« 前夜 | トップページ | 夢の一夜へ »

ナリスさまが語りかけた日

小笠原伯爵邸における、

 「グイン・サーガ」111巻発売記念イベント パロの大舞踏会

に行ってきました。
栗本薫さんがお書きになっていらっしゃる大河小説「グイン・サーガ」111巻発売記念イベントです(2行目のまんま)。
中島梓(栗本薫)さんご本人を含むクリスタル宮廷楽団が奏でる演奏に始まり、ミュージカル「炎の群像」でアルド・ナリスさまを演じられた宮内良さんがご出演。「炎の群像」だけでなく、天狼作品での名曲の数々を歌われました。

小笠原伯爵邸という雰囲気ある洋館で、着飾った紳士淑女が集い、催された夢のひとときでした。
天狼プロ関係で宮内さんご出演のイベントというのが久しぶり。
中島梓さんのピアノで、宮内さんが天狼作品の曲を歌われる。
ファンにとってはまさに見たかった、聴きたかったことが実現しました。

宮内さんは衣装替えをして2着のお衣装を着用。
登場したときの衣装がとても素敵でした。
黒くてレースと透け感とキラキラ感のあるお衣装(^^;)
もしかしてお痩せになられた? と言葉が飛び交うほど(って、ひさ~~しぶりに宮内さんをご覧になった方が、ですが。敬語は私が勝手に変換です)スレンダーな、相変わらず腰が細い宮内さんでした。

「炎の群像」でのナリスさまの歌をお歌いになられただけでなく、何曲も歌われたのでしたが。
とりわけ心奪われたのが…
心揺さぶられたのが、「追憶のマルガ」という朗読と歌でした。

* * * * * * * * * * * * * *

「追憶のマルガ」は。

ナリスさまが語ったのでした。

「リリア湖の底に眠っている」わたしはノスフェラスに憧れていた。
白い砂の上に立ちたかった。
世界の謎をときたかった。
でも私は今眠っている。

とナリスさまは語りはじめ、
物語を終えて眠っているのだ、というのです。

中島梓さんの奏でるものがなしいピアノの旋律がたゆたい、宮内さん いいえ、ナリスさまが語られたのでした。
静かに、
為せなかった夢を語り、
思いを馳せ、
でも自分の夢は終わったと。

語り終えたナリスさまの目は遠くを見つめていたような。

語り終えるとピアノの調べは高まり、歌へとつづきます。
波、風、追憶
忘れて欲しいと歌うナリスさま

涙されている方が幾人もいらっしゃいました。
私はすごくゆがんだ顔でナリス様に見入っていたと思います。
家にたどり着いてから泣いているのってどうなんでしょう。

亡くなられたナリスさまが語りかけてくださるなんて。
そんなことがあるなんて。

いやです、ナリスさま。
リリア湖で眠っていらっしゃるだなんて。
夢が終わったなんていわないで。
でも静かに、魂だけでもノスフェラスへ行っていてほしい。
矛盾したことを考えつつ、中途半端な感想をおえます。

中島梓さんからの参加者へのプレゼントは、演奏曲目と「追憶のマルガ」の詩と歌詞が載ったシックで豪華なリーフレットでした。

|

« 前夜 | トップページ | 夢の一夜へ »

「観劇日記」カテゴリの記事

コメント

その場に行ってなくて、藤娘さんの書いてくれた文字を読んだだけで涙流している私って、、笑えるね(T_T)

投稿: さくら | 2006年12月10日 (日) 10時31分

読んでるだけで、ドキドキしてきました.
素敵な一夜だったんですね.

投稿: CHIE | 2006年12月10日 (日) 12時03分

さくらさん
拙い文章から想像していただけたようで何よりです。
こんなにナリスさまをお慕いしていますっ 
というのをアピールするためにも会場で泣けばいいのに、家で号泣している私ってどこまで天の邪鬼なのだか。
たまねぎ特派員としての気概に燃えていたのですが、撃沈しております。

投稿: 藤娘 | 2006年12月10日 (日) 12時08分

CHIEさん
優雅でおいしくて楽しい一夜でしたよ~
なんと、スカールさまとリー・ファさんが現れ、一緒に写真をとすごい人気でした。
背の高いスカールさまと、お美しいリー・ファさんでした。
……一体どなただったのでせう。

投稿: 藤娘 | 2006年12月10日 (日) 12時12分

「ナリスさまが語りかけた日」
グッとくるタイトルに、それだけでウルウルとしてしまいました。
宮内さんはもちろん大好きですが、ナリス様にもとても強い思いがあり、そのお二人が一人になって目の前で歌って語ってくださるなんて。
「至福のひととき」という言葉では言い表せない情景と思いが伝わってきます。。。

投稿: ユウ・K | 2006年12月10日 (日) 16時50分

ユウ・Kさん
さすがユウ・Kさん!
「お二人が一人になって」…まさにそのとおり!
ユウ・Kさんが参加できてリポートしてくださったらとっても素敵だったんですけれど。
出来うる限り、お伝えしたいです!

投稿: 藤娘 | 2006年12月10日 (日) 20時49分

こちらでははじめまして(笑)
舞踏会の感想が読みたくて、さまよってきました。
素敵な会だったんですね~~~。貴婦人な藤娘さまもぜひっ拝見したかったです。つーか、写真、見たいですー。今度、ぜひっ。

目に浮かぶような感想をありがとうございます。
でも、こうして読んでても切な過ぎる~。
泣く、とゆーより、苦しい、かも。
でも、苦しくても、もし、また機会があったら、その場にいたいです...
はぁ。帰って、想像しながらうっとりします~

投稿: こま | 2006年12月11日 (月) 20時29分

こまさん
ご来訪ありがとうございます。
うん、こまさんに文字にしていただいて確信しました。
私、会場では苦しかったんです。
その苦しさをのみこんだあと…なんとかかみくだいたあと、泣けてきたのかも。

投稿: 藤娘 | 2006年12月12日 (火) 08時02分

舞踏会に行かれた方の記事が読みたくて、藤娘さんのところにたどり着きました。応募者が多く抽選になったのですよね。私も衣装や、一人での参加、子供を旦那にあづけて・・・等いろいろ考えてしまって勇気がなく、応募できなかった一人です。パロのお茶会を本当にやるのなら、今度こそは参加したいです!お友達も出来そうでいいですよね。(普段グインについて語り合える友がいないもので・・・)またいろいろな情報を楽しみにしています。

投稿: ままん | 2006年12月24日 (日) 23時53分

ままんさん
初めまして(^^) ご来訪ありがとうございます。
私もドレスコード等々、最初は気後れして参加はできないなぁ~と思っていたのですが、宮内良さんのファンなので(ミュージカルの「炎の群像」はご覧になられていますか?)、まずは参加だっ と申し込みました。
私は天狼友の会に入っていたのでラッキーだったのですが。
ままんさん、次の機会は参加できることをお祈りしています。一人で参加しても、同じ者が好きな人達が集まるのですからお友達ができるかもしれませんしね(^^)

色々情報は収集してらっしゃるかもしれませんが、私のブログからリンクしている「O!nion Party」でもちらり?と触れていますのでどうぞご覧になってくださいね。

投稿: 藤娘 | 2006年12月25日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/13004539

この記事へのトラックバック一覧です: ナリスさまが語りかけた日:

« 前夜 | トップページ | 夢の一夜へ »