« ドラマ視聴 「介護エトワール」 | トップページ | 待ってました! »

観劇 「PINK」

F10100572 日曜日。
恵比寿にあるエコー劇場で公演されていた

 「PINK」

を観劇してきました。
大好きな役者さん、宮内良さまがご出演の舞台の千秋楽。
マチネ(昼公演)とソワレ(夜公演)の両方を観劇。
画像は、劇場入り口にあった看板です。なんだかアングラな雰囲気?? でも熱気が伝わってくる気がします(*^_^*)

今回は再演です。
初演時も私は千秋楽公演を観劇しているのでどこかに記事があるはず、と思ってカテゴリーから探してみましたら、去年の10月2日に観劇していました。ほんとにほぼ1年ぶりなのですね。
去年の初演は1回しか見ることが出来ず、ショーゲキに陶酔し(笑)、今回は1回にはしたくないと思い、連続2公演を観たわけですが。ファン仲間も自然と集まり、観劇前・幕間・観劇後と色々お話もし、同じ所にきゃいきゃい言い、新たな発見もし、と最高に楽しい時間を過ごしました。

以下はコワレ日記です。

さて、千秋楽のマチネ。
約1時間前に劇場前に到着した私「達」は、1番のりではありませんでしたが全席自由の客席で座りたい席を選び放題(勿論お行儀の悪いことはいたしません)でした。
初日があいてすぐに観劇したお友達が「楽しいことがおこる」(でも教えてくださる当人は座らないところがミソ)という席に、友人ら3人…って一体何名の団体様なのでしょ…と陣取りました。
最前列、下手寄りの席です。
この最前列、「もしかして臨時に出した席?」と思うくらい、舞台に近いです。
席に座った状態で腕をのばすと舞台にさわれます。
愛しの(きゃ~言っちゃった)宮内さんは長身で、2部のショーではハイヒールもはかれる筈だからホントに見上げることになっちゃう。近すぎて、恥ずかしくて顔を上げられないかもしれないよ? それより宮内さんが反対側(上手とか)に行っちゃったら、頭も動かさないと目で追えない。ほかの出演者さんの手前、そんなことができるかなぁ? などなど、3人で心配していたのですが。

ホント、近かったです。
幕開き、出演者さんたちが舞台中央やや奥のほうに並んでいるのですが。
それで充分、近すぎます。
前方に出てきたり、そのかたにスポットが当たろうものならおこぼれの光りで私達も充分照らされてしまいます。Gパンだった私は膝が開かないように、とか、目がハートになるのはとめられませんが口がだらしなくあいていないかと時折我に返って……いたのは、最初のうちだけかもしれません(笑)
目の動きまでもがよく見える席で、大好きな宮内さんを堪能させていただきました。
その最大の収穫が、バーのママとなった宮内さんとそこへ訪ねてきた根本さんが「外へ出ろ」とにらみ合いになるシーン。
2人は長々と対峙しているのですが、身じろぎしなければ視線も外さない。
下手寄りの席の私からは、丁度宮内さんのお顔どころか、目が、前髪に邪魔されることもなくしっかり見えたのでした。
あの、色々な感情を物語る瞳。
苦悩に美しくひきゆがんだ貌。
あの席に座ってよかったです。

2部になると男性出演者さんたちは華やかなドレスを何着も着ます。

1着目の、オレンジが基調?の幾何学模様…ギザギザ模様?の裾ズリズリドレスも、裾を踏むことなく着こなしてらっしゃいました。ちゃんとウェストがある! くびれている! ことに感動(ああ~これってオヤジな視線? おばちゃまな視線??)。なぜにあんな身体のラインが出るのでしょう。

2着目は思いきりなミニ丈でした。
宮内さんのおみ足は、去年も見とれましたが今年もお綺麗でございました。
オレンジ色のチュチュみたいなドレスに小さなティアラつきの金髪のかつらは、宝塚の花總まりさん並にお似合いでございました。

3着目?だったかな~、それ以降は正確な数は数えられませんが、ミニ丈よりもひざくらいのところで裾がひらひらとしているドレスのほうが、なんだか視線が引き寄せられますね。表情(お化粧もですが)、指の先から足の先まで動きがキレイで脚線美ときては、どこ見ましょうといった感じです。
お顔に見とれているとドレス見ていない、とか、視野が狭い私でした。

そうそう、「あることが起きる」という席でしたが、マチネでは起こらなかったのでした。
ホッとしたような、残念なような。
でも最前列での幸せは十分に味わったので、ソワレは舞台全体を見渡せる後方の席にしました。そこでもファンには幸せが待っていたのです、ウフ。

なんだかきれいなおねいちゃんを愛でるおじちゃんのようなことばかりですが、今日はこのへんで。
ソワレ公演での幸せと、全体の感想は明日の記事にしたいと思います(ホントに書くのか? 去年は「まっとうなことは明日以降」と書いたまま。それっきりにしたのよねぇ~)。

|

« ドラマ視聴 「介護エトワール」 | トップページ | 待ってました! »

「観劇日記」カテゴリの記事

コメント

最前列下手席をお勧めしながら、決して自分では座ろうとしなかったのは私です(^^;
勇気アル行動(笑)に大拍手だったのに、ちょっと残念でしたねぇ。

根本さんと対峙する場面の緊迫した表情すてきでしたよね。
あの席からだと間近に観ることができたのですね。
わぁ、それは羨ましい!
でもやっぱり緊張してあそこには座れないですがσ(^^;

ソワレ公演の幸せのお裾分けと感想、楽しみにしていますので是非書いて下さいね~(*^^*)

投稿: ユウ・K | 2006年9月26日 (火) 11時00分

ユウ・Kさん
勧めてもらわなければ(そして一緒に座るという仲間がいなければ)なかなか座らない席でしたね。
そう、根本さんと対峙した時の宮内さんのおめめ、素敵でございました。
ナリスさまとか、伯爵とか、グルグルしてしまいました~(*^_^*)

投稿: 藤娘 | 2006年9月29日 (金) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/12041076

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇 「PINK」:

« ドラマ視聴 「介護エトワール」 | トップページ | 待ってました! »