« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

テレビ視聴 「黄金の刻~愛と永遠の絆~」

気ばかり焦って何も手に着かない大晦日。

みんなのうた懐かしいねぇと見ていたNHKのBS2。

気がついたら彩輝なお様がっ。

 世界劇 「黄金の刻~愛と永遠の絆~」  でした。

結局3時間、観てしまいました(^^;)

劇場で観たかったなぁ。迫力があって、凄かったでしょうね。テレビを視聴していてすら凄いんですから。
本を読まない私には「安寿と厨子王」なのですが、これって「山椒大夫」なのかな?
錬金術みたいな機械もでてきたので脚色はあるのでしょうけど、よかった!
ダレン・リーさんはメイクのせいでカーテンコールの時もお顔の表情がわからずちょっと残念。
彩輝さまはお美しかった~!
あの色気のある美貌が、宝塚においてはちょっと足かせになっていたというか、似合う役に恵まれなくてはがゆい感じがしましたが、退団してからは武器になっていると思えるのが嬉しい。CM出演も多いしね。
厨子王が、少年から大人になった時に当然ながらも声が変わったのがさすが!
やっぱりこれは元ジェンヌならでは。
常盤貴子ちゃんと並んで絵のように美しいのは彩輝さまならでは(*^_^*)

家事をほっぽり出したかいがありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事納め

きっかけは求人広告とタイミング。

というわけで、人生初めての接客業に足を踏み入れました。
遊園地の一画で、チケットのもぎり(のようなもの)、アトラクションの説明、写真撮影作業もあるので盛り上げる声かけとパソコン操作、1日の終わりには売上げ計算まで。
色々バラエティに富んでいて、退屈しているひまはありません。

接客のお手本が、私より10以上年下の若い先輩方ばかりなためか、高めの声できゃぴきゃぴとなってしまいます。
年齢不相応かな~、大人な応対ってどうだろ? と手探りでやってみるのだけれど、それだと暗くなってしまって、我ながらNG。

それなら明るくいきましょか、なんて考えているひまもなく。
くるくると働いてまいりました。
声もかれそうです。
大晦日、元旦と休んだらまた出勤です。

さ~て、ほっぽらかしてある家の中をどうにかして年を越さないとね。
どうでも年は越しちゃうんですけれどね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビックリ仰天な旅行会社

中学校のPTAで、保護者対象の行事を行う委員会の長をしています
……とは、幾度となくブログに書いてきたのでしたが。

12月に、バス利用でどこかにでかけ、何かをお勉強しながらどこかでおいしいランチもする企画を、と(毎年そういう行事を開催しているのです。慣例にならったわけですね)、主婦が頭を寄せ集め、どんな見学できる施設があるか情報をあつめ、つぎに旅行会社を調べ、2社から見積もりをとって比べ、……と、準備して、12月の初旬に開催となりました。

ところが。

続きを読む "ビックリ仰天な旅行会社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年の夜遊び納め

12月23日に。
目黒の「音の箱」(ねのはこ と読みます)へクリスマス・ライブを聴きに行きました。
大好きな役者さん、宮内良さんがゲスト出演のためです(^^)

宮内良さんは…私が説明するよりも、このブログの左側の帯からリンクしている「O!nion Party」というサイトへ行って頂けるとよくわかるのですが、その昔(^^;)はNHKの「おかあさんといっしょ」でうたのお兄さんをしていたり、若かりし頃(^^;)(^^;)は「レ・ミゼラブル」に出演されたり。歌よし、演技力よし、子供受け大いに良し! ダンスもお任せあれ、タップは指導もできちゃいます! 的な、弱点ないんじゃないかというすっばらしい役者さまなのです(過大宣伝・誇張はありません)。

