« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

猫になりたい日

F1010184 職場の主婦仲間Mさんが、職場の池にいる鯉を毎朝見るけれど今日は鯉になりたいと思う日がある、というので、
私はじぶんちの猫を見て、カリカリ(ドライフード)と水しか口に出来なくていいから猫と代わりたいと思う! と、2人で盛り?あがった。

ら、それを聞いていた大学生のPちゃんが「そんなこと考えたこともない」というような発言とともに、大変驚いていた。

疲れてるんですねぇ~~
と言われたが……

若者は、そんなこと考えないのだろうか。
私はしょっちゅう思ってますよ。猫になりたいって。
本物の猫が何を思っているかは皆目わかりませんけどね。
画像の猫は、我が家の同居猫・小鉄。
洗面室への狭い入り口にでーーん! と座っているので携帯でぱちり。
チーズも刺身もまたたびも興味がなく、カリカリだけを食し、スーパーのレジ袋を噛みちぎることが好きで、狭いマンションから外へ出ることも許されない生活は果たして幸せなのか……
シリアスに考え出すとこわいので、まぁ幸せなのだということにしておこう。

それにしても疲れているからなのか、ケチのつけどおしのような1日であった。

続きを読む "猫になりたい日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どとーの1日

朝を食べ損ねて出勤し、勤務時間前にちょっとつまんでから働こう、と思ったらぎりぎりに職場に到着し。

いつも300円で使わせてくれている駐車場が「連休だから」と1000円に!!
あの、△△のスタッフなんですけど…といつものオバチャマ(99%管理人さん)でない係員さんに言うも、「一律なんで」と却下され(涙)

お客さんと楽しく談笑しながら接客していたのもほんの2時間くらいだった……

コンサートに行くというPちゃんがあがる時間が13時。
その1時間くらい前から、異様に混雑してきた……。
でもPちゃんを残らせるわけにいかない。
帰りなさい、とみんな笑顔で送り出したのだったが。

そこからが、そこからが、大変だった!

撮影コーナーにはりつく私。
撮っても撮っても、お客さんは途切れない。

受付では、おっとりMさんがそれでもフル回転で受付中!
1時間毎に集計する決まりのチケットを、集計できない。
しかもチケット多すぎて収納箱に入らない(@_@)
受付にもお客さんが途切れずに長蛇の列。

シアターを男性陣3人が切り盛りしていて、その中の古株D君が合間をぬっては撮影コーナーを手伝いに来てくれた。1回3分しかいられなくても天の助けのようだった。

13時前から撮影コーナーから離れられなくなり。
 あ、14時半か。
 誰も休憩とれてないなぁ、
と思った記憶はある。
次に時計を見たときは……
 
17時半だった!!!!

目を疑った。
ちょっとすいてきたというので、15分だけ休憩をもらう。
朝から何も食って食べてない。飲んでもいない。座ってもいない。
タフな私も、飲み物にしか手がいかなかった。

帰り際、我が職場のある施設の担当さん(いわゆるアウエィで仕事をしている私達なのだ。しかもバイトばっかりで^^;)からちょっとした報告とご注意を受ける。
本日メンバーの中では古株(D君だって採用同期なんだが)のわたしめが、メールで本社担当さんに連絡しましたさ。

やれやれ、と家にたどりついたら。
両足がプルプル。
……撮影コーナーには選べる背景が3種類あり、3枚重ねのロールスクリーンになっている。
お客様のご希望のもので撮影するので、上げたり下げたりしていたことに気付く。
しかも、おバカなスクリーンなので、ヒモを引っ張ってスルスル☆ というわけにいかないやっかいなシロモノなのだ。

明日はどうなるんだろうか?
因みに、600人を越すお客様だった。
私は一体何人のおこちゃまを撮影したんであろうか??
それでも緊張してこわばるおこちゃまを一瞬で笑顔にさせる魔法の一言は修得できないのでありました(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼きたて時間はAM7時

Tamagoyaki 長男が高校生となり、毎朝お弁当を作っています。
学食があるので、そこで食べるようになってくれないかなぁ~と思っているのですが、1年生は(息子のクラスは?)なかなか行かないようです。
先輩たちでごったがえしているからどこの学校でも1年生はなかなか利用しない、とは聞きますが、息子の学校では折り詰めを教室のある階まで配達してくれるサービスがあるんです。
そのサービスを利用しない手はない、とは思うのですが……ペットボトルを買いに食堂前まで行くのも面倒くさいのだか気が引ける?のだかという我が息子ですから、当分お弁当なんでしょうね。

