« バレエへの憧れ | トップページ | BGM »

雪ベルばらにもの申す!

3月17日に(この日は1回公演でした)東京宝塚劇場にて雪組の「ベルサイユのばら」を観劇してきました。
2階席の10列目。センター寄り。
オペラグラスは必至! と思っていましたが、案外よく見えました。それでもオペラグラスを取り出した私に同行者は「こんなによく見えるのに、何を見ようっていうの?」
同行者は、友人のHちゃん。前回観た宝塚は、大地真央のサヨナラ公演(二都物語とヒートウエーブ)。大地真央さんのファンで、熱心に劇場に通ったとか。ベルばらはツレちゃんの時に見たそうな(なぜHちゃんの紹介をするかというと、私は彼女の感想に考え込んでしまったからなのだ)。

さて。
なんだか不穏なタイトルをつけてしまったけれど。
私はベルばらが大好き。コムさんも大好き。見た目フェアリーなのに、その低いお声、骨太の男を演じたら右に出る者はいないんじゃないでしょうか。
ベルばらへの、コムさんへの、宝塚への愛を語り出したら止まりませんよ。そのくらい(どのくらい?)愛はあります。あるけれど……あるがゆえに??色々考えてしまい言いたくなってしまうのです。

でも。
基本的に、ベルばらの開演ベルである リーンゴーン という音を聞いた時点で私の心は異次元へ飛んでいってしまっている。ていうか、もう、あの開演ベルだったかどうかも記憶がないけれど。私の心の中では鳴っていたのですよ。

明日はベルばら観に行くんだ~ というどきどきわくわくの気持ちのまま過ごしていたい。観てしまうと、終演という終わりがきてしまうわけで、それはあまりにもやるせない。

と思っていたけれど。とってもとっても強くそう願っていたけれど。
でもやっぱり観劇して、終演しちゃったのね。

で。
以下はネタバレありますので、お嫌な方は読まないでくださいませ。

【ロザリーはジャルジェ家の小間使い??】
 ロザリーの扱いが大変なことになっている、とお友達からは聞いていたけれど。
 ま、まさかの扱いであった。
 オルタンスお姉様が(たぶん)仰ったのだ! ロザリーは小間使いよ、と!!!
 うっそでしょ~。
 ていうか、ロザリーったら柄もレースもないドレスの上にエプロンかけたような出で立ちで登場。かとおもうと次にはどこへお出かけ?みたいなきれいなドレスで現れて、でもオスカルさまから上着を「頼むよ」とか渡されちゃうのだ。オスカルさまの赤い軍服を抱えながら、ジェローデルが求婚にきたのだよと教えられて、でもオスカルさまへの思慕から幻想シーンへと移る。
 幻想シーンで踊るためのきれいなドレスだったわけよね。
 いや~、それにしてもひどい。
 ばあやが忙しいから何かを手伝うっちゅーなら、分かる。
 でも正式に小間使いにしてはいけません。ちょっとちゃうでしょ?

【笑顔、笑顔のオスカルさま】
 プロローグから、笑顔のまぶしいオスカルさまだった。
 オスカルさまがプロローグといえど、こんなに満面の笑顔でいいのだろうか? と、大好きなコムさんであるにも関わらず思ってしまったのだった。
 なんだか、オスカルさまというよりも、オスカルさまのフィギュア(お人形)のようであった。
 勿論うるわしいのだけれど……。考えすぎだろか?

【ペガサス】
 すごいものを観てしまった。
 スカイステージで放送された、ペガサスお披露目だかという私服のコムさんがペガサスにのるニュース映像も見ていたけれど。
 客席は明るくなるし、オスカルさまを乗せたペガサスちゃんは銀橋の上空高くまで飛ぶので確かに、コムさんと目線がほぼ同じになった気がしましたぞ。
 でも。
 もう、この場面は「ベルばら」ではない。観客サービスタイム、である。
 いかにアンドレが「お前の肖像を見たい」と熱演してくれても、装置自体が失敗だ。
 オスカルさまはこのときも満面の笑顔だ。アルカイックスマイルとは言わないけれど、もう、あんなふうに笑うしかないよね、と思わざるを得ない場面だ。
 
 日比谷シャンテの隣、宝塚劇場の向かいにあった映画館が取り壊されて工事中であるのだが。
 そこにある重機…建設用の大きな車両を見て、友人Hちゃんがのたまった。
 「あれに乗ってきたようなもんよね」

 「ポニー」という愛称がついているそうな、このペガサス。
 確かにポニーだ。
 久しくご無沙汰しているけれど、東京ディ○ニーラン○のゴールデンカルーセルのお馬さんのほうが凛々しい顔立ちなんじゃないだろか。

【ガラスの馬車の馬】
 このお馬さんも、なんだか体が変だ。
 誰かサラブレッドの資料を宝塚歌劇団に送ってあげてください。
 おまけに床の方に細工?して、馬の体が上下するようにしてある。きっぱり動かない方がいいんじゃないかと……。なんだか遊園地の遊具然として、恥ずかしくなってしまった。

