« お菓子教室・その2 | トップページ | ドラマ視聴 「介護エトワール」 »

テレビ視聴 「養老先生に聞いてみよう・人生への疑問」

(NHKの)ハイビジョン特集、
   養老先生に聞いてみよう・人生への疑問

を視聴。
家事をしながらのながら見になってしまったけれど、忘れずに見られました。
いくつかのテーマごとにあらかじめ相談を募っておいて、養老猛さんが一刀両断的に、でも優しくユーモアをもって真面目に(^^;)答える……という番組なのかな?

朝は1番に起床してご飯を作って家族を(会社や学校へ)送り出し、同居している義母の面倒もみて、パートにも行き、急いで帰宅して家事をする。愛する家族のために尽くしてきたけれど、気がつけば成人した娘達は食事の用意も手伝わない。夫もねぎらってくれない。自分のもやもやした気持ちをぶつけようとしたけれど、帰宅した夫の疲れた顔を見たら何も言えない……
という主婦の悩みに

 家族だけを支えにするな。世間は大きく動いている。

というのがお答え。
家族を心の支えにするのはいいけれど、それ「だけ」ではいけないのだと。

ほかにも、

 個性は作らなくても探さなくても、最初から備わっている
 (同じ実験をして論文を書こうとしても、論文はまったく同じにならない。
 稽古事などで「先生の真似をしろ」と習っても自ずと違いがでてくる。
 つまりそれが個性)
 
 創造性は仕事の中に見いだせ
 (変わったこと イコール 創造性というものではない)

 子育てには心をかけて、手をかけすぎない

などなど、身に覚え有りみたいなお悩みに対して明快なお答えが次々と。
中でも養老先生、ブラボー! と思ったのが、

 価値観なんて屁みたいなものだ

という言葉(養老先生はクイズ番組によくでてくる板みたいなものにマジックでさらさらと書いて提示してから説明を加えるのでした)。
夫婦で価値観が違うのがわかったけれどこの先やっていけるのかとかいう相談に対しての言葉でしたが、
価値観は不変ではない。
のだそうで。

私が結婚する時女子の間で末席だったこともあり、年の近い先輩方からどうして結婚に踏み切るのかと何度も聞かれて往生したことがあります。
価値観が一緒なの? と切り込んできた切れ者で通っていた先輩もいて、当時芸能人も誰も彼も「価値観」と連呼していてうるさいなぁ~、とひねくれ者の後輩は思った過去があるのでした(笑)

んで、養老先生によりますと。
夫婦の価値観は90度、方向性が違うといいそうです。
するとベクトルが45度の方向に強く働くから(^^)
180度違ってしまうと衝突するだけで、結局はゼロになるから生産的でない、とも。

養老先生の話も深くて面白かったのですが。
進行?の麻木さんと爆笑問題の太田さんがすごいいい味。
太田さんの高校時代の話も凄かったし(友人が1人もいない3年間。登校したくないけれど休むと誰かに悪口言われるのじゃないかと1日も休まなかった、そう)、麻木さんの進行ぶりも気持ちがよかった。台本なのかもしれないけれど、実はね、と1年半、子どもの英才教育に没頭したことがあると話し出したり、養老先生と太田さんの話の展開ぶりに「もうまとめない」って笑ったり。

是非、第2弾を見たい番組でした。
 

 

 

|

« お菓子教室・その2 | トップページ | ドラマ視聴 「介護エトワール」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/11990047

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ視聴 「養老先生に聞いてみよう・人生への疑問」:

« お菓子教室・その2 | トップページ | ドラマ視聴 「介護エトワール」 »