で。
お料理不得意のわたくし。
毎回、お弁当には卵焼きをいれています。
卵2個とお砂糖のみの卵焼き。
毎朝7時頃、できあがりますの。

 とっといて~

小学校から帰ってきたら食べるから、と次女の予約も毎朝はいります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次女、10歳

本日は次女の10歳の誕生日です。
このところ、我が家では誰かの誕生日にはグラタンとケーキが定番です。
今回もマカロニグラタン(大皿2つぶん焼きました)、サラダ、近所のケーキ屋さんのケーキ(ケーキ教室に半年以上通っているのにねぇ…)、仕事帰りのオットがケンタッキーで買ってきたチキンも。
いや~、お腹いっぱいです。

誕生日プレゼントは、五千円分の図書カードと、長袖TシャツとGパンです。服は私のオプション(笑)。花柄のかわゆ~~い服を買いたい気持ちをぐっとこらえ、水色系の、さっぱりとした柄を買ってきました。

もう10歳かと、ちょっとびっくりです。
大きくなりました。
長男はあと4年で成人なんですけどね、それはそれでオドロキです(学生結婚は認めない。できちゃった結婚も認めない、と折に触れて釘を刺すわたくしです。本人は「おれにそんな度胸ないよ」と申してますが、人生どう転ぶかわかりませんからね)。

ところで。
昨日、今日とNHKのBS-2で「アドベンチャー・ファミリー」という映画を放送していました。
予告を見て、なんだか聞き覚えのあるテーマ曲だなぁ、あれ?もしかしたら…と思ったら。
どうやら、私が子どもの時に両親と見にいった映画のよう。
昨日も今日も、我が子にチャンネル権を譲ったのでちゃんと見ることができなかったのですが、娘の誕生日にかこつけて実家に電話をし、母に「見にいったよね?」と確認。

ああ、見にいったわね。よく覚えてるわね~、という答えでした。
頻繁に映画に行く家族ではなかったので、覚えているのかもしれませんが。
あらすじもほとんど覚えていないのだけれど……
それでも、テーマ曲を聴いていると懐かしい。
都内の映画館へ出かけていったような記憶です。

私自身が子どもを持ってから。
映画にはよく出かけていると思います。子ども一緒に。
ポケモンも何本か見ましたし、数年連続で「G・Wはクレヨンしんちゃん」を楽しみにしていましたし、ドラえもん、機関車トーマス、ゴジラ、モスラ、ガメラ、コナン、ハリー・ポッター、エラゴン(これはつい最近)、セーラームーンとかカードキャプターさくら……

私が子どものころ何を見にいったかというと。
そもそも、親が「こんなのあるけど見にいこうか?」と持ちかけてきて、よくわからないままお出かけしていく感じだったような。
アドベンチャー・ファミリーもそうだし、イルカのフリッパーの映画も行ったような……?
シャーロットの贈り物も見にいきましたよ。最近リメイクされたあの映画です。

うまく説明できないけれど、私が連れられていった映画と、私が子どもと行く映画はちょっと毛色が違う気がします。
実写であるとかそうでない、という違い以上のものがある気がするんです。

子供たちが大人になったとき、
「家族で行ったなあ」と懐かしく思い出す時があるのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとグチ

パート先は遊園地内の2つのアトラクション。
先日、その内の一つがリニューアル。
やっつけな感じの研修を受け、翌々日のオープンに出勤してみたら……
ちょー焦る!
手際悪し!!
押しかけるお客様っ!!!
そのお客様の前でテンパるわたくし(涙)
も~、へろへろ。

基本の動きを決めてあって、でも人相手なので臨機応変さも求められる。
みんながそれぞれ、効率の良さを考えてあれこれ動いたり提案したり。
まずは基本通りに動いて(頭ン中で考えているだけじゃわからないから)、アドリブいれるのはそれからだと思うんだけど、私はリーダーじゃないから強く言わない。
ま、明日も頑張ろう。

