からは早速の活動費として現金の支給まで。
 いついつが常任委員会で、総会はいつで……との説明に、自分から名乗りをあげたくせにちょっと気重に。後ろ向きな性格でまったくイヤになりますが仕方ありません。副委員長に頼もしい信頼できる人たちがついてくれたのですから頼りにしつつ、頑張ろうと思います。

残るは難関
 今度の金曜日に、小学校での懇談会があります。
 今年度から役員決めの手法ががらりと変わったので、気鬱です。
 各クラスから3名ずつ選出された委員が学年で集まり、その中から本部役員を1名決め。本部役員になってしまった人の代わりに、クラスに1名ずついる補欠の人が代わりに専門委員会の役員となるそうで……。
 つまり。
 もしかしたら新旧委員会の席で専門委員会の長や副になってしまう可能性はあっても、それでもいわゆる普通?の役員になるつもりで手をあげたのに、もしかしたらもしかしてまさかの本部役員になってしまう可能性が出てきてしまったのでした。
 今までは、前年度の本部役員さんが何人か留任しつつ知り合いに声をかけて新任を募っていたので、大きな変革です。
 本部役員が総替わりって、活動する当人にしたらとても大変だと思うんですよね。子供会で経験しているので、想像しただけで胃が痛くなりそうです。

 パートとはいえ日中働いていて、中学で専門部の委員長を受けてしまったので、これ以上の役員を受けても責任もって活動出来ません
 な~んて、小学校の役員辞退の理由にならないんですよね。
 あんまり弱気でいると、じゃんけんとかに負けやすくなるからいけないとは思うのですが、このブルーな気持ちは止められません。

 もうこうなったら、幼稚園の父母会長も経験済みだから小学校の会長も制覇して、ゆくゆくは議員に立候補でもしたら、なんてオットは笑ってくれますけど(丁度選挙の時期なので、選挙カーを見て思いついたジョークなのでしょう)。
 私の夢は小説で1発あててウハウハ印税生活だから(爆)、議員生活は予定にないの。
 勿論宝くじ1等当選ウハウハ生活でも文句ないんですけどね、うふふ。
 
 
  

|

« 心地よい時間 | トップページ | 宝塚雪組ベルばら »

「役員体験記」カテゴリの記事

コメント

中学校で委員長をするなら、立派な辞退理由になりそうなものですが……。

投稿: Jay | 2006年4月17日 (月) 08時50分

Jayさん
そう思われます?
ん~、小学校のお母さん方の雰囲気って年々悪くなるようで、父子家庭のお父さんは免除でもいいんじゃないですか? と副会長さんが仰っても許されなかったというケースも聞いていますし、だめもとで言って白い目線を浴びる勇気はなかなか出ません。
…でも本部役員になってしまったらそれこそかけ持ちは無理に思えますし、勇気を出して言ってみるべきなのかもしれませんね。

投稿: 藤娘 | 2006年4月17日 (月) 22時03分

ひたすらひたすら、お疲れ様です。

今日は、藤娘さんのおっしゃる「金曜日」と同じ、「委員総会」でした。各クラスの各役員さんたちが集合し、旧部長、副部長も同席し、新部長、副部長を決める会です。
こちらは静まりかえるってことはなく、それなりに時間はかかってましたが、あちこちで拍手が起こり、何とか決まっていたようでした。

私は、一昨年はこれに出たのですが、去年は、「昨日がXデー」であったので、その後に行われた委員総会、総会など全部欠席せざるを得なくて(毎日徹夜状態)、新校舎でのものを知らなかったのです。一昨年と違って、ほんとににぎやか、という感じでした。

でもね、今年は各クラスの役員決めが難航したようでした。去年、おととしと、アンケートを配り、「いつの学年で役員をやるか」と明記してもらったことで、実にすんなり決まったという実績があったのですが、今年は実に、本部役員が全員の自宅に電話をかけまくる、という事態まで発生したとか。最初の保護者会は役員決めがあるので例年出席率は悪いけれど、それでも14,5人は来るのに、今年、ひとつのクラスで5人、そのうち2人は本部役員で、実質3人、ってところがあったとか…。唖然としました。

去ってしまった学校ですけれど、やはり気になりますね。5月までは現役でもあるし。

自分のことばかりお話してしまいました。
藤娘さんの最後の難関突破を心よりお祈りしております。
現在の状態だけでも、賞賛に値すると思っていますけれど…。あまり無理をしすぎないでくださいね!

投稿: 明日香 | 2006年4月19日 (水) 23時40分

明日香さん
昨年の我が中学2年生の懇談会では出席者ゼロというクラスがありましたです(^^;)
本部役員さんたちが知り合いに電話をかけまくって役員を揃えたと聞きましたが真偽のほどは存じません。
委任状という意見も聞きますが、殺伐としたものを感じるのでできれば避けたいですね。

明日の小学校の懇談会は……
中学で専門部の委員長であること、3年生なので卒対も兼ねること、仕事もしていることを理由に役員辞退を申し出るつもりです。
きっと白い目光線(笑)の集中砲火を浴びることでしょう。
でも来年も中学3年で(年子なので)役員をやるつもりの私って…懲りない性格なんですねぇ。

投稿: 藤娘 | 2006年4月21日 (金) 00時21分

ひえええええ。ゼロ、ですか…(^^;;;;。
それは前代未聞です…。先生もびっくりされたのでは…。だって、役員決めるのが目的の会ではないはずですから。先生も、保護者の方々と顔見知りになってクラスのことを話したりしたかったでしょうに。本末転倒ですよね。
うまく役員辞退できましたか?成功していることを祈っています。
でもほんとに役員さん、頑張ってくださいね。応援しています!

投稿: 明日香 | 2006年4月21日 (金) 06時51分

明日香さん
記事にも書きましたが、立候補があったおかげで無事に逃れることができました。

本末転倒、確かにそうですね。
役員決めがあるけれど先生のお顔知りたいしね(1000人のマンモス校なので1学年9クラスは当たり前なのです)と出かけていくお母さんがいる一方で。
いかなければ役員になることはないからと平気で欠席する保護者もいますね。
先生方も諦めているのかなんなのか、3人5人はあたりまえ、という雰囲気です。役員を受けて下さりありがとうございます、なんてことまで言ってくださいますが。

投稿: 藤娘 | 2006年4月21日 (金) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/9628330

この記事へのトラックバック一覧です: PTA週間?:

« 心地よい時間 | トップページ | 宝塚雪組ベルばら »