で、ファン仲間と「音の箱」で落ち合い、楽しくお喋りしながらお店自慢のおいしいお料理を堪能して、ジャズと宮内さんの笑顔と歌声に魅了されて楽しく帰宅したのでした。

この日の宮内さんの、私的1番のツボは、
同じくゲスト出演のまりなちゃんが11才だという話しになり、「良ちゃんはいくつ?」とほかの共演者からふられた宮内さんが、いともなめらかに 12 と答えた瞬間でした。
宮内さんは「永遠の28才」でいるのが売りなんだけれど、この日は12才だったらしい(^^;)
純真な好青年といったお顔で12と言える宮内さんが好きです。

これが本年の夜遊び納め。
12月に入る前ころからか、宝塚だ宮内さんだと色々観劇が目白押しになってしまい、家族から「また出かけるの??」と言われ続けた私でした。毎週、土日のいずれかは出歩いていたような気が、しなくもないという(笑)。
今年1年間で、観劇の類で、チケット代がいくらかかり、交通費をいくら払い、それに伴うグッズ購入とか飲食代でいくら散財したのか……
知りたい気もするし、知らないままでいたほうが幸せな気もします(爆)

幸せに値段はつけられませんからっ!

……名言だわ、我ながら(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

禁断の?懸案の??

時は年末。
帰省のシーズンですね。

我が家は受験生がいるので、本人と私は自宅にお残りです。
オットが娘2人を連れてオット実家に帰る予定なのですが……

モンダイは、「いつ自宅に戻ってくるか」

末っ子は年内に戻って来たがっています。
というか、私の実家で過ごしたいんです。私とオットの実家のどちらが快適か、という彼女なりの選択だと思うのですが。
末っ子ということで甘やかしてきたこともあり、彼女は頑固。私もオットもあま~い親です。
なので、オットが折れて大晦日に戻ってくることになりそうです。長女だけおいて。
……長女だけ置いて??

モンダイは「長女はどうするか」 になってしまいました(笑)

ここへきて、「パパ達が帰るなら私も帰りたい!」という長女。
ついこの間までは、お年玉ほしさに一人でも滞在するとか言っていた筈なのに。

甘いパパは、またもや妥協しそうです。

でもそれって、禁断の大晦日帰りでは??

はい、昔もやったことがあるのです。
私の意向で…。
今年も大晦日に戻って来ちゃうのかしら。
姑は怒って文句たらたらでしょうねぇ~。

ま、いいや。
私のせいじゃないし(ホントに?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスですね

Xmas2006 クリスマスですね。

目の前の色々なことに振り回されていて、今年は(「も」かな)全てを放り出している私です。大掃除も年賀状も手つかず!
クリスマスケーキも、いつも行くケーキ屋さんの予約期間が終わっていましたし、ご馳走作ろうにも前日の23日は夜遊びしていたので仕込むどころの話しではありません。

で。
何食べる~~? とか悩みつつ、地元のデパートへ出かけて食材…いえ、出来上がっているご馳走の数々を買い出しにいくこととなりました。
鶏もも肉の照り焼き、
各種フルーツとベビーリーフとレタスを一緒に盛ってヨーグルトをかけて食べるサラダ、
ビーフシチュー(100グラム400円くらいの牛肉を奮発しましたよ。ルーは市販ですが一応作りました)、
パン
紅茶とケーキ(ケーキはデパートで購入)
と、あいなりました。

紅茶はルピシエで先日買ってきた、「ホワイトクリスマス」というものです。
中にアラザンが入っていて、甘い香りがします。いつもはマグカップで飲んでいますが、久しぶりにティーカップを出しました。

ビーフシチューは。
お肉を奮発して作る時は、前日から煮込んでシチュー用の大きな牛肉が噛まなくてもほろりとくずれるくらいに煮込んだものが好きです。
が、今日は午後遅くから作り始めて食べたのが午後7時頃ですから、いつものシチューは作れませんでした。ちょっと心残り…と思っていたら、「煮くずれる寸前のお肉」に固執しているのは私だけということが判明しました(笑)。
マッシュルームも、私は半分にカットした大きさが好きなのですが、オットは薄くスライスしてほしいというし…家族の意見をきくというのは善し悪しです。

それでも、なんとかおいしく楽しいクリスマスイブを過ごすことが出来て一安心です。
12月に入ってから、結構独りでふらふらと夜遊びする日が多かったのでちくちく言われていたのです、私(笑)
来週は中1日休みがありますが、連日仕事です。土日を休ませてもらったぶん、頑張ってミスのないように働いてこなくっちゃ!