本日はシュガークラフト教室のレッスン1回目。
スイートピーのブーケを2回で完成させる。
今日はスイートピーの花を作るのみ。
6本すべて、同じような開き具合の花になってしまった。
教室で保管して乾燥させてくれるというので画像がないことに、帰宅して気付く。

生徒は3人なのだけれど、今日は2人。
体験レッスンでも一緒だったもう1人の生徒さんとメールアドレスを交換。
ドコモ同士だったので、かわゆいデコメールをいただく。
……若いとは思っていたけれど、かーなーり!若いかも(^^;)
若い友人ができることに抵抗はないけれど、雰囲気もお顔もかわいらしい方で、休みがあったらランチする約束になったのだけれど話しが合うんだろうか。
でも楽しみ。次回のレッスンは再来週である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣き虫さんへの対応

末っ子が小学生で、2つの習い事をしています。
どちらも電車で一駅となりにあり、私が自動車で送迎をしています。

なので、なるべく習い事のある日は仕事をいれずにいたのですが、最近は間に合う時間まで働いていたりします。
で、昨日も早帰りのシフトにいれてもらい、時間きっかりに「送迎があるので」といっそいで帰宅してきたわけなのですが。

昨日はつめた~い雨模様。
課内クラブが始まった娘よりも私のほうが早く帰宅。
ちゃちゃっと朝の残りの家事をやっつけ、娘が帰ってきた! 
と思ったら。

いつもの「ただいま~」の声がしない。
ドアが開いて、いつもより急いで傘をしまったり靴をぬいだりする音で、何かあったのだとわかりました。

どうしたの~、と急いで駆けつけた時にはもう、
娘は自分の部屋でしくしくと泣き始めていました。

友達にいじめられた?先生に怒られた?何か失敗しちゃった?まさか怖い目にあった?

ぜーんぶハズレ

泣きじゃくるだけの娘。
迫る習い事の時間。
ぎゅうっと抱きしめながら優しくなだめていましたが、すぐに我慢できなくなり、

レッスンはどうするの?

とちょっと強めに言ってしまいました(^^;)

結局レッスンはお休みにし、泣きじゃくる娘がやっと語ったところによると。
事故防止のため、同じ学年の同じ方面の子たちによる「下校班」で帰るのですが、校門で何十分も1人で寒い中待っていたら悲しくなってしまったのだとか。
何十分も、は娘の感じ方だろうけれど、どうも帰りの会が終了するのにクラスによる時間差があったみたいです。
娘の両手は真っ赤になってつめた~~くなってましたから、寒かったんでしょう。
レッスンに間に合うように、と気は焦っていたんでしょうにね。
(なのに悲しくなって泣きじゃくって、レッスンに行けないというのは本末転倒だとは思うんですが)

大変だったね、となぐさめて、お茶の時間としました。
紅茶と甘いホットミルクとどちらがいいか聞いたら「紅茶」の答え。
お湯をわかして、先日買った「クッキー」という名の茶葉でいれて、
マグではなくてソーサーつきのティーカップを出し、
先日ケーキ教室で作ったキャラメルシフォンケーキを出して。

色々感じるようになって、これからもいっぱい泣いたり悩んだりするんだろうなぁと、
かわゆい末娘を見ながら母は思います。
がんばれ~、娘!!
(……このごろ、レッスンを休ませることに以前ほどの抵抗感を失いつつあるのは……いいのか悪いのか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子教室・その16

Photo_10 お菓子教室に行ってきました。

キャラメルのシフォンです。

いわゆる普通のシフォンケーキのような軽い食感ではなく、食べ応えがある感じ……なのだそうで、ひとによっては好き嫌いがあるとか。
私は全然きになりませんでした。
キャラメルソースを混ぜた生クリームを添えて、キャラメルソースをふりかけたシフォンケーキのおいしいことったら!
家族にも好評でした。

ところで。
食べるのは好きでも作ったことは全くなかったシフォン。
ふっくら焼くのはコツがいるとかどこかで聞いた記憶があり、敬遠していたんです。難しいのだろうと。
が、工程は複雑ではありませんでした。
ただただ混ぜていくので力がいります。
翌日には腕がプルプルいうかと思いましたが……大丈夫のようでした。

焼き型に生地を流し入れるとき、一箇所からいれるのではなく焼き型を回転させる、といわれたのですが、流れる生地をうまくとめられないので自分が回ってしまった(^^;) ちょっとおまぬけ~。でも楽しそうでいいでしょ?

「エキュモワール」という、お玉の丸いところが平べったくなっているような道具で混ぜるのが多いお教室なのですが、混ぜ方が上手だとほめられてしまいました。
結構必死の形相で、頭の中で呪文のように混ぜ方を唱えながら(手首の返し方とか、ボウルの動かし方だとか)作業しているのでまだまだだとは思いますが、誉められちゃうと嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの職場

元々。
土日中心、平日は1~2日、ということで採用された職場です。
新年度になるにあたって多少の異動があり、平日も出たり、でもPTAで…とお休みをもらったりと、パートならでは・職場の特殊さゆえも手伝って、フルタイムで正職員として働いている方から見るとゆるゆるな環境で働いています。

ゆるゆるったって、接客業だから気も遣うし売上げも大事なんですが、ちょっとおいときまして……

別に年長者として威張るつもりも卑屈になるつもりもないですが、
20代の若人の中に40間近(採用された時は「間近」だったのです!)のおばちゃん1人、ぽんと飛び込んで。
今でも仲間それぞれの接客の良さ、気遣いのあり方などを見習い、真似したり、勉強したり、の日々です。

お休みが普段から多いとはいえ、ほぼ1週間ぶりの出勤。
アトラクションの説明をするのもカミカミ、必要なチケット枚数は間違える(自分で気付いたりお客様から指摘されたり)、集計になってえっとえっと~、とメモを見ぃ見ぃやるので時間がかかる…とボケボケの1日となってしまいました。

が、そんな中でも。
お掃除だけは、なーんか気になる!
以前に5日ぶりくらいで出勤したときもそうだったのですが。
鏡だとか、ちょっとしたさんになっている所、に私が休んだ日数分の埃がたまっている気がする…ような。
休憩時に使うテーブルが特に。
寒さが厳しくなってきてから、私も含めてみんながカップ麺やカップスープなどを食べるようになり、気付かないうちに汁がとぶわけです。

ある時になんとなく気になり始め、除菌ティッシュを持参して自分の休憩時に拭いています。流し台があるなら台ふきを1枚用意すればいいんですが、そうではない環境なので除菌ティッシュです。
食べかすも落ちている。テーブルに。ゆかにも。コンビニおにぎりの包装の切れ端とか。
全部いちいちは拾わないので、時々おいおい(^^;)と思いつつ視線をはずして休憩する私。
(休憩は原則1人ずつとります)

で、今日も。
拭いてみたら、ちょっと厚めのベニヤ板1枚むこうでリニューアル工事中なのでその埃もあるんでしょう(そう、9割でなくなっていた咳がまたもや)、除菌ティッシュがうっすら茶色というか、黒というか…。1枚じゃきれいにならないじゃないですか。
何かがこぼれたあともあったしね。

黙って拭いている場合じゃない。
そう思って、リーダーさんにお願いしました。
経費で買ってもらえるなら一考を、と。

それにしてもみんな、よく気にならないなぁ。
私が変なのかな。
私は家の中はしっちゃかめっちゃかだけど、食卓だけは気になるというのは多少の自覚はあるのですが。

特にきれい好きではないんです。
主婦仲間から見れば、ずぼらな方だと思います。
それでも、20代の娘さんたちよりは気になっちゃうのかもしれません。
掃除以外は、まだまだ先輩方を見て勉強中なんですけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもやPTA週間!【平成19年度・1】

ちょこちょこと記事にはしてきたのですが、今週はPTAの会合が集中しました。
そのため仕事のお休みをとったら6日間連続でお休みとなり、パート仲間からは「G・W?」なんてからかわれましたが……
今年度もPTAと関わって過ごすことになりましたので、
カテゴリーでは『役員体験記』、
タイトルではサブタイトルをつけながら【】でくくって数字をふっていこうと思います。
小学校も、中学校も、高校もあるので、それぞれ分けておくこまめさはないものですから。

9日の月曜日。
高校の入学式後、役員決めが。
いわゆる「補欠」のつもりで手を挙げたら当選(^^;)

10日の火曜日。
小学校の地区役員になっていたので(これは年が明けてから早々に次の役員を決めます。専門部の委員や子どもが6年生になってから卒業に関わる役員はまっぴらだったので、立候補しました)、前年度の方から簡単な引き継ぎを受けました。
2人でやる役員で、ご近所さんだけれど深くは付き合ったことのない人と組み、「一緒にやりましょうね」の次が「仕事をしているので無理なときがあるんですけど」という言葉だったので大いに不安だったのですが(こっちだって同じだよ~と叫びたくなった私でした)、私の心配のしすぎだったようです。

11日の水曜日。
中学で新年度第一回の保護者会。役員決めの場でもあります。
いつになく少ない出席者でしたが、学年委員長さんが事前の根回しをしていたり、手際の良い采配ぶりで無事に役員決定。
勿論?、私も手を挙げて前年度と同じ専門部の委員になりました。

12日の木曜日。
中学にて常任委員会。これは平成18年度の役員として、です。
どの役員さんも、後任の方の目星をつけているようで。
私は…続けるつもりなので、新しい副委員長を1人見つければいいや、という根拠のない楽観主義になっていて、周りのお話をふんふんと聞き流していました。
でもお子さんが卒業されたので、役員も終わり。もうすぐ会えなくなる役員仲間は確実にいるのでちょっと寂しさを感じます。

13日の金曜日。
中学で新旧役員会。
平成19年度の役員が一堂に集まり、委員長・副委員長決めをします。
我が委員会は…3年の役員は全員出席でしたが、2学年の役員さんがたった2人だけ!
欠席者からは選出しない方針の学校なのですが、寂しいですね。まぁ私も数年前に欠席しちゃったので大きなことはいえませんけれど(同じ中学でかけもちだったので許して欲しいです)。
根回しをしていなかった私、その場になって自分の詰めの甘さを実感(^^;)
私が委員長、昨年度の副委員長の1人が留任、まではいいのですがもう1人の副委員長のなり手が…! PTAコーラスに参加したことがある人がいたので集中攻撃で口説き落としました。3年の仲良し組で固めてしまうと次年度への引き継ぎなどに支障が出るので、違う学年で受けて下さる方がいて本当に助かりました。
旧の長副と新しい長副は一言ご挨拶するのですが、2度続けてご挨拶の私は会場を和ませたようです(笑)
卒業する役員仲間から「張り切ってる!」というかけ声までもらうし……。

でもマイクを持つ手がふるえていたのはまぎれもない事実です。

小心者なんですよ~~~!!
やっぱり、覚悟してなっても、緊張とかプレッシャーはあります!

14日土曜日。
午前中、公民館にて小学校の地区役員の長副決めがありました。
言い訳を色々考えていったのですが言う暇もなく、くじびきとなり……見事外れました!

夜、市内のお店にて、高校の役員の懇親会。
専門部を決める場でもありました。
知らない人ばっかり、組織の構図も分かっていない新入生保護者の私達。
自己紹介があったので、トリプルで役員をやっていることを私なりに面白く披露(^^;)
そうしたら、○中の誰それと知り合いだよ、とか、話しかけてくださった方が数人。
全体的に、我が中学と同じようなアットホームな雰囲気です。
肝心の専門部は…当初狙っていたものになれず、視察旅行を企画運営する委員となりました。高校生のお母さん方が1泊旅行だなんて、びっくりです。どうやって行くの?? 子どもが大きいからお泊まり旅行なのかしら? それにしても難しいでしょうに。
ちょー緊張しながらも、出されたお料理は全てたいらげて帰宅。疲れましたー。

来週は小学校の授業参観・懇談会があります。
役員決めがありまして、私は地区役員なので免除ですが、出席しないとどう転ぶか怪しいので出席します。
やれやれ……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書 「夜の神話」

たつみや章さんの「夜の神話」

……たぶん、腐海を捜索(^^;)するとハードカバー版が出てくるのではないかと思うのだけれど、先日文庫版を見かけたので代金を払ってお持ち帰りしてきました。

お話はどんどんテンポ良く進むのに、内容は重いです。

概要を書こうと思って挑戦したのですが無理なので、興味おありのかたは読んでください。

このごろ、「家読」(うちどく) という試みが広がりつつあると新聞で読みました。
家族で同じ本を読んで、感想を述べ合う、ということらしいのですが(違うかも)。

なんと、私は去年の今頃、子供たちに色々な本を読んで欲しいと思い、「本の虫競争」をしようと提案していました。

童話でも詩集でも小説でもオーケー。
各自がそれぞれのノートを持ち、読んだ本と感想を記入していく(ちょっとした作文練習になるように、感想は最低5行)。
時々ノートを持ち寄り、読んだ総ページ数が1番多い人がなんらかの特典にあずかる。

子供たちが乗り気になり、おそろいのノートまで購入したものの、高校受験生となった息子に不利かも?なんて迷いだしてズルズルと実施せずに1年がたってしまったのでした。

今年は長女が高校受験生なのですが、かまわずに始めようかな、と……。
子どもがのってくる内が楽しいですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子教室・その15

Photo_7 お菓子教室に行ってきました。
なんだか久しぶりな感じです。

ガトーフレーズ

  いちごのショートケーキ  です。

生地を作るために全卵とグラニュー糖をまぜたものをハンドミキサーで4分間泡立てている時……腕がだるくなってしまいました。久しぶりに根性とか気合いとかいう言葉が浮かびました(笑) 明日は腕がプルプルいっているかもしれません。

生地にはキルッシュが入ったシロップがたっぷりうってあります。
お教室では洋酒を使うことが断然多く、だからこそおいしさが引き立つのだと思うのですが、ものによっては家族から「おいしい」という声をかちとれないことがあります。

今回、小学生の次女は「お酒が入っているのはわかるけれど平気」と言ってたいらげ、
中学生の長女が一口食べてギブアップしてしまいました。
オットも眉根を寄せながら食べていました。
息子はクリームが甘すぎる、と(洋酒の風味と甘さが判別できないようでした)。

教室では先生と1対1で教えて頂き、作った後は試食してくるのですが。
教室でいただいた時より、持ち帰って夜までおいておいたもののほうが洋酒がよりしみこんでいる感じでした。
おいしいと思うんですけどね~

Photo_9 さて、もう1種。

ムラング・フレーズ  です。

乱暴にいえば、いちご味のメレンゲを焼いたお菓子、でしょうか。

画像右手前に映っている、棒状のものがこれです。
因みに器はオット手作りの蕎麦ちょこです。

これは家族に大好評。
長女は「これを発明した人はえらい!」と言いながらバクバクと……。
2~3週間は保存可能といわれたのですが、またたくまに全て平らげられてしまいました。特殊な材料はいらないので、復習代わりに作ってみなくては……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長引く咳

3月19日から1週間弱寝込んだわけですが。

それから咳が治まりません。
接客業なので感染させる病気になっていてはいけないとこまめに通院をしています。
本日も受診。
咳止めの薬を変えましょう、とシロップを処方されました。

うすーい茶色の、シロップ薬。

お目にかかるのは何年ぶりでしょう。
錠剤で治ればよかったんだけど。
鼻をつまんで飲んでも味がするので(^^;)、覚悟を決めて飲みました。
まずーい!
麦茶を飲んでも口に残る余韻……(涙)
飴を買っておくのを忘れたので、チョコ菓子を。
こんな薬、職場で飲んでいられませんよ。
お休みの内に治るといいなぁ。

というわけで、ここ数日マスクを愛用しています。
ほこりっぽい職場では、マスクをしているといないとでは断然違います。
凄いんですね、マスクって。
ってか、高校の入学式に何を気にしてか、マスクなしで出かけていった私。
それがいけなかったのかも。
オバチャンなんだし、見た目よりも健康ですよ。
いつ咳き込むかわからないので、宝塚は見にいったけれど中島梓さんのライブは断念したし、ホント早く治さなければ、という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校の入学式

長男の高校の入学式に行ってきました。

今日は近隣の県立高校はどこも入学式ですね。行きも帰りも色々なところで色々な知り合いや、明らかに入学式に向かう人・終えて帰る人をみかけました。

さて、入学式です。
まずはクラスを確認。
なんと普通科だけで7クラス、もう一つの科をいれると全部で9クラスで、生徒も約370人
中学も全学年で1000人くらいいましたが、普通なのでしょうか。
親子で体育館へ行き着席。
開式の前に動作の練習を、と生徒達は起立・礼(長さもカウント)・着席を。「遅い」「頭をふらない」など、厳しめの先生の声が。
式後に校則についてお話をききましたが、なかなか細かいです。
まぁでも動作の練習とともに、私はそれくらい守って生活してほしいので反感はないんですけれどね。

入学式とくれば。
そう、役員決めもありました。
まずは出身中学別に集まり(我が中学出身者は10人以上いるので)、そこから2人選出。
1人は立候補があり、残り1人となったところで皆さん(私も)シーン。
じゃあくじで、となったのですが、なんと欠席者があたってしまい…
せめて出席者の中から次点を、というのでつい、手を挙げてしまいましたら。

続きを読む "高校の入学式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚宙組 A/L 怪盗ルパンの青春

Al 4月4日、日本青年館で宝塚宙組公演

A/L ―怪盗ルパンの青春―

を観劇してきました。
画像は、私の座席から見た緞帳です。
吹き出しの言葉(フランス語)が変わるんですよ。半分以上、なんて書いてあるのか分かりませんでしたけれど。

久しぶりの宝塚(と、見るたびに思っている気もするのですが…)でした。思えば3月は、受験だなんだとスカイステージもろくろく見ずに過ぎてしまいましたから、宝塚から離れていましたねぇ。だから勿論、この公演に関する前知識もゼロに近い状態で観劇でした。
1日から始まった公演、明日が千秋楽ですね。
次は13日からの中日劇場……。
さてさて、大変面白かったです! トップコンビさんが美しい!かわいい!! 公演自体が洒落てる!!! スカイステージや劇団発行の本で予習しておけばもっともっと面白かっただろうに。そうだ、初日の様子だって見てないよ(;_;)、と一緒に観劇したオットと2人で大いに後悔もしました。

つたない感想ですが、ネタバレになるといけないので久々に分けます。

続きを読む "宝塚宙組 A/L 怪盗ルパンの青春"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

親子で同じ本を

高校生のころに偶然出会った本、「グイン・サーガ」

なぜだかながーく続く本を読んでみたくなり、物色していて出会ったのでした。
……当時、何巻まで出ていたのか記憶がないのですけれどね。

読み続けて、3つ年下の妹が、彼女が大学生の時に読み始め。
その妹が入院したとき…?出産で里帰りした時…?だかに、付き添っていた母が、時間つぶしのために長編を求めてきたので手に取り。

以来、私が買った本を親子3人で読んできました。
 (栗本薫さま、売上げに貢献しない我が家族をお許し下さい)

今までにも何度か勧めたことがあったのだけれど、頑な?に拒んできた長女が。
とうとう、読み始めました。
私の妹は、これから100冊以上あるなんて、幸せだね~~!と叫んでました。

誰それが素敵、とか、親子で話せる時がくるかもです。
嬉しい(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シュガークラフト【体験レッスン】

ホームメイド協会の、シュガークラフトの体験レッスンに行ってきました。

Photo_5 今回の画像はデジカメで撮りました(いつもは携帯なのです)。お皿がいけなかったのか、まぶしい画面となってしまいましたが、まぁご愛敬。

2時間弱のレッスンで作りました。
大きさは、片手に乗るくらいです。
プラスチックのダミーが中に入っていまして、ケーキはありません。
ペーストは既に用意されていて、私はこねて麺棒?でパイ生地のように広げて型抜きしただけ。

面白かったです!
シーンとした中でにらめっこするように格闘するのかと想像していましたが、けっこう先生が進めるペースが速く、しかもお喋りをはさみながら楽しくレッスンは進みました。

Photo_6 同じものを横から見るとこんな感じです。
ちょっとピンぼけなのが悲しいです。

乗っかっているお花は、一応バラです。
もうすこし開いているお花にするつもりだったのですが、うまく開かずこんな感じに。

バラが乗っている白いペーストの周囲は波形みたいになっていて、画像ではわかりにくいですがアイシングでちっちゃな丸ぽちに絞り出して飾りをつけてみました。
……が、その丸ぽちが難しかった!
アイシングの絞り出し口にくっついてくるんですよね。明日あたり、この縁にさらにアイシングで飾りを足そうと思っています。

練ったペーストを麺棒?で丸く伸ばすのが意外と困らずにできました。
お菓子教室で何度か、タルトやキッシュを作ったからだと思います。力を入れるときは思い切りが必要ですよね、お菓子が相手でも。

体験レッスンということは……。
そうです、入会申し込みもしてきました。
個人でやっていらっしゃる教室にも憧れるのですが、自宅からの近さを重視してみました。説明を聞いてみると道具購入もできるようですし、他にも色々興味をひく話題がありましたので。
4月は1回だけですが、基本的に月2回のレッスンになるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私が40ということは

誕生日のブログ記事を、浮かれた一本調子にしてしまったことに今更気付きました(^^;)
周囲への感謝の気持ちがないわけではない……のですが(くるしいなぁ~)、昨夜久しぶりに実家へ行き両親や里帰りしていた妹家族などにも会ったので、誕生日ネタをつづけさせていただきます。

さてさて。
3月31日生まれのわたくし。
丙午の翌年の未年です。
丙午の女の子は良くは言われませんから、未年になっての出産数はすごかったようです。
私の母が出産するとき、産婦人科はいっぱいで、助産師さんが自宅に来て?だか、助産院で?だかで出産となったようです(昨夜聞いてくればよかったですよ)。

で、私が産まれたお祝いに。
前年の4月に産まれていた、私のいとこがその母親とお祝いに来てくれたそうなのですが。
前年の4月生まれということは、私と同学年になります。
その女の子が、歩いてお見舞いにきた。
それを見たおば達は、母に

 出生日をずらして届けを出し、次の学年の子どもということにしなさい。
 こんなに差がある子たちと一緒だなんて、子どもが苦労するわよ

と口々に言ったそうです(しかも母には3人も姉がいたのでした)。
が、とりあげてくれた助産師さんが、成長すればそんなことは関係ない。むしろ若いということで本人もよかろう。というようなことを助言してくれ、私はそのまま3月31日生まれということで届けが出されました。

で、今に至るわけです。
確かに、小さいとき……小学校時代などはイヤでしたね。
出席番号が生まれた順になっていたのでいっつも最後。
小さいし、とろいし(^_^;)で、出席番号順で何かやる、というときはなんでもかんでもドキドキしていました。私の時間がなくなっちゃったらどうしよう、みんなと同じようにできなかったらどうしよう?? ってね。

なので3月生まれの子どもは生まないようにしたのですが、今は五十音順なんですよね。
なんと、名字がや行なので、うちの子たちは後ろのほうです。わ行のお子さんがいると、正直ほっとします(^^;)

突然母の話になります。
私は母が30の時の子どもです。
年齢では3つ、学年では4つ違いの妹がいますが、私の上に1人、妹との間にもう1人ずつ妊娠したけれど流産しているそうです。電車通勤がよくないのかも、ということで、仕事も変えてくれたようです。
静岡の山奥で育って、商業高校を出てから看護婦になり、姉や弟と住みながら助け合って暮らし、少しでも実入りのよい仕事を、と職場を変え、結婚してからも色々やっていました。私が3~4つのころは、パンや雑貨を扱うお店を経営していました。丁度家の前に高校があって、学生さんでにぎわっていた記憶が私にもあります。
私が進学した高校の先生が、昔、うちの店にきてサンドイッチを作ってもらったとかいう話しになったときは驚きました。世間は狭いです。

その母は今はケアマネージャーとして働いているのですが。
もう70だから、経験あります、働けますとがむしゃらに働く年齢でもない。引き際を考える年になってきたと言っています。
自分の両親だけは、自分自身がいつまでも成長しないように感じるのと同様にいつまでも若い…というか、老いないような気分でいますが、確実に年齢を重ねているんですよね。

父だって、もう再発の可能性は限りなくゼロ、となっていますが、癌になって腎臓をひとつとっていますし、働く母の代わりに家のことをいっさいとりしきっています。それだってかなりの重労働なのかもしれません。

そうそう、オットのことも。
結婚前には前髪の一房が白くなっていて「メッシュ君」なんて呼ばれていたようですが、結婚してからあっという間に頭全体がグレーになってしまいました(笑)。
私が苦労をかけている、ということに、なっている……ようです(怒)(^^;)

先日一週間ほど寝込んだ時は、助けてコールできる友人を持たない私は、実家近くに住んでいるありがたみをつくづく感じました。
あ、でもせんだっては両親は祖母の介護のために田舎に行っており、助けを求めることはできなかったんですけれどね。

関西や北海道に離れていても、いろんな友人知人に支えられて楽しく暮らしています。
みなさん、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »