« チームワーク | トップページ | 花束は誰から? »

観劇 「AKURO」

「AKURO」を観てきました。
久しぶりのサンシャイン劇場……あろうことか迷い、開演に間に合わないかと。
おまけに2階席は遠いですね。
物販やお花でにぎやかなロビーから遠ざかることったら。
初めてではないのですが(踊り場に飾ってある舞台写真、見たことありますしね)、階段のぼっているうちに寂しくなっちゃいました。

大好きな駒田一さんと、これまた好きな彩輝なおさんの出る舞台。
チラシを見たくらいの、予備知識ゼロで観劇しました。

やっぱりチケットとってよかった、来てよかったと思える舞台でした。
こういう熱さ、大好きです。

実は出かけるのがとても億劫で、オットにチケットを譲ろうかと直前まで迷っていたのです。
鬱とかの初期症状?なんて疑っていたのですが、元気ももらえました。

始まったばかりの舞台、以下はネタバレありますので、ご注意くださいませ。

まず扮装にびっくり。
私、チラシ(ポスター?)の出演者さんたちをイメージしていたので、駒田さんのファントムもかくやというメイクに……。
っぽくていいのかもしれませんが、美しい駒田さんも拝見したかったな~。

というのは、ファンならではの「あれもこれも」という欲張りなつぶやきにすぎないので。
素敵だったですよ。
お笑いがないということでしたが、ちょびっとだけありますし。
大まじめな役の駒田さん、好きです!
本当は大和との平和な暮らしを望んでいる。でも血気盛んな仲間の前では言えない。
ともすると、気弱な人間の夢物語に聞こえてしまう台詞だったり人物設定だと思うのですが、駒田さんにはそんな心配必要なし!
貫禄充分、力強い信念をもっている不屈の男でした。

宝塚退団後の彩輝さんの舞台を見るのは初めてでした。
美しくて凛とした姿、めしいて弱々しい姿、希望を取り戻していく様……
お美しいです。
幕切れ、赤ん坊を抱いている彩輝さんはにっこりとは微笑まないんですよね。それが、繰り広げられた戦いの深さを語っているように感じました。

開演前・1幕終了後・終演のアナウンスは小さな女の子でした。
姫役の小さな女優さんの声なのでしょうか?
素直に「はい」って従いたくなるし、ほっこりしますね。アナウンスの度に、場内がなごんでいました。
劇中に登場するのはほんの1場面。
舞台中央に出てきて「ははうえさま~」(だったかな?)と手を振る。
それだけなのですが、きゃ~ん、おばさんこういうの弱いのよ(;_;) 状態でした。

信じなければ
と語りかけてくる歌、芝居でした。
世の中には疑いと競争と支配欲。戦いはなくならない。
でも信じなければ何も変わらない。
とてもストレートに語りかけていると思うのに、全然青臭くない。
プロの脚本家・演出家・役者さんたちに感心するのは失礼とは思いますが、見ていて思わず握り拳になってそうだそうだと頷きたくなる、そんな作品です。

次回は千秋楽を観ます。
ロビーではDVDの予約を受け付けていました。会場で偶然会ったお友達に教えてもらい、休憩時間に申し込みしてきました。ちゃんとお小遣いを持ってきていてよかったです(笑)
タオルハンカチ、次回もあったら買ってしまおうかしら?(^^)

|

« チームワーク | トップページ | 花束は誰から? »

「観劇日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/12369278

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇 「AKURO」:

« チームワーク | トップページ | 花束は誰から? »