« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

40になりました

Birthday 年齢をタイトルにしちゃう女もそうそういないと思いますが(笑)、40になりました。
そう、今日はお誕生日!!
というわけで、画像は本日買ったもの、もらったものなどなど、で~す。

リサとガスパールのは、Pascoでシールを集めて送るともらえる、ベージュのバッグ。意外と小さかったかな。通勤に使っちゃおうかしら??

掲載誌をまったく読んでいなかったので完全に終了だと思っていた「エマ」の8巻は嬉しい発見!

遅ればせながらはまった「百鬼夜行抄」。文庫版ではなくて大きなサイズのほうでちょびちょび買っています。

オットがなんか面白そうな気配がする、というので買わせた「CARAT!」
オットと息子はくすくす笑いながら読了。

ルピシアに行ったので、「いちご」と「Cookie」を買ってきました(紅茶です)。
我が家の女性陣は基本的にミルクティー派なので、ミルクティーにしておいしいものを買うことが多いです。
イチゴタルトをバースディーケーキとして買ったので、「いちご」を飲みました。おいしかったですよ。ストレートでもなかなかでした。

「百鬼夜行抄」の上にのっかっているのは、オットからもらったバースディープレゼント、ソニーのウォークマンです。イヤ、本物は別の場所で充電中だったので紙のダミーなんですけれど、FMラジオも聞けるものをリクエストしました。使い方は同じ型をつかっている娘から教わります!

本日は末っ子のヤマハの発表会でもあったので、午後は発表会へ。
そのあと、娘のリクエストで「カーニバル・ブッフェ」へ。ただし息子はクラス会、長女は塾だったのですが。

でもなんだか楽しい1日でした。
明日は仕事!
あさってはシュガークラフトの体験レッスン。
さ、これからの1年も楽しくすごせますように!

…そうそう、ファンクラブに入っているため、某役者さんと某ジェンヌさまからもバースディーカードをいただきました。幸せです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

宇宙めだか

宇宙めだか というのを飼っていたのですが。
数週間前に、最後の1匹が死んでしまいました。
面倒をみていたのは「飼いたい」と言い出した息子で、甲斐甲斐しいとはいえないその息子のおしりを叩いていたのは私だったりしたのですが。
やはり、残念だし、長生きさせてやれなかったという申し訳なさがめだかに対してあります。

でも。

住むものがいなくなった水槽、いつ片づけてくれるのかしら、息子ったら。
あの水槽がなくなると、狭い玄関がちょっとはスッキリする気がするんですよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友人の死

お通夜に行ってきました。

学校の役員仲間で、なんでもかんでも笑顔でひきうけて瞬時に判断し、フットワーク軽く動き、誰からも……故人の悪口を言う人はいませんが、本当に、誰もが口をそろえて「いつも笑顔のひとだった」と尊敬をこめて言う……悪く言われない、素晴らしい人でした。

朝、いつものように早く起きてご飯を作って旦那様を仕事へ送り出し、家事をしている途中に…だったのでしょうか、遅れて起きてきたお子さん達が発見したときにはもう、帰らぬ人となっていたそうです。

知らせをきいて耳を疑うというよりは、なんのことだか、わかりませんでした。
43歳とは若すぎる。
先日卒業式を終え、謝恩会も彼女の尽力により滞りなく盛会のうちに開催され、息子さんが進学する学校の入学式を数日後に控えていました。

私が昨年度、2つの委員をかけ持ちすることになったときに進行役として同席していたのが彼女で、ごめんなさいごめんなさいと平身低頭だった。それ以来、会うたびに、第一声が「ごめんなさい」だった。もちろん卑屈な感じはない。お義理感もない。笑顔で、勿論謝る声には真心がこもっていて、でも彼女の人徳なのだと思うけれど「あなたに言われちゃうとノーっていえない」という気持ちになる、素敵な人だった。

朝から、日付変更線をこえるまで一緒だった卒業式から、2週間もたっていない。
1週間前にも、お嬢さんが関係する部の催しでお会いしたばかりだった。
「次は乙女会で苦労をねぎらいましょう」と、謝恩会の2次会…3次会で彼女がしめくくりに言った声が、私の中にはっきりと残っている。

お通夜にはものすごい数の人々が集まっていた。
比べるものではないけれど。
大きな事故で殉職された警察官の葬儀にも参列したことがあるけれど、比較にならないほどの人々が彼女を悼んで集まってきていた。
43歳の、一介の主婦に、これほどの人が。
それが、彼女の人生を語っていると思う。素晴らしさを語っていると思う。