【怪しいヤツ、出てこい!】
 パリ進軍前夜、オスカルさまをロザリーが訪ねてくる。
 ジャルジェ夫人やオルタンスお姉様たちが「夜遅いから」と引き取ってしまったあと、1人でオスカルさまのお部屋にやってきたのだ。
 出入り口は扉ではなく布でしきられている。
 気配を察したオスカルさまが、誰何する。怪しいヤツ、出てこいっ と語気荒く言うと
 ロザリーが入ってくるのだ。
 ちょっと変じゃないですか~?
 ロザリー、あなたどうやってお屋敷に入ったのよ。 

【男も女も関係ないから】
 夜遅くオスカルさまを訪ねてきたロザリーは、自分には説得するのは無理だとわかっているけれどでも願わずにはいられない、と、パリ進軍をやめてほしいとオスカルに申し出る。
 そして。
 告白するのだ。
 お慕いしています。オスカルさまが貴族も平民も男も女も関係ないと言ったから云々…。
 男も女も関係ないとオスカルさまが言ったから、ロザリーはオスカルさまを慕うの?
 異議あり!
 
 植田センセー、女の子が憧れる気持ちがおわかりではないのでは?
 おわかりになっているならば、あの台詞は変です。かえてくださ~い。

【声色が変わる?】
 ロザリーに告白されると、お前の気持ちは忘れないよ(…だったかなぁ)と、オスカルさまは応える。
 すぐに(^^;)アンドレとの今宵一夜になるのだけれど、その時と声色が違う!
 かわいらしい女の子(ロザリー)の前では男っぽくふるまい、恋しい男の前ではなよなよとなるという変わり身は女として1番嫌なタイプだ

 ……と、友人Hちゃんが言った。
 私、スゴイ衝撃を受ける。
 そうだった?? 目と耳がハートになっているので、違和感なく見ていたのだけれど……ん~、言われてみればそうだったような(声色が違ったような)気もする。

 お前の妻と呼ばれたいのだ

 という台詞ではなかった、という記憶はあるのだけれど。
 私はこの台詞は大変重要だと思っている。
 
 お前の妻と呼ばれたいのです

 でも、

 あなたの妻と呼ばれたいのだ(呼ばれたいのです)

 でもダメだと思っている。
 オスカルさまは男言葉でなくては。
 ……夢心地で1回見ただけのベルばらなので、記憶違いということも充分ある。
 是非とも、どなたかに教えてもらいたいシーン(台詞)の1つだ。

いかん。
ホントに揚げ足取りばかりになってしまった。
でも正直な感想なんだもの。
今回は辛口感想のみとしてみたい。

……え? はい、続きます(爆)。
 

 

|

« バレエへの憧れ | トップページ | BGM »

「宝塚」カテゴリの記事

「観劇日記」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
幸運なことに、今日観る事ができました~♪
たとえ突っ込みどころ満載の脚本・演出でも
バスティーユのシーンにきたら、なぜかそれまでの不満は消えてしまいました(^^ゞ

貴城アンドレに落ちそうです…

投稿: 月青 | 2006年4月22日 (土) 20時49分

月青さん
お久しぶりです(^^)
うん、私もぎゃーすか言ってますが、コム・水・かしの3並びにうっとりして観劇していましたよ。
スカステとか色々なインタビューでの水さんの「アラン視点」での発言がツボです。
かしドレ、見た目もオスカルへのラブラブ度も申し分ないと思いました。が、とうこさんのアンドレもとっても見たくなっているこのごろです。G・Wに家庭を見捨てるしかないかも??

投稿: 藤娘 | 2006年4月22日 (土) 21時08分

ほんとに(*^^*)
「霧ミラ」でも思いましたが、あの3人の並びは豪華ですよね☆
ほんとはかしげちゃんのジェローデルが見たかったんだけど、アンドレが似合っていたのは意外でした。
なんていうか、今のかしげちゃんの境遇がアンドレの切なさにオーバーラップしてるといったらいいか…
私の中ではベスト3に入るアンドレでした(^-^)
安蘭アンドレは‥写真で我慢します(^^;)

投稿: 月青 | 2006年4月22日 (土) 21時51分

月青さん
おお、「ベスト3」入りですか。
私は…うん、似たような感じかもしれません。
そうそう、かしちゃんはジェローデル役者かなと私も思っていましたよ。水さんはアラン役者かな(^^;)
今まで一緒に雪組でくんできたことがアンドレとしての気持ちに通じると、スカステでお話されていましたよかしちゃんが。

投稿: 藤娘 | 2006年4月22日 (土) 22時33分

いま思い出したのですが
1発目の銃弾で倒れる時の、かしちゃんの倒れ方がとても美しかったんです(^^;)
あんなに美しく倒れるアンドレは初めて見たかも…
もう見られないのが悲しい(;_;)

投稿: 月青 | 2006年4月23日 (日) 13時01分

月青さん
あう、そこまでの記憶はありませんでした、残念。
そっか~、倒れ方ねぇ、重要ですねぇ。
う~ん考え始めると楽しいというか苦しいというか。
モーソーの 種は尽きまじ ベルばら役者
            ……オソマツっ

投稿: 藤娘 | 2006年4月23日 (日) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/9675229

この記事へのトラックバック一覧です: 雪ベルばらにもの申す!:

« バレエへの憧れ | トップページ | BGM »