« DVDの山 | トップページ | のみかーい »

ちょっとした?一言

2人で組んで仕事をしていて。
本当なら自分がやるべきことを、組んでいるもう1人にやってもらった時。
お互い様、ということは承知だけれど。

 ありがとう

の一言はいいたくなる。
言われると嬉しいものだし。

で、今日、助けてもらったので 「どうもです~」 と軽いノリで言った。
言われたMさん、 
 そんな~。お互いさまじゃないですか、一々そんなお礼だなんていいのに。
と。
こちらはへりくだったりかしこまっているつもりはなく、純粋に感謝の気持ちを述べただけなので「一言くらいいわせてね」と返した。
…返したけれど。
私、丁寧すぎる?
でも、ありがとうの一言って嬉しいよね。

家族相手でも。
夫に麦茶をついでもらっても、子供に当然のお手伝いとして何かをやってもらっても。
なるべく「ありがとう」を言うようにしている。助かったわ、とか。

結婚してから。
実家で食事やお風呂をもらったり、子供をみてもらった時に、ごちそうさまとかお世話になりました、と帰り際に挨拶をしていく。
字面だけだとかしこまっているけれど、別に三つ指ついて深々とお辞儀をしているわけではない。玄関で靴を履きながら、とか、自動車に乗り込んでから窓をあけて、というシチュエーション。
自分からそのことを披露したわけではないけれど、義母と話している時にその話題に及んだ。
義母は目を丸くして、
 随分他人行儀なのねーー!
と驚いていた。

夫は、自分の実家に帰ると、親戚が尋ねてきても自室から出て行かない。義父母も息子を呼んで挨拶させようという気配はない。
私はとっても落ち着かない。
間違っている、と思う。
挨拶くらいはすべきだ。

習慣の違いというべきか。

|

« DVDの山 | トップページ | のみかーい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

藤娘さんの気持ち、とーってもよくわかる。
私も常々同じ気持ちを味わっていたから。
自分の普通を相手にも押し付けようとは思わないけど、
でもね~~、なんだかなぁ…って思っちゃうよね。
せめて自分の子どもたちにはそういう言葉が自然に出てくるように育ってほしいと思いますね。

投稿: さくら | 2006年6月17日 (土) 10時13分

さくらさん
共感していただけて嬉しいです。
そうですよね、「自然に」言えるのって素敵ですよね。
かしこまりすぎて、言いたい一言も言えないことが度々あります、私。素直に気持ちを述べればいいとは思うのですけどね。
義母と夫のやりとりは、特に聞いていていやになること多し、です(^^;)

投稿: 藤娘 | 2006年6月17日 (土) 23時51分

「他人行儀」なんて思う方がどうかしてますね…。
挨拶に出てこない、という習慣もどうかと思います。
私的には藤娘さんのほうの感覚だし、私の周りはどこもそうだと思うな…。私も実家に行ったらそうするし。

タクシーに乗って、降りるときに「ありがとうございました」というのは何となく自然にそうしてきたのですが、子供も言っています。以前、学校でみなでどこかへ行ったとき、観光バスの運転手さんに、「ありがとうございました」と言っていたと先生にほめられたのですが、タクシーのせいかも知れません。そういうちょっとしたことって、大切ですよね。今、高校でも、「よく挨拶する気持ちのいいお子さんです」とは言われました。成績は…なんだけど…。今度頑張ってね…。スポーツ推薦はやっぱり不利だなあ。話がそれました。すみません。

投稿: 明日香 | 2006年6月18日 (日) 19時57分

明日香さん
挨拶に出向かないオットと呼ばない義父母には大変落胆いたしました。
違う場面では挨拶にうるさい義父母なので…。

挨拶って習慣がものをいいますよね。
私自身、ちょっと心許ない人間です。

スポーツ推薦、いいじゃないですか。素晴らしい才能ですし
お母さんとしての明日香さんのつぶやき、思わず笑ってしまいました(^^)

投稿: 藤娘 | 2006年6月19日 (月) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/10554899

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした?一言:

« DVDの山 | トップページ | のみかーい »