« 母のお菓子 | トップページ | かしちゃん、退団! »

お友達になる手順

関西に住む妹一家が、
旦那様の栄転に伴い、引っ越しました。
都落ちみたいだよと、住み慣れる地を離れるからでしょうかそんなことを言っていました。
(新神戸駅から車で10分くらいの所に住んでいたので、どこに行っても都落ち感は否めないかもですが^^;)

上の子どもが小学校に上がったばかりの7月に引っ越しとなったので、ちょっと可哀想……と思ったのは大人だけで、子どもは子どもなりに順応しているようで安心しました。
さて、知り合いもいない見知らぬ土地に移り住んで。
妹がはたと思ったことの一つが、子どものお友達作りであったようです。

小学校の通学班のお世話役(PTAのなにかの委員さんかもしれませんが)さんに、
(子どもの)お友達に遊びに来てもらうにはどうしているのですか
と尋ねたところ、
まずは、遊びに来てくださいという旨の手紙を親御さんに渡しているわよ
と答えが返ってきたそうで。

聞いていた私はびっくり。
手紙~?
昔の上流社会じゃあるまいし、手紙ですか??
なんだか堅苦しそう~~
……とか思いましたが口に出さず。
皆さんがそうしているということらしいので、妹はならうことにしたそうです。
手紙の後にどういう手順をふむのかは聞きませんでした。

郷に入っては、とは言いますが、母親は気苦労がつきものですね。
私自身も、子どもが幼いうちは、子どものお友達のお母さんが私のお友達、みたいな感じでしたから……

いえ、違います。
今でもそうです。
子どもの色々…幼稚園やら学校やら習い事やら…を通してお母さん友達と知り合い、輪が広がって、長く付き合う人もあり、気が合わない人もあり、で今に至っています。
自分自身で開拓(^^;)したお友達もいますけれどね。

夏休みに妹たちに会ったとき、笑いながら色々な話を聞けたのは安心できて嬉しいことでした。
転勤のシーズン……は一段落したのかな? 他の所でも旦那様の転勤で、というお友達もいましたし、私は心配したり心の中で応援したりするくらいしかできませんが、新しい土地で楽しい輪が広がることを願っています。

お引っ越しした皆様、頑張って~~~~!!

|

« 母のお菓子 | トップページ | かしちゃん、退団! »

「育児」カテゴリの記事

コメント

はい頑張ります(笑)

お友達を家に呼ぶだけなのになんだか面倒そうなお話ですね(^^;
家に来てもらうのに手紙を書くのなら、お邪魔する時はどうすればいいのでしょう?
…と次の転勤先が関西だった場合を考えてしまう(^^;;;やっぱり単身赴任かな(爆)

投稿: 月青 | 2006年9月 5日 (火) 10時44分

月青さん
子どもが幼稚園生だったら親同士が会う機会もあるのでしょうが、小学生だからお手紙(子ども経由で渡すらしい)なのかもしれませんね。電話番号もわからないし(^^;)
大劇場に近かったら住んでみたい…気もする私です。
私の場合、転勤はありえないですけれど。

投稿: 藤娘 | 2006年9月 5日 (火) 16時35分

頑張れなくて
図書館の主になっていた<小・中学校時代…
引越し暦は既に17・8回…
そのおかげでの本の虫が
今の私の基本にもなったので
結果はOK
人生色々な道もありますよぉ

投稿: | 2006年9月 5日 (火) 19時35分

恵さん
「頑張れ」って不適切だったでしょうか(汗)
……読み返してみると、友達作りに励めと読めますね、私の記事(^^;)

本の世界でも空想の世界でもお友達作りでも、何か「前向きに好き」なものができればいいなぁと思っての記事ですので、くみとっていただければ嬉しいです(^^;)

私はすぐに誰とでも仲良くというタイプじゃない、という表現では足りないくらい、人見知りで緊張魔です。
順応?しているように見える姪っ子たちも、幼い心に何かを受け止めているかもしれないし、妹も葛藤をかかえているかもしれませんし、そうであって当然とも思います。
嫌だ、辛いという負の考え方に支配されていなければ、何かしら道が開けたり先に繋がったりすると思います。…ので、そうあってほしいと思ったのでした。

投稿: 藤娘 | 2006年9月 6日 (水) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/11765127

この記事へのトラックバック一覧です: お友達になる手順:

« 母のお菓子 | トップページ | かしちゃん、退団! »