続きを読む "クリスマスですね"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お菓子教室・その9

Noelb1 お菓子教室の日でした。
諸事情から同じ週に2回通うことになりましたが、今回はベーシッククラスです。

ビッシュ ショコラ  です。

今回は、スポンジケーキ様のものをやいて、クレームを塗ってくるくると巻いて…というものでした。ロールケーキが好きで、本も買っている私(作ったのは1回のみです)、とても楽しかったです。しかも、切り株みたいに似せたものを乗せるのは初めて。作ってみて楽しさを実感しました。
外側にぬったクレームを樹に似せて模様をつけるのは一緒なのですが、チョコクリームであることと、切り株をのせるのとでぐっと雰囲気が違ってきますね。
「樹に見えるじゃな~い!」
と、言葉には出しませんでしたがとっても嬉しくなっちゃいました。
こういうケーキ、子どもと作ると楽しいんでしょうね。

Noelb2 切り分けるとこんなです。
ちょっとつぶれた感じですね、ホホホ。
スポンジ生地が、「ビスキュイ・ショコラ」と呼ぶのでいいのだったかしら?
 天板いっぱいに大きな生地を焼くのではなく、四角いセルクルで焼いて、3枚にカットして、1.5枚ぶんを1本のブッシュドノエルにするので、生地が分かれているところでどうしても…ね。

このビスキュイ・ショコラが美味しいんです。
先生いわく、シンプルなお菓子なので、ココアとかチョコレートはいいもの(美味しいもの)を使うのだそうです。
で、その生地にはココアとお砂糖が入ったシロップをしみこませてあります。

ロールケーキの内側と外側に塗ってある「ガナッシュ・クレーム」もこれまた美味しいです。

それぞれが一体となることで、けっこうどっしりした味になっています。
軽いチョコレートケーキを想像していると、重量感が違う、という感じが食べていてします。

表面には砕いたピスタチオとアラザンを飾っています。
今回使用したアラザン。
大きかったり小さかったり、楕円だったり真円だったり。こんなアラザンがあるんですね。飾り付けにはもってこいです。……食べるとお砂糖のかたまりなので、末っ子は顔をしかめていましたけれどね、「固い」って。

続きを読む "お菓子教室・その9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読んだ本:「すべての雲は銀の…」

略したわけではありません(^^;)

村山由佳 著    講談社文庫

  すべての雲は銀の…

をやっと読了しました。

「天使の卵」「天使の梯子」がメディアミックスとかで映画とテレビドラマ化されたりと、いえファンの方に言わせればもっと以前から話題の作家さんだと思うのですが、ちゃんと読んだ小説はこれが初めてです。

自動車での移動中によくラジオを聴きます。
数年前、偶然にNHKのFMでドラマをやっていまして(青春アドベンチャーです)、途中から聴くものだからオリジナルなのか原作もあるのかもわからずに、でもお話と役者さんの熱演にひきこまれたのが、村山由佳さんの「おいしいコーヒーのいれかた」シリーズでした。
自動車での移動のついでに聴く、というよりは、ラジオを聴くために車に乗る、みたいな日もありました(家にもラジカセはあるにはあるのですが、家事をしながらだと聞こえないんですよね)。

で、数年の時をかけて、やっと本に手を伸ばしたというわけです(^^;)

小説の感想なので、以下はネタバレあります。ご注意ください。

続きを読む "読んだ本:「すべての雲は銀の…」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子教室・その8