帰り際、彼女のお顔を見られるようにしてくれたというので、明日の告別式には行けないのでお別れをしてきた。
まさに眠っているようで、信じがたさと悲しみだけがつのる。

謝恩会の2次会で、役員が一人一人彼女に紹介されながら挨拶をしたのだけれど。
彼女が私のことを「クールビューティー」と紹介した。なるほど的を射ていると感心した、と役員仲間が私の顔を見て思い出したように話してくれた。
が、私はまったく覚えていなかった。
彼女が私をどのように紹介してくれたのか、ちゃんと聞いておくのだったと今更ながら後悔。

乙女会は開催するよ。彼女が来るからね。
と、みんなで申し合わせた。
うん、みんなで集まろう。
どんなに心残りだったろう。残されたご家族こそ信じられないだろう。袖をすりあわせたぐらいの私がこんなに泣けてくるのだ。
会場のそこかしこに、娘さんと同級のお母さんで一緒に動いていた人、息子さんと同級のお母さんで一緒に役員をやっていた人、などなど、いくつもの団体の主立ったリーダー格の人々が、共に動いてきた仲間の死に号泣していた。

今日できることを明日にのばしてはいけないんだな、1日1日を大切にしなければ、と当たり前だけれどついつい頭の隅におしやってしまうことを思いながら、食器を洗える幸せ、家族の洗濯物を取り込める幸せ、その重みを感じている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分でかんがえよー

職場で、時期を前後して辞める人が数人いるので。
ただいま求人中であります。

……私は正社員でも責任者でもないんですが(^^;)

日曜日に求人広告が出たのですが、さっそくその日に応募の電話が。
私がたまたまとりました。
指示により、年齢と、現在の職業などを聞いていましたら。
質問が、というので何かなと思ったら。

 面接にはどんな服装で行けばいいですか?

だって。
電話してきたひと、29歳。
そういうことはね、聞くものじゃぁないのよ。気持ちでしょ、自分の。
そう思ったけれど、やさしく答えておきましたよ。普段着でいいですよ、って。
ジーンズで仕事している所ですからねぇ、うち。

私は面接なるものに普段着で行ったことはありません。
びしばしのスーツか、ちょっぴりかっちりめか、という差はつけたことありますが。
以前の職場で働いていた時、セーターにジーンズで面接に来る人を見かけて、それも来る人来る人みんな普段着なので、おっどろいて(笑)同僚に尋ねたら「私も普段着だった~」なんて言われてカルチャーショック受けたことも。

私が面接官だったら、イヤですね。普段着は。

話しが戻るけれど、私が電話を受けた29歳さん。
明日面接に来るんですよね。
ちょうどシフトが重なったのでどんな人か見れるようです。
あんな質問するひとは、一緒に働くと大変かも……?
人手が足りないので、新人さんに入って欲しいんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪でダウンしてました

19日の月曜日から熱を出して寝込んでいました。
最高38度6分だから高熱というわけでもないと思うのですが、とにかく動けず、熱もなかなかひかず、金曜の昼までぐだぐだと布団の中で過ごすこととなってしまいました。

先々週の土曜日は長女を医者に連れて行ったし、その次の土曜日は次女を連れて行き。
どの日も医院は1時間以上待たなければ受診できないほど混雑していて、そんなところにいてよく元気だなぁと我ながら感心していたら……
まぁ医院でウィルスをもらったと明白なわけでもないんですが、自分の頑丈さに感心しかけて慢心していたら、というところでしょうか。

なんだか変、となった月曜日はオットがたまたま休み。
順番とりをさせて受診したわけですが、熱はまだ37度台で、でもぐったりと具合悪そうに悪寒を訴える私に先生は平熱が低いのか、と(^^;)
若いときには一発で回復していた点滴を打ってもらっても症状は変わらず、私のお布団生活(笑)が始まったわけです。

それにしても、我が子へ家事を仕込む重要性を痛感した数日でした。
洗濯機は使えない(私は2度ほど、洗濯機を回しました)、料理はできない(父親を頼りっきり!)と、みるも無惨なわが子達。洗濯機からとりだした衣類のしわ伸ばしを頼んだ次女までもが、どうやるの?と質問してきた時には、普段の私の家事を見ていないんだなぁと力が抜けたり。

