« 役員放浪記【中学校篇・11】 | トップページ | 息子のいない間に »

修学旅行

本日から息子が修学旅行で関西方面へ。
東京駅に朝の6時半に集合とかで…
ひとつ離れた駅に、朝の4時半に集合でした(班ごとに行動するのだそうで、点呼?は東京駅にて行われる模様)。
なぜに5時2分の電車に乗るのに、4時半に集合なのだか…

ぶつぶつ親が言っても始まりません。
寝坊したらえらいこっちゃと、夕べから行動が早い我が家でした。
(普段が信じられないくらい遅い。 とも、いふ…)

まず昨日。
次女のバレエの送迎があろうとも。
長女の塾の送迎があろうとも。
頑張って夕飯をさっさか作り、お風呂を沸かし。

午後9時半には子供全員が夕食と入浴をおえていました。
まだ9時半なんだ~ と、口々にいう子供たち。
(次女がバレエから帰宅したのが午後7時、長女が塾から帰宅したのが午後8時過ぎということを考慮して頂ければと思います^^;)

就寝時には。
息子に目覚まし時計のセットを忘れないように言うのは勿論、私たち夫婦も時計のセットを忘れずに。念のため、電話機にあるモーニングコール機能も初めて使ってみました。

で、めでたく寝坊することなく起床。
新幹線内で食事(弁当)が出るから家では食べないと言っていた息子は、カップスープだけ飲んで出かけて…というか、オットが車で駅まで送っていきました。
切符は前日に学校で手渡されています。
2泊3日分の荷物が入ったバッグも、前日、宅配の発送を終えています(便利なようであり、「そんなことでいいのか?」という思いもありますねぇ。帰路も、宅急便を利用するそうです)。

本日は、USJを初体験したはずです。
「(生徒の)みんながいい子にしていたらUSJ。悪い子だったら水族館」
と先生に言われたそうで、でも息子の行きたいのは「水族館」でした。
明日は班行動で、移動も電車やバスを利用するようです。息子の班は金閣寺や清水寺だそうです。
宿泊施設内での班の責任者である「室長」になってしまったと頭をかかえていた息子ですが、慣れない土地を移動するときの「班長」よりはよっぽどあんたに向いている、と発言した私たち夫婦…。

はてさて、楽しい体験になるとよいのですが。
お天気、ぐずついてますよねぇ。
とかいいながら。
食い扶持が1人いないだけで、ちょっと気楽になっている私でした。お肉を買い足さないでもハンバーグが作れそう(足りそう)なのですもの、主婦は嬉しいですよねっ。

|

« 役員放浪記【中学校篇・11】 | トップページ | 息子のいない間に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

修学旅行ですか、懐かしい〜♪
確かに集合時間って腑に落ちないですよね^^;
考えてみれば、私たち(藤娘さんもそうだったと思いますが)が通っていたT中学の修学旅行の時に、
「いいかぁ!新幹線はお前らを待ってはくれないんだ!」と、炎天下の校庭に新幹線の絵を描き、何度乗り込む練習をしたことか・・・。
ホームで校歌歌わされたり。
いや〜、ひどい中学でした(笑)。
今って荷物を送っちゃうんですか?!
すごい時代ですね〜。

投稿: にぼ | 2006年5月 9日 (火) 21時19分

にぼさん
午前4時半の集合時間は息子達の班で決めたことだから、「子供って…!」という感じですねぇ(^^;)
絵に描いた新幹線に乗り込む練習は、私記憶がありません。たぶんやってない、と思うんですけど……。すごい練習ですね(-_-;)
現地で歌うからと「大地讃頌」を練習したのに、歌わなかったことは覚えてマス。旅行自体の思い出は…記憶にありません(笑) 

投稿: 藤娘 | 2006年5月10日 (水) 19時52分

確か新幹線に乗る練習(書いているだけで恥ずかしい)は、私達の学年だけだったかもしれません。T中は私が通っていたころはニュースステーションに生徒手帳が出たくらい、体罰の厳しい学校でした。なぁーーーーんにも思い出ありません(笑)。
藤娘さんの時には「佐々木小次郎先生」いらっしゃいました?

投稿: にぼ | 2006年5月10日 (水) 23時39分

にぼさん
にぼさんの時代でもそんなに体罰厳しかったの??
私の時代にも暴力とか…ちょっと色々聞きましたが…
でも楽しい先生も、素敵な部活の先輩(同性^^;)もそれなりにいましたね。
佐々木小次郎先生って本名? 
って思っちゃうところからして私は門外漢かも(^_^;)

投稿: 藤娘 | 2006年5月11日 (木) 23時00分

今頃読ませていただいて驚いています。4時半とは大変でしたね。うちのほうは東京駅まで京葉線で8分の駅からそう遠くないので、そう早くはありませんでした。もう1年たつのだなあ。PTA本部役員と学級役員は「見送り」「出迎え」をできればする、ということで、東京駅までどちらも行きました。ちょうどクビになってたので、時間は余裕があってよかったです。
荷物は、行きは宅配便だけど、帰りは、おみやげもあることだし、自分できちんと持って帰ることも重要、というので帰りは全部持ってました。

にぼさんの「新幹線に乗る練習」というのは驚きました。校庭に絵を描いて、どうやって練習するんだろう。座席表まで描くのかな…。先生も大変ですね。そんなことしなくてもちゃんと乗れるでしょうに…。どこがどうご心配だったのだかが謎ですね。

非常に珍しいことに、「学年全員参加」で、欠席もいず、不登校気味だった子もちゃんと来て、事故や怪我や急病もひとりもなく、無事に帰ってきた、ということで驚かれていました。絶対にひとりは具合が悪くなって先に帰ったり、たまたま体調が悪くて欠席したり、ということがあるものだそうですが。藤娘さんの学校でも、事故なく無事にみなさん帰ってこられたのだといいなあ、と思っています。

投稿: 明日香 | 2006年5月28日 (日) 19時05分

明日香さん
「全員参加」って難しいことなのですね。
しっかり確認はしていませんが、事故無く帰ってきました。雨も大して降られなかったようで修学旅行を満喫してきたようです。
事前の計画をたてたとはいえ、5~6人の班だけで自由に行動しお昼には京都駅あたりでうどん、とか、喫茶店(甘味処?)にも入ったとか、私が羨ましいくらいでした。

投稿: 藤娘 | 2006年5月29日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/9989491

この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行:

« 役員放浪記【中学校篇・11】 | トップページ | 息子のいない間に »