Noela1 今週のはじめに、お菓子教室に行ってきました。
マスターコースで、「かぼちゃのビッシュ・ド・ノエル」を作ってきました。

スポンジケーキをやいてくるくる巻いて…というケーキではありません。
「とよ型」で冷やし固めたムースの中と、底面にスポンジ生地(ジェノワーズ、といいますが)があります。
ムースにも、外側に塗ったクレーム(クリーム、の間違いではありません)にもかぼちゃのペーストが入っています。
表面の緑色のものは、砕いたピスタチオです。
仕上げにクレームを絞り出し、さらにフォークで樹の幹っぽく模様を描きました。

Noela2 切り分けるとこのように。
かぼちゃ特有の甘みというか重さみたいなものがすごく主張している味になるかと思っていたのですが、やわらかくて優しい味わいのケーキでした。

続きを読む "お菓子教室・その8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和央ようかさん、初TV出演

何気なく見ていたNHK-BS(海外ドラマが好きなのでよく見るんですけどね、番組終わるとすぐにチャンネルを変えることが多いんです)。

「和央ようかさんで~す」

の声に え?? と見ると。

なーんと元宙組トップスターさま、和央ようかさんでした。

宝塚卒業後、テレビ初出演なのだそうで。
ちょっと、記念すべき番組見ちゃいました?(バカです)。
ミニ質問コーナーがあって(NHKのサイトで読めますよ)、男役のぬけない癖で失敗したことは? に対する答えが面白かったかな。

お顔…ほおから口元のあたり、ラインが鋭くなりすぎではないかなぁ?
タカラジェンヌさんは卒業すると、総じて顔つきがふくよかになったり、女性らしくなったりするものですが、和央さんはやつれたふうに見えてしまいました。

……ちなみに。
オット、長女、私の3人がテレビの前に正座して視聴いたしました(爆)
「ネバセイ」以来だ~~
と、娘とオットはほざいてましたけれどね。
私は見ていないんですっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレエ鑑賞

F10101162 あらちょっと画像が小さすぎたかしら?
などと想いつつ、そのままに書き出します。

今日は与野本町にある「埼玉芸術劇場」へバレエ鑑賞に行ってきました(実はパート先の人とミクシーでマイミクになってしまったので、お仕事休んで遊んでいるのがわかってしまうことに。ごめんなさいね~、忙しい日に休んで)。
娘達のお教室の先生(と、生徒も)がご出演だったので。
 彩の国ダンス・セッション2006 ~呼吸~
と題されています。

彩の国芸術劇場へ行ったのは初めてでした。
我が家から1時間かからずに行けるんですね~。あ、駅まで歩いたりする時間を省くと、ですが。それにしても近いので驚いてしまいました。こんなに近いなら、この劇場もテリトリー範囲にいれてお芝居を見にいきたいと思いました。

さてさて。
「ダンス・セッション」とありまして。モダンダンスとクラッシックの両方がありました。
モダンダンス、楽しみにしていたのですが、今日の演目はどれも私はダメでした。
見ていてワケが分からないし、気持ち悪いんです。
変な風に首をかしげて体を折り曲げて踊ったり、いきなり床にはいつくばったり、寝ころんだり。所属する団体が違うのに、似た振り付けが多かったのはなぜかしら?
身体能力が高いとか、そうなるために鍛えて練習を積んでいるというのはわかります。その点は賞賛を送りますが……でも私の心には響きませんでした。
一緒に見た娘も、「操られているみたいな踊りだよね」と。
そう、ゾンビか(関係者のかた、ごめんなさい)貞子か(きゃ~ごめんなさい)みたいな振り付けがあって……心象風景とかを踊っているのでしょうか、素直な心でみようと頑張ってみたのですが、頑張ろうとすることからして間違ってますよね。
とにかく、今日のモダンはつらかった。
わたし、なにか欠けているのかも……
とちょっと落ち込んで帰宅しようとしたら知り合いに会いまして。
「今日のはキョーレツだった」
という感想を聞きました。私だけじゃなかったのね、と安心したのでした。