でも今回一番こたえたのは、火曜日に高校の入学説明会へ行ったことでしょうかね。
親子で出席を、とあり、オットは休めないというので行きました。38度6分の熱をおして!
体操着の採寸があるから早く行きたいとか息子にせかされ、説明会は12時半からだというのに、11時くらいには高校に到着。まったく、自転車で行くのかとか、母をなんだと思っているのか頭の中をのぞいてみたい息子です。
採寸は10分くらいで終わってしまうし、食堂で食事ができて温かい部屋で座っていられたからよかったものの、あれがなければ行き倒れていたかもしれません。

……その夜、帰宅したオットが熱でふうふういっている私を見て、「まだ悪かったの?」と驚いた時には蹴飛ばしたくなりましたよ。

食欲がすっきりと元に戻っていないのですが、以前と比べれば少量ではありますが、おいしく食事ができているので、まぁぼちぼち回復していくのでしょう。
みなさまも過信せずにおすごしください。
私は仕事にも復帰しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送されて…

いつかいつかと見ていたら、最後でした。
見てくださった方、ありがとうございます。

バンキシャ!ってちゃんと見たことがなかったので、今朝テレビ欄のタイトルを見たときに刺激的というか、軽薄なタイトルがつけられているようでちょっと心配してしまいました。
でも内容はしっかりしていました。
間に何回もCMが挟まれたせいか、放送分数が長い気がしてきて嬉しくなったり、でも見ている途中で、限られている命に悲しくなってきたり。
スタジオと直接?お話するおじも、素敵な笑顔でした。変な緊張せずに、よくも自然体でお話できるものだなぁと変なところで感心してしまった私なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

放送されます

何度かブログに書いていますが。

親戚に、癌で余命を宣告され、色々な葛藤を経て今は小中学生へ命の尊さについて講演している男性がいます。
色々な新聞に取り上げられたり、先日はN○Kのニュース番組の中でとりあげられたりしました。

明日なんですが。
日テレの「バンキシャ!」の中でとりあげられるようです。
関東地方は午後6時からの放送予定ですね。
どれくらいの扱いなのかわからないのですが、お時間のある方は見て頂けると嬉しいです。

親戚の男性は、都内在住なので私は講演の様子を知りませんでした。
先日のN○Kの放送でちらりと流れたので初めて見たくらいですが、迫力があって、心に迫るものがあったと思います。

親戚親戚、ってどれくらいの関係かと言いますと、冷めているオットに言わせると「ほとんど他人」みたいな間柄なのですが、でも親戚づきあいって遠い・近いではないんですよね。メディアに取り上げられ始めたから親戚ですと吹聴しているわけではありません。

見てくださって、秘かに何かを感じて頂ければ嬉しいです。

以上、お知らせでした。
もし放送されなかったらすみませんん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画【パフューム ある人殺しの物語】

先日見てきました。
見たいな~、と思っていた時にたまたま友人と会い、即座に計画、実行!
……このごろ、私としてはとっても!映画づいています。

パンフレットの写真を載せようと思ったのですが、携帯ではうまく撮れないので今回は残念ながら。やっぱりちゃんとしたデジカメで撮ろうかな、と思います。カメラに慣れるためにもね。

さて、映画。
あらすじを某所で読んでいましたが、 うゎ~ の連続。
びっくり。
美しい。
でも……。

面白かったです。
自分自身の記憶のために書き留めておきたいのですが、ネタバレになるので久々に分けます。
以下はネタバレありますので、ご注意くださいませ。

続きを読む "映画【パフューム ある人殺しの物語】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

息子の成長

公立高校の後期試験の結果発表が終わったあと、息子の学年は卒業遠足に出かけていきました。
行き先は千葉県にあるのに「東京」と名の付く遊園地。
朝早く電車に乗って、班ごとに出かけていきました。

お小遣いはいくら持たせる? と、母親たちが相談しあったのですが、相談してみるものです。我が家がはじいた金額はちょっと多め?な感じでしたが、3000円なんていうお母さんもいて、それじゃお昼代もあやしいよとつっこまれていました。

お土産はいいから楽しんでおいでと送り出しましたが、家族用にクッキー詰め合わせとキャンディー詰め合わせ、家族それぞれにキーホルダーやら何やらを買ってきてくれました。男の子だけの班で行動していたのに、頑張って買ってきたんだなぁと嬉しくなってしまいました。
そういえば、修学旅行でもお土産をあれこれ買ってきてくれたっけ。
帰宅してもお土産渡すときでも素っ気ないし、あれこれ自分から話しをするタイプではないので物的証拠で心の内をかいま見る気がして(笑)、ちょっとホッとしたりします。

今日は私は1日仕事でした。オットは留守。
帰宅して、疲れた私がなかなか夕飯作りにとりかからなくても我が子の誰一人として文句言わないのは助かりますが(^^;)、口々にご飯なに? お風呂入れる? とくるのに閉口してしまい、

1日家にいる人がお風呂沸かしておいたよ、とか、
掃除しておいたよ、と言うものじゃないの?

