« いちじくのコンポート | トップページ | 母として »

役員放浪記【中学校篇・16】

中学校にて会議があったので出席してきました。
本日の会議は、学校の先生方はじめPTA本部役員さんたち、専門部の委員長やらが集う「常任委員会」です。
(因みに私は火曜日にも我が委員会の仕事で中学に行ってきたばかりですが)

活動報告や予定を発表して、事務連絡などなどがありました。

……わたくし、疲れております。

火曜日に私が学校に行ったのは、12月に我が委員会主催のバスレクがありまして、申し込み者の集計のためでした。
バスレクなので、最小必要人員数がありまして。
なんと、半分!
20数名、足りません。
担当委員さんたちに頑張ってもらって口コミで人を集めてもらうところなのですが、
友達いないしぃ~ なんて軽口たたくならまだまし。 しーーーーん と静まりかえる担当委員さんたちを前に、副委員長とため息つきたくなりました。

落ち込んでいても仕方ないから、とにかく声かけだよ! と自分にハッパをかけまして。
今日の常任委員会でも、会長から「強力に声かけほしいんだよね?」と助け船を出していただき、お願いしてきました。

我が委員会担当の副会長さんがいらっしゃいまして。
色々気にかけてくださるのだけれど、いちいちピントがずれていて、実際にお力になっていただいたことがありません。
最初の講習には、
いらしてくださらなくて大丈夫ですよとこちらが言っているのに、いえなんとしても顔を出しますよと言い続け……
当日、「娘の発表会だったことを失念していました」と電話が。
先日のコーラスも、参加者にご挨拶してくださるのかと思いきや現れず、お茶会にも打ち上げもお仕事が入り(仕方ないですけれど)
今回のバスレクも、人数がまったく足りないと連絡してからやっと「申し込みます」……
お仕事を持っていらっしゃる男性(あんまり女性男性と分けたくないですが)ですから、事情がおありでしょう。
無理なときは無理でいいんですよ。
でも、行きます・やります・どうですか? と発言だけはお元気で、実際には……
普通の会議にも、毎回差し入れのお菓子を持参してくださるのは有り難いですが(本音を言うと、その場で食べないといけない生菓子を毎回持ってこられても時間のロスでつらい)、仕事がのびた・渋滞している等々、会議が終わって随分してからかけつけてこられ、それを暇でもない主婦がじっと学校で待っていた、なんてことも。 
気にもかけてもらえないよりはましかなとは思うんですけれどね。

このご時世に、平日の朝から午後遅くまで丸一日バスに乗ってどこかへレクに出かけようというのが無理があるのかもしれません。
……あると思っていたのですが、連綿と続いてきた恒例行事を新米委員長が簡単に変更する術も知らず、計画して動いてきたわけです(笑)

声をかけてみると、「その曜日は…」とか、「行きたいけど一緒に申し込む友人が見つからない」という声も聞こえてきて、潜在的な需要??はあることは感じられるのですが、簡単にはいきませんね。
来年は根回しをして違う種類の活動に変えさせてもらおうと、強く思ったのでした(^^;)
(私が委員長をする・しないに関わらず、ですね)

ついでに。
私は3年生の息子の学年の委員ということで動いておりまして。
3年生となると、謝恩会もお仕事の内です。
なんと、同じクラスから私を含めて3人が常任委員会に出席しておりまして(つまり、異なる委員会の長が3人、同じクラスに在籍ということです)、謝恩会のことについても打ち合わせをしてきました。
私のクラスは、先生や来賓に出す招待状の係なのです。手分けして値段や材質を調べてあったのですが、招待状をどんなデザインのものにするか、しかもお安く・簡単に作成するにはどれが1番か? と、相談を。

ついでのついでに、受験情報なども交換。

受験生の母も大変ですが、受験生も大変です。
もうすぐ業者テストがあって(埼玉県の子どもはこれを受けないと偏差値が判明せず、私立高校の相談会には必須。3年生になってからは毎月受けています)、来週には定期試験。実力テストもあるとか。
……体と心を壊さぬ程度に頑張ってほしいものです……

|

« いちじくのコンポート | トップページ | 母として »

「役員体験記」カテゴリの記事

コメント

なにかと大変そうですね…
スタジオのお母様方はかなり頑張ってくれてますが、他ではそうはいかないみたいですね(σσ)...

投稿: まや | 2006年11月10日 (金) 00時26分

まやさん
こちらへのコメントありがとうございます(^^)
中学校の役員、友人たちと打ち合わせて長副になったこともあり、本部役員さんたちもすばらしく学校の先生も協力的で、我が校はかーなーり!チームワークのよい学校です(^^)
……ただ。
総勢27人くらいの委員会になりますと、温度の低い人って何人かいらっしゃるものなんです(^^;) 
くじ引きで委員になってしまって、そのマイナスイメージから脱却できずに後ろ向きで参加してくるひともいますし。
活動をしていく内にうちとけて頑張ってくれたりするんですけれどね~。

スタジオを見習って、懇親会が最初にあると違うのかもしれません(^^;)

投稿: 藤娘 | 2006年11月10日 (金) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/12621594

この記事へのトラックバック一覧です: 役員放浪記【中学校篇・16】:

« いちじくのコンポート | トップページ | 母として »