で、肝心の我らが先生。
「奴さん」と題した作品なので、和風ですから異色なのは異色なのですが。
も~際だって素晴らしかったです。
分かりやすいし、美しいし、面白いし。
途中で先生が、なんというのかしら?舞台を横切るように続けてくるくると回転技を披露したときは拍手したくなりました。拍手してもよいのかどうか、知識がないのでおとなしくじっとしていましたが(拍手するひともいませんでしたが)。
娘も「さっすがうちの教室! って感じだよね」と(^^)

埼玉全国舞踊コンクールで上位入賞作品披露もありまして。
茂木恵一郎さんというかたが「バジルのヴァリエーション」を踊ったのですが。
これが素晴らしかったです!
すごい跳躍。
床に着地しても微動だにせず。
跳び上がり、空中で、素人から見るととても不自然なポーズをした時も、見事な着地。
崩れない笑顔。
このお名前は覚えておこうかな? という気持ちになりました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カストルとポルックスのように…

つい失念して、肝心の日に見るのを忘れてしまったのですが。

「双子座流星群」の時期なのですよね。

前後1週間は観測可能とか。

今夜の私の住む地域の空は雲が多いようです。
こういうときばかりは、街灯がすくなくて空気の澄んでいる祖母宅で観測できればとつくづく思います。

双子座といえば、カストルとポルックス。
といえば、オスカルさま。
パロの大舞踏会でのナリスさまに酔いしれつつも、紙面から抜け出してきたようなコムさんオスカルも忘れがたいです。
そのコムさんのサヨナラ公演もあと少しとなりました。
今年の12月は胸が痛い、心に響く月です。
予約限定生産のコムさんDVDも申し込むのを忘れないようにしないと。1月8日が締め切りなのですよね。スカイステージは数年前から視聴していますが、見逃したものも記憶からこぼれおちているものもあります。それになにより、フランスでの様子が「拡大版」で入っているとか。 スカステさん、商売上手ですよね~。やっぱり買いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うたかた

記事にしたいことは色々あるのですが。
先日の舞踏会がとても心に残るものだったので、更新にあまり気が向きません。
とはいってもそんなことを言っていたらブログの更新ができなくなってしまうので(双子座流星群のことは書きましたが)、そろそろ夢から覚めなければいけません。

続きを読む "うたかた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常からはなれて

Nail_1 「パロの大舞踏会」へ出席するために、できる範囲できれいになりたいと思いました。

家事をしていて、毎日のように子供たちの靴下をせっけんで手洗いしますし(でないと泥汚れはおちません)、鍋はクレンザーとスチールたわしを使って勿論(^^;)素手でがしがしと洗います。
なので指先はがさがさ、何をしなくても伸ばさなくても爪は割れやすいしで普段はほったらかしなのですが。
3週間くらいまえから、朝晩のクリームのすり込みは欠かさないようにし、ネイルサロンへ行って甘皮の処理というのも初体験しました。地元のデパート内に入っているネイルサロンへ行ったのですが、台がきれいとは言い難かったのと、店員さんが皆さんマスクをしていて、うーん? と感じてしまったのでもうあのお店へは行かないかもしれません(^^;)。
で、舞踏会本番用には、行きつけの美容院でネイルをしてもらいました。それが画像のものです。ピンぼけでわかりませんが、左手に2本、右手は1本、石でアートもしてもらいました。これだけで気持ちが違ってくるのですから、単純なものです。
意外とはげにくくてきれいだったのですが、明日は仕事なので先ほどおとしてしまいました。

ネイルをするにあたってネットでちらりと調べてみましたが、都内にはいっぱいお店があるんですよね。
勉強中の学生さん(勿論ネイルアートの)が施術するので半額、というサロンも発見。仕上がりにはプロがチェックするので心配無用とのことです。時間があったら行ってみたいです~。

1番悩んだのは着る物でした。
最初は和服を考えていたのを思い直し、ロングドレスに変更。
実店舗で買おうとすると5~6万円はするのであきらめ、ネットで安いものを物色していたのですが家人にいさめられ(^^;)、レンタルを利用することにしました。
でも居住する県内にはなかなかお店が見あたらず、これまたネットで調べた神奈川県のお店にいってみました。
それが SALAさん です。
ご自宅の1階を店舗に改装していらっしゃるのだと思いますが、隠れ家的な感じのするこじんまりとした、落ち着く空間でドレスを選べました。
予約制なので、お客様は私1人。
どんなパーティーへ行くのか、どんな色が好きか、とお話しながらドレスを選んで試着をして。ストールやコサージュのアレンジも色々アドバイスをいただけました。
ドレスからストール、イヤリング、ネックレス、バッグ、靴までそろっています。小物がとってもリーズナブルなので驚きました。私は靴以外はすべてレンタルしました。

小笠原伯爵邸をご存じで(行ったことはないそうですが)、素晴らしいパーティーに出席なさるのねと持ちあげてくださるので、中島梓さんのことや小説「グイン・サーガ」を宣伝?してしまいました。

今日はPTA役員仲間と会う用事があったので、自分のドレス姿の写真を見せて、誉め言葉を強要してきました(笑)
会った友人それぞれが好きな世界を持っているので、こんな楽しい体験してきた、という報告会でもあったのですが、日常から離れるっていいよね~! と盛り上がりました。
そう、日常からはなれて楽しむって大切なことですよね。
だから日常の生活も頑張ろうと思えるし。
……先月からちょっとお楽しみが過ぎる気がしないでもないですが、でも滅多にないことですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の一夜へ

純粋な観劇日記とは違いますが、昨日の「パロの大舞踏会」(「大」がつくのか意見?がわかれるところかもしれませんが、会場でいただいたパンフレットと同じ表記にしています)でのことを。
Tennjou 演奏が行われたお部屋の天井です。

なかなか雰囲気が伝わる画面になっていると思いますが、行っていない方にどうみえるのでしょう。ただのシャンデリアかもしれませんね。

【カメラに悪戦苦闘】

フラッシュをたかなければ写真撮影はOKということらしかったので、我が家のお利口さんカメラを持っていくことにし、ビーズバッグをあきらめた私なのでしたが。
夫に、最大容量のSDカードを空っぽにしてもらったのが前夜。
当日の朝に、「フラッシュなしで撮影OKのモードにして」とお願いした私は、そう、自分自身では設定をできないメカオンチです。
先日、中学校の行事でも自分でいじっただけでフラッシュなし撮影をし、ある程度撮れていたので 夫にお願いして設定してもらえば大丈夫! と思いこんだのがそもそもの間違いでした。

まず会場についてから電池切れのサインがっ。
これは会場の方にお話ししましたら都合をつけてくださいました。ドレスに着替えたあとでしたし、ほんの近くにコンビニがあるといっても出歩くわけにもいかず、本当に焦りました。
でもこんなハプニングは序の口。
大好きな宮内良さんが登場されてから撮影を主に始めたのですが、画面がものすごく暗いのです! 
なぜ? どこが悪いのかしら? と疑問符がとぶばかり、改善策なんて思いつきもしません。後半になってちょっといじりましてなんとかましな写真はとれましたが、それでも画面が粗くなってしまいました。
翌日の今日になって、夫にレクチャーをうけながらため息の百連発。
カメラの猛勉強をしなければなりません。でなければ、今後写真撮影OKのときは夫同伴とか(笑)
なにしろ写真撮影をしていると、聴いているようで聞こえていず、見ているようで見えていないものですよね。

それでなくても小笠原伯爵邸というすてきな所で非日常的なパーティーなのですから、忘れ物のないように支度をして遅刻しないように出かけていっても、冷静ではなかったのです。
冷静ではいられなかった、というのも帰宅してみてつくづく実感するというていたらくですのでね。