と言ってみました。怒ったワケじゃないですよ。
お願いしますよ~~ って感じでしょうか。

息子は苦笑いして、ママなしじゃ生きていけないんだ~ って返してきました。
はいはい、素直なところは買うけど家事能力も磨いてください。
でもなんだか上機嫌な私がいます(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学を卒業

長男が中学を卒業しました(今日ではありませんが)。

卒業証書をいただくために壇上へ向かい、席に戻る姿。
呼びかけをする声。
ちょっと小さめになった、くたびれた制服姿
 (もっとも高校も同じ詰め襟学生服なんだけど)

最後なんだなぁと見守りました。

お母さん仲間も同じく。
普段、メール交換やらランチをしなくても、会えば「こんにちは」以外に二言三言、挨拶する相手は私のような社交下手な人間にもけっこういます。
卒業式ということでお互いにセンチメンタリズムが上がってますから(^^;)、なおさら。
高校へあがるので、本当にみんないろんな所へ進学してバラバラになる感があります。
そう、義務教育の終わりなんですよね。
私自身だって歩んできた道ですが、親として経験するとなると色々勝手が違います。

さて、卒業式は。
当日、息子は担任に贈呈する色紙を書くのだとちょっと早めに登校。
私は来賓席に座らせていただきました。
……が、拍手に迎えられて登退場するのは覚悟していましたが、一人一人紹介されて「おめでとうございます」を言うのは知りませんでした。声がひっくり返らなくてよかったけれど、1回経験すればいいかな、という感じです(役員やってないと座れませんけどね)。

送辞では、2年生の娘が生徒会役員仲間とステージ前に。
送る側、送られる側双方に我が子がいる感動を味わいました。2人よ、ありがとう。

卒業生による答辞は。
群読というのかな、呼びかけと合唱がミックスされたものでした。
何曲歌ったのかな、その度に指揮者と伴奏者が代わり、みんな態度が堂々として気持ちよいです。呼びかけも感動的でした。
が、先生に指導された呼びかけ以外に生徒達が内緒で企画した部分がありまして。
これは毎年恒例のようですが、ほんの数日しか練習していないせいか およっ という部分もありましたが、お世話になった先生方にニックネームで呼びかけ、一言ずつ贈り、とても素晴らしいものでした。
なんと、合唱までついていて「栄光の架け橋」が披露されました。上手だったなぁ、ちゃんと「合唱」になっているし。

卒業式が終わった後は謝恩会です。
世間では謝恩会は規模縮小傾向があるようですが、我が校には関係ありません(^^;)
市内の施設を借用し、立食ですが料理とアルコール類も出します。
先生方も3年生を送る会でやってくださった出し物を少々バージョンアップして披露してくださり(見る方もやる方もノリノリです。単に歌うだけとかではなくて、コントあり、ダンス有り、勿論小道具や衣装も持ち込みです)、私達役員によるだしものあり、盛況だった…と思います。
因みに私達役員はあるダンスを披露したのですが、着る物は我が子の部活動のユニフォーム。文化部は学校で着ている学年カラーのジャージということに。私はジャージ組でしたが、なかなか似合っていた……笑いをとれましたよ。えっへん。

その次は2次会。
市内の料理屋さんで楽しくお食事、歓談。
専門部委員長としてご挨拶もしましたが、面白キャラでないので笑いをとれず(^^;)

最後は3次会。
担任の先生も最後までおつきあいくださり、ためになる話しや学校の話しを沢山聞くことができました。カラオケ屋だったので、恥ずかしがらずにデュエットでもお願いすればよかったです(なーんてね、終わればなんとでも言えます)

と、朝からバタバタと動き回り、昼食を15分でかきこんで謝恩会を運営し、日付変更線をこえて1日がすぎました。

はっきりいって、卒業した我が子はほっぽらかし

ま、そういうこともありますよ(^^;)
ジーンとはきても涙は出なかった私。ドライです。
翌日は娘の学年の保護者会ということで学校行ってきましたし。
任期は5月まであるし。
頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもがつまづいた時

