« いちじくのコンポート | トップページ | 高校説明会 »

ムシコワイ

田舎から自動車で帰ってきた両親が、
おばの畑でとれた沢山の野菜を持ってきてくれました。

大根3本、水菜、ほうれん草、大きな白菜、大きなかぶ……

冷蔵庫が満杯です!
しなびない内に食べなくちゃ! 
と、おとといはおなべ。
きのうは、これまたお土産の立派なあじの開き。
今日もおなべ!
続くけど、いいの! 大根と白菜を同時に消費するメニューはおなべしか私の中にない! と、準備をし始めたのですが。

おとといは表面から順にむいてつかった白菜でしたが、今日は標準サイズ?にまでなった白菜を縦に2つに……

割ったところ、みみずみたいな色とつやの芋虫?がっっっっっっっ

思いがけなかったので、包丁をまな板の上に放り出し、ぎゃーぎゃーと叫びました。
すぐに長女がすっとんできてくれましたが、説明するどころではありません。
鳥肌がたって、こわくて、気持ち悪くて、ぎゃーとかわーとかう~という声しか出ません。
だってだって、娘に説明したら鮮明にさっきの光景が浮かんできますもの。そんなのイヤ。説明したくない。思い出したくない(爆)
もうすぐで包丁でまっぷたつにするところだったんですよ。
赤くてぬるぬる(たぶん)、けっこう太かったそれは、一瞬ポロッとまないたの上にこぼれそうになりながら、ものすごい速さで白菜の葉の間にかくれてしまいました。

どーするの?
この白菜、おとといは食べたよ?
虫が付いているということは無農薬の証、おいしさの証拠なんだから洗って食べればいいんだよ。
自問自答する私。
ああ、でもでもっ

おばさん、ごめんなさい。
と心の中で強く念じて、虫が隠れてしまった左半分を新聞紙に包み、袋にいれました。

右半分は食べよう。
虫が歩いたかもしれないけど、洗えばいいんだからさ!
と自分に言い聞かせ、ドキドキしながら包丁とまな板を洗い(洗わないと作業を続行できず)、虫の糞がついていないかな?と観察しながらざくり、ざくりと切っていき……
いないよね? ないよね? 
あ~よかっ……

た、と胸をなで下ろそうとした時。
切り終わった部分の葉に、短いけれど赤くてつやつやの物体がっっっっっっっ

包丁放り出して、ひとしきりぎゃーぎゃーと叫びました。
叫ばないとやってられません。
長女がまたすっとんできてくれましたが、呆れてます。
もうだめ。
煮るから消毒したも一緒だよと思っても、だめです。

包丁とまないたを洗剤で洗って、わかした熱湯をかけて。

しょうがない、いれるつもりはなかったけれど白菜の代打はほうれん草。
と、ほうれん草を出したのですが。
こ、これにもちっちゃな青い虫さんが。

私には無農薬野菜を食べる資格がありません。
おばさん、本当にごめんなさい。
農薬ばりばりの、体に悪い野菜を食べて生きていきます。

|

« いちじくのコンポート | トップページ | 高校説明会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/12724548

この記事へのトラックバック一覧です: ムシコワイ:

« いちじくのコンポート | トップページ | 高校説明会 »