【お支度篇】

和服にしようかと思っていた衣装ですが、ドレスにしました。
ネットで検索して神奈川にあるレンタルサロンまでいき、水色の光沢のあるロングドレスを選択。ちょっとだけ裾広がりのデザインです。
前日に宅配便で届き、使用した翌日の午前中に宅配便で返送します。
ネックレス、イヤリング、バッグ(これは急遽使わず)もとってもリーズナブルなお値段で借りられます。少々遠いですが、素敵なサロンでした。

前日に行きつけの美容院でネイルアートを。
当日のお昼、髪のセットとメイクをお願いしました。
美容院にはお大尽気分でお金を落としてきました。カウントしたくありません(笑)
あ、でも市内の別のネイルサロンでするよりはネイルはお安く、仕上がりは見劣りありません。担当美容師さんは「勉強不足ですが、ものはいいもの使ってますから」とのこと。
都内のネイルサロンとかも行ってみたいなと思い始めました。

セットしてもらって帰宅すると、中学生の娘に「鹿鳴館みたい」と。
コートをきて身支度すると、出勤前?みたいな雰囲気が(^^;)

【空模様】

数日前から天気予報をこまめにチェックしていましたが、本格的な雨は避けられないだろうと思っていました。
お昼に美容院へ出かけたときなどは、小雨もそうですが風もあってそれがとても冷たい!
会場でドレスアップするのだから、移動中は暖かさ最優先でいこうと、カシミヤのセーターや皮のオーバーコートを着用しました。勿論スカートなんかはきません。
最寄り駅についてしまえば一度も外にでることなく地下鉄で移動でき、会場も駅の隣といいたいくらいの立地でとても助かりました。
お開きになったあとは雨もやんでいて、寒さはありましたが「降られた」という感じのしない日でした。
特別出演の宮内良さんがナリスさまとして朗読とお唄を歌われましたが、その内容にはしっとりと雨で濡れている夜のほうが似合っていたなぁと感じたくらいです。

Table 【お料理】

「ピンチョススタイル」という、長い楊枝(竹串に近いものを想像ください)に、デザートやらお肉やらが盛りつけられて給仕の方が参加者にサーブするという立食でした。
中にはスプーンに盛りつけられたり、カップ形式、小さなタルトのように手でとって一口で、というものも。
給仕の方はお料理の説明もしてくださるし、「メインです」とか「最後のお料理になります」ということも。にこやかでスマートでした。
画像は、お料理をメインに楽しむお部屋のテーブルです。
二部屋を行ったり来たりして音楽とお料理を楽しむ、となっていましたが、お料理はどちらの部屋にいても係の方が運んでくれました。

【鑑賞中の立ち位置】

お料理はどちらの部屋にいても楽しめましたが、音楽は片方のお部屋でのみ。
長細いお部屋で、参加者の人数に対して合っていなかった…のでしょうか、演奏が始まってしまうと移動するわけにいかず(宮廷楽団の方達の、目と鼻の先を歩くことになるので)、ちょっと残念でした。
私が立っていた所からは、ちょうど壁に備え付けてある灯りが宮廷楽団の方達の後ろに位置してしまい、撮影をすると逆光になってしまったのでした。
一緒に行ったお友達はお部屋の奥寄りで鑑賞していらして、そこでは宮内さんの目線がとんできた、ということをお開き後に聞き、これまた残念!


とりまとまりませんが、純粋な報告ではなく私のバタバタぶりでした。
お開き後に数人の顔見知りの方とお茶をして帰ってきて、それも楽しかったです。
もうあんなパーティーは出席することはないでしょうから、もっとモデルよろしく写真を撮ってくればよかった…とは、帰宅したからこそ言えることです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナリスさまが語りかけた日

小笠原伯爵邸における、

 「グイン・サーガ」111巻発売記念イベント パロの大舞踏会

に行ってきました。
栗本薫さんがお書きになっていらっしゃる大河小説「グイン・サーガ」111巻発売記念イベントです(2行目のまんま)。
中島梓(栗本薫)さんご本人を含むクリスタル宮廷楽団が奏でる演奏に始まり、ミュージカル「炎の群像」でアルド・ナリスさまを演じられた宮内良さんがご出演。「炎の群像」だけでなく、天狼作品での名曲の数々を歌われました。