我が子の習い事先の先生がミクシーに入ってらっしゃるのを知り、マイミクをお願いしてしまったのでお互い日記を読める。勿論ブログも。
習い事、とはバレエなんですが。
そのバレエ関係で娘が今、壁と対面しています。
先生も読んでくださっている(であろう^^;)ブログで、細かに書くのもなんだか卑怯な感じがしていたのですが、あらいざらい直接に話してしまったのでブログに書き留めておこうと思います。

通っている教室での発表会で、選出されたメンバーだけが踊る演目があります。
今頃の季節に選ばれて練習が始まり(勿論そのために通う日が増える)、本番は夏。
その演目に次女が選ばれました。
が、次女は出たくないと言い出したのでした。
なかなか話さず泣くだけの娘をなだめたり脅したり?して、聞き出した理由が。

レッスンでトゥシューズを履くのですが、トゥシューズで立って何秒間かバランスをとる、
という課題ができない。
できない人は他にもいて、できないや~、と笑っている(その子なりの照れ隠し、恥ずかしさ隠しであると私は思いますが)けれど、娘は悲しくなる。
で、バレエがちょっとイヤになりかけていて、そんな時に選ばれても踊りたくない。
…というのが理由でした。

ちょっとつじつまが合わないというか、納得しきれない部分もあるかもしれませんが、本人はトゥシューズで立てない、ということで頭がいっぱいなのだと思います。
娘は歳の離れた兄姉にもまれて口も達者だし、決して気の弱いほうではありません。
人見知りもしないし、場を楽しく盛り上げようとするタイプ。
一方で泣き虫でもあるんですけどね。
でもすぐに弱音を吐くタイプではないと思っていました。

理由を聞いた私は
悲しいのは「上手になりたい気持ち」の表れであるとか、
自宅でもストレッチをやるとかバレエの先輩であるお姉ちゃんに教わるとか、踊れるようになるために何かをしてみたら? などと言ってみたのですが。
娘の意志はまったく変わりませんでした。

やむなく、教室に出向き先生にそのままをお話しをし。
先生自らも娘と話しをしてくださったのですが、娘は先生に対して本心を語らなかったのでした。
…結果、娘は不参加となりました。

これが長女だったらば。
自分でやりたいと始めた習い事で何を言っとるかっ!
選ばれたからには練習を休まず、きちんと踊りなさい!!
で、終わりなのですが。

次女は、甘やかして育てたためか、頑固な時は本当に頑固です。
「甘やかした」のを否定できない私達夫婦なのです。
バレエだって、娘自身から「やりたい」と始めた習い事ではあるのですが。
長女と同じスタンスで接すると、「じゃぁバレエを辞める!」と言い出すんじゃないかという危惧があるんです。辞めると言い出した娘に「そんな無責任がとおるかっ!」という叱責は通じません。9割9分、本当に辞めちゃう事態におちいります。
……お金のかかる習い事なので、辞めてくれれば家計的には楽になりますが、せっかく始めたことですからちゃんと続けてほしいんです。

演目に選ばれなかった人もいるわけで、そういう人のためにも頑張るということを学んでほしいと思っても、親の説得には限界があるのでした。
先生に本心を語らなかったことに対しては叱りましたけれどね。

「続けて欲しい」という親の願望があるので、次女に強く出られない面があるわけです。
だから、こういう結論にしていいのかなぁ~って思っちゃうわけですね。
ま、不参加を結論としたので、「やっぱり踊ります」は通用しないし、娘も踊るとは言わないですけれど。

「やりたい」と我が子が始めたことが。
親のエゴとか見栄とかにからんできてはいけないですね。
難しいです。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

放送されてしまった…

2月11日の記事に書いたおじのことです。

癌にかかり、余命を宣告されながらも「命」についての講演を小中学生相手にしていて、地方紙や全国紙に何度か載り、テレビ取材が家にまで来たからそのうちテレビで放送があるかもしれないと聞き、変な言い方だけれど楽しみにしていました。

さっき、実家から電話があり……

放送されてしまいました。

おとーさん、○HKつけてみて~ の前に、「おじさん出てるぞ」って叫んでよ~~!

何分間の映像だったのか知りませんが、最後の6分ほどだけやっと録画。我が家のHDDレコーダーは立ち上がりに時間かかるし(^^;)

mixi仲間で放送を待っていてくださった方々、すみません。
ミクシー日記に書こうとしても画面にたどりつけないし、そもそも間に合わなかったし。

実は、昼間に電話があったらしい。
でも私は本日お出かけしておりまして。
家にはインフルエンザで療養中の長女がいたんだけれど、おじいちゃん宅からだとわかったのに出なかったそうで。
テレビ放送のお知らせだったら悔しすぎる……。

見たい方、我が家までおこしくださいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲 と 反省

あることができたり、あると、「もっと」と思ってしまうことが。
時給のよい仕事、とか。
我が子がもっとお勉強ができるようになりますように、とか。
習い事をすれば上達するように、賞をとりますように、と。

向上心は必要だと思うけれど、欲張ってはいけない。幸せを幸せと思えなくなったら勿体ない。
……と、時々思う。
我が子に、自分が諦めた夢を押しつけるのはもってのほかだと思う。

思うけれど、やはり夢見てしまうことが、かなり、ある。

さきほど、次女がある告白を涙ながらにした。
危惧していたことだけに、私は落胆。
夢をおしつけたつもりはないが、内心、ちょっと妄想の翼を広げていたことがあったので、夫婦でためいき。

昼間、職場で若人たち(^^;)のコイバナを聞き、いいなぁ~~! と盛大にうらやましがってきたのだけれど。
うちのだんなさんだって、文句一つ言わずに家のことをやってくれる。
朝洗濯機にかけた洗濯物が干されずにそのままだろうと、夕飯の買い物が済んでいなかろうと、昼食は作って子どもに食べさせてくれ(この際中学生は台所に立たないのかというツッコミはなし)、私が見たがっていたテレビ番組を録画してくれている。夕飯の買い物への運転手をつとめ、私が疲れを訴えれば夕飯を作ってくれる。
うん。
いい感じじゃん?
そのうえ愛しい子どもがいて家があるんだよ。
欲張ってはいけない。充分幸せだよ。

と言い聞かせたのが夕方だったのだが。

なかなか、むつかしい。

さて、娘の習い事先へ説明しなければいけない。
ここは正直に話して、理解していただくしか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな気が抜けた?

受験生がいるから、インフルエンザもノロウィルスももらってこないでっ!

と秋口に宣言してから。

予防接種もしていないのに(無茶苦茶だ)、だ~れも体調を崩さなかった我が家でしたが。

先週、次女が発熱で学校を1日お休み。

先日、真っ赤な顔でオットが夜勤から帰宅。
「いつもの花粉かと思ってたけど、熱があったみたい」と。

さきほど、長女が早退。
担任から連絡があり、養護教諭の判断により帰らせます、と。

おにいの受験が終わって、みんなほっとしたんだね。
私も先々週、久々のすごい喉イタに速攻医者に行きました。ポララミンがききすぎて途中で服用やめちゃったけれど。
花粉か風邪か自分で判断できないお父さんは困るなぁ。

悩みどころはいつ医者に行くか。
微熱と咳だけなら、医者にいくまでもないかな、と……。
咳が続くようなら行くけれど……
長引く咳だと思っていたらマイコプラズマ肺炎にかかっていた、という親として失格(と思った)な経験があるので咳には用心してるんですけどね。
今日はあったかいうどんを家族に食べさせて、さっさと寝てしまおう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜咲く

本日、埼玉県公立高校後期試験の合格発表がありまして。

合格することができました。

第一志望校の、希望した科です。

ご心配いただき、見守ってくださったみなさま、ありがとうございました。

……あ、私じゃなくて勿論、長男が合格したんですよ(^^;)
一人で見にいって、書類もらって帰宅してきました。
ちょっと時間調整してから中学へ報告をしにいき、先生方の話を聞いてすぐに帰宅。
持ち帰ってきた書類を見ましたが、色々色々、ありますね。当然ながら。
入学式前に説明会があり、教科書販売があり、制服だのを購入して、自転車通学だから届けをだして、PTA入会の用紙があり(中学で役員経験者は役職を書くんですって。正直に書くべき? 見本はお父さんの名前ですが、ここは私の名前かしら??)……
漏れのないように行動しなくちゃ、と思っただけですごい徒労感です。
苦手なんですよね、こういうの。

第一志望に無事合格できたんですから喜ばなくちゃ。

初めてということで、ピリピリしてしまった1年でした。
続いて長女が同じ受験生となる…なっている…ので、おヒスは起こさず、娘は絞りつつ、臨んでいこうと思います。

それにしても。
入学式とか説明会、親子で自転車で行くべきなのかしら。
いやだなぁ~、疲れるから(笑)

続きを読む "桜咲く"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

お菓子教室・その14

Photo_3 お菓子教室に行ってきました。
マスタークラスのレッスンになります。

カシスとホワイトチョコレートのタルト
                       です。

からやきしたタルト生地に、リキュールとピューレが入ったカシスのアパレイユを流し入れて焼きます。冷めてからホワイトチョコレートのソースをかけます。
このソースは冷やすと多少はかたまりますが、さわるとペトリと指にくっついてくるくらい。
上部の飾りはピスタチオと金粉です。先生のセンスで飾って頂きました(先生とマンツーマンで教わりながら作り、そのまま持ち帰ってくるスタイルの教室です)。
前回もタルトでしたが、生地の配合が違い、勿論食感も違います。
前回のはとっても固い焼き上がりでしたが、今回のほうがソフト。
私はこちらのほうが好みです。

カシスのアパレイユが美味です。
あまり酸味がないんです。リキュールが入ることによって酸味が薄れると先生がおっしゃってましたが、本当においしい。上にかかったホワイトチョコレートのソースも練乳のような甘さでおいしいですが、これがなくてもカシスのアパレイユはおいしく食べられると思います。

切り分けた時の画像は、これです。

Photo_4 ピンぼけですが。
きれいなんですよ、色合いも。
また作りたいなぁ~。カシスのピューレとリキュールを手に入れないといけません。

ベーシッククラスは身近にある材料で作れるものですが、マスタークラスは工程が複雑になるだけでなく材料もちょっといいものなんですよね。
でもほんとこれはおいしかったです。

続きを読む "お菓子教室・その14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風が強くて

昨日の好天がどこへやら、今日は風が強いです。

私はマンション暮らし。
空き缶が、どこぞのお宅から風に吹かれて我が家のベランダでからころ転がっています。
うるさいから3個、拾ってゴッキーいないか確かめるためにゆすいで、空き缶用の袋に入れたんだけれど(我が家は室内で保管してます)。
風はやまないし、缶もあとからあとからやってきます。

どれもこれも、ビールの空き缶。
ベランダに置いておくのはいいけどさ。
きっと、箱か袋には入っていたと思うけれど。
ふたくらい、しておいてよ~!
だからゴキブリが発生したりするんだよ。

うちはうちのペットボトルや缶を保管しているだけで、次回の回収日までに丁度くらいの収納ケースしかないんだし(これが1番の理由だ)、ホント腹が立つっ!
ゴッキーがいるかも? なんて思うだけで気持ち悪いのだっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こだわりどころ

ライディーンをWOWOWでリメイクとか早くから聞いていたけれど。
熱心に見た記憶もなし(フェードッインっっっっ! という台詞は知っているし、幼き頃は主題歌も歌えたと思うけれど…)、今更見ることはなかろう、と思っていた。

が、夜更かししながら番宣?を見た。
CG多用で行くみたい。
「こんなこと、アニメの世界だけのことだと思っていた」とかいう台詞にもひかれた。

見てみようかな。

でも夜7時からは主婦にとってつらい時間だ。
テレビの前に座っていられる自信がない。
で、こういうときはオットにお願い。
 録っといて~~

ライディーンて、勇者ライディーン?

そういう返事がかえってきた。
 そうじゃないの? ライディーンていうんだからさ。

じゃ、勇者ライディーンなんだ?!

 知らないよ、「勇者」がつくかどうかなんてさっ!
 でも予告で「フェードインっ!」って言ってたし、同じっしょ??

勇者ライディーンか~

……。
そんなに「勇者」がつくかどうか、大事なんだろか?
ちょっとついていけない。ていうか、うざいです。

こんなパパを持ったから、ガンダムと特撮好きな先生から色々ネタをふられるんだよっ

と長女は嘆いている。
門前の小僧で、知識だけはそこらの女の子よりあるらしい(爆)
○○さんなら分かるでしょ? とふられるらしいのだ。
がんばれ、長女(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春ですねぇ~

土曜日の日中仕事をしていて、
ホントにあたたかいなぁ~ と思いました。
スタッフ用のロングコートを着ていると、風の通り道である受付にいても、なんだかあたたかい感じ。
林にかこまれているような遊園地だけに、羽虫までとんできました。
あたたかいんですね。

で。
またもや、新しく何かを始めたくなってしまいました。
お菓子教室も続けるつもりだし、カリグラフィーも放り出したままだし、仕事もあるんだからこれ以上はやめたほうがいいとは、頭ではわかっているつもりです。
頭では、ね。
シュガークラフト、習ってみたいんですよねぇ。
面白いかどうか、体験レッスンに行こうかな?と目星を付けたところが都内と川越に1つずつ。
一つにしぼるべき?
体験だけじゃわからないから…とそのまま突っ走りたい気持ちになったらどうしよう??
都内の教室は早めに申し込まないと満席になりそうなのに……

季節の変わり目の、しょーもない浮気心?です(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

卒業式まであと9日

中学校にて、3年生を送る会が催され、見学に行ってきました。
例によって?本日も、PTA役員であることから席が設けられていたのですが、一般のお母さん方と同じくキャットウォークから立ち見をしてきました。
…そう、この会は保護者へ公開されていまして「是非見学に」という手紙もきます。
1~3年生それぞれのだしものあり、生徒会や各部活動の発表有り、先生のだしもの(力作です)ありと、とっても充実した内容の人気行事です。
年子の子どもが在籍しており、かたや3年生、かたや2年生で生徒会と演劇部に所属しているので見逃せない行事でした(出番が多いのです)。

学年毎の歌声も水準が高いし、よそ見をしているひまはありません。
楽しませてもらいましたが、欲を言えば進路が決定している状態で見たかったですね。
滑り止めは確保しているとはいえ、本命の発表がまだなので……
でも、この学校で息子の姿を見るのもあと数日…というか公開行事はもう卒業式くらいなので、あの顔にもこの顔ももう度々会うことはなくなるんだな、先生方の姿や何事にもアツく取り組む行事も……と思ったらさびしくなりました。

年子を抱えていると、「来年も繰り返されるのだ」とついつい思ってしまって、感動が薄れがちになり、あとから自分のしらけ方にがっくりくる、ということがあるので、今回はじっくりかみしめようと思います。
でも卒業式は来賓席に座ることだし、みっともないような泣き方はしないようにしないと(^^;)

3年の先生方のだしものを見ていて、そのはっちゃけぶりに、謝恩会でペコリナイトを恥ずかしがって踊っている場合ではない。私達もコワレて踊らねばっ! と、考えた日でもありました(笑)

卒業式まで、登校する日があと9日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気の利きすぎるハナシ

今年度のはじめに、PTA役員へ名札が配られました。
私のものには「成人教育委員長 ○○」とフルネーム。この用紙は副会長さんが作ってくださり、それをプレートにいれてストラップで首からさげるものです。
で、年度末になったので、名札を回収してるんですが。
委員会に出てこなかった人達に、お子さん経由でいいからと返却をお願いしたのは2週間以上前。
職員室前にPTA用の棚があり、書類ケースがおいてあって我が委員会のひきだしにいれておくように頼んだのでした。

しかし、一個も返ってこないんです。
記録をとっているから、誰が返してないかもこちらはちゃんとわかってます。
で、催促をしたところ……
何人かから、
 所定の場所に返そうとしたら、
 誰だか知らない先生が「お預かりしましょう」と持っていってくれた
と連絡が。

よくよく聞いてみたら保健の先生だと分かったのだけれど、保健の先生は2人いらっしゃるのだ。
しかも。
「お預かりしましょう」と先生が受け取ったのは返却を私が呼びかけた直後で、先生がかなりの間持っていることになる。
その間、勿論私のほうには連絡なし。だから何回か、私や副委員長が棚を覗きにいって「ないなぁ~」と困っていたのである。
私だって、名札の回収に先生を使おうと思っていないから誰にもお願いしていないし、そもそも「我が委員会担当の先生」だって存在しないのに、一体、保健の先生はどうするつもりなのだろう??

もしかしたら既に教頭か教務主任あたりに名札は渡っていて、委員長に会うことがあったら渡せばいいや、くらいに思われているのかもしれない(教頭や教務主任には、定期的に開催される会議で会う)。

たかだか名札なんだけど。
気を利かせてくれたつもりなのだろうけれど。
こちらで決めた手順で回収しているものを、持っていくというのはいかがなものだろうか?
私達は無駄足踏んでいるんだよ~、先生!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »