« お菓子教室・その10・おさらい篇 | トップページ | オフ »

観劇 「ステッピング・アウト」

本日は銀座・博品館劇場へ。
宮内良さんがご出演の 「ステッピング・アウト」を観劇。

何年前からか再演を重ねている、前田美波里さん主演のミュージカル。
前から3列目、センターブロックで観劇してきました。ファン仲間6人で並んでみて(これは偶然の出来事)、観劇後に5人でお茶も。
みんな初演から何度も見ているので(私は片手で足りるほどだけど)、いつとくらべてどうだった、とか、ツッコミもマニアックでなかなか。

* * * * * * * * * * * * * *

私としては……
黒人だからどう、と喋らせるには説得力が弱いように感じられてつらかったかな。黒人役のひとはそれっぽくても、他の人達が日本の主婦にしか見えなかったり。
夫によるDVはまだいいんだけど、夫が妻である「私」とじゃなくて娘といつも一緒。買い物も食事も、手を握るのもキスするのも…! と泣く主婦がいるんだけど、それってただの猫っかわいがりじゃなくて、アブナイんじゃないかな? それをただ泣いてるだけじゃだめだろ! 娘を守るべきだろっ! と受け取ってしまったら気持ち悪くて、腹が立って、だめだった。
宮内さんが出ているから見にいったけれど、もう見たくないかも。
歌が下手な人がうたうのも、見ていてかゆくなるし。

|

« お菓子教室・その10・おさらい篇 | トップページ | オフ »

「観劇日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/13609547

この記事へのトラックバック一覧です: 観劇 「ステッピング・アウト」:

« お菓子教室・その10・おさらい篇 | トップページ | オフ »