小笠原伯爵邸という雰囲気ある洋館で、着飾った紳士淑女が集い、催された夢のひとときでした。
天狼プロ関係で宮内さんご出演のイベントというのが久しぶり。
中島梓さんのピアノで、宮内さんが天狼作品の曲を歌われる。
ファンにとってはまさに見たかった、聴きたかったことが実現しました。

宮内さんは衣装替えをして2着のお衣装を着用。
登場したときの衣装がとても素敵でした。
黒くてレースと透け感とキラキラ感のあるお衣装(^^;)
もしかしてお痩せになられた? と言葉が飛び交うほど(って、ひさ~~しぶりに宮内さんをご覧になった方が、ですが。敬語は私が勝手に変換です)スレンダーな、相変わらず腰が細い宮内さんでした。

「炎の群像」でのナリスさまの歌をお歌いになられただけでなく、何曲も歌われたのでしたが。
とりわけ心奪われたのが…
心揺さぶられたのが、「追憶のマルガ」という朗読と歌でした。

続きを読む "ナリスさまが語りかけた日"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

前夜

日付は超えてしまいましたが、気分は「前夜」なのでこのままに。

知っている方がブログで「準備OK?」というタイトルで記事を書いていらしたのを見てつい真似です(^^;)

下調べはちょっとずつしていたものの、結局間際になってバタバタと用意をする私。

行きつけの美容院に本日(金曜日)いきまして、いつものスタイリストさんにネイルをしてもらいました。デザインというのかな? アートまでしてもらって、ルンルン。仕事は13日まで出ないのでしばらくこの爪でいます。
明日もお昼に美容院に行きます(^^;)

市内のデパートへ、下着を買いに。
「先ほども明日ドレスを着るというお客様が…」と店員さん。土曜日だし多いのかな?
結局ほしいものは見つからず。
店員さんに相談したところ……うむむなことに。
ドレスって着慣れないので困ります。

問題はカメラです。
フラッシュをたかなければ撮影はしていいらしいのですが。
私が持っている、パーティー用のビーズバッグに入る薄型デジカメでは、フラッシュなしの撮影はちょっと機能的に厳しい。もう1台、フラッシュなし撮影なんかなんのその、望遠もおまかせだいっ というデジカメがあるのですが、大きいのです。
ロングドレス着てビーズバッグもって、更にカメラを提げて歩く……???
優雅な雰囲気丸つぶれだわ、それじゃ。
でもでも、自分やお友達のドレス姿を撮りたいし、それよりも生ナリスさまがおいでになる場ですからねぇ~! 写真撮らずに誰のファンか? てなものでしょう。

悩ましいといえばお天気ですね。
やっぱり雨かしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

また働くの巻

また新しいカテゴリーにしようかなぁと思いながらも、判断がつかないので日記カテゴリーに書きます(^^;)

…と大騒ぎするほどのことでもないのですが、お財布が寂しくなってきたので先日ある面接をうけてきました。
対象年齢内でしたが、オバサンなので採用される確率は低いかもとひどく開き直ってリラックスして面接を受けてきたのですが、今日も面接は続いているというのに、なんと翌日には採用の連絡をいただいてしまいました。

で、本日が初出勤。
自動車で行けば10分ほどで着いてしまうのに原則禁止ということで、電車通勤です。
電車に乗っているのは5分のみ。
自宅から最寄り駅までと、着いた駅から職場までが歩くことったら! おかげで50分はみないといけません。

接客というかサービス業というのか、お客さん相手の仕事という、これまた新しい分野に足を踏み入れました。
舌は回らないし、笑顔がひきつるんじゃないかと心配になるし、こまかい売上げ計算もあるしで……まぁ初日ですしこんなものでしょうか(^^;)

続きを読む "また働くの巻"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »