« シュガークラフト【体験レッスン】 | トップページ | 宝塚宙組 A/L 怪盗ルパンの青春 »

親子で同じ本を

高校生のころに偶然出会った本、「グイン・サーガ」

なぜだかながーく続く本を読んでみたくなり、物色していて出会ったのでした。
……当時、何巻まで出ていたのか記憶がないのですけれどね。

読み続けて、3つ年下の妹が、彼女が大学生の時に読み始め。
その妹が入院したとき…?出産で里帰りした時…?だかに、付き添っていた母が、時間つぶしのために長編を求めてきたので手に取り。

以来、私が買った本を親子3人で読んできました。
 (栗本薫さま、売上げに貢献しない我が家族をお許し下さい)

今までにも何度か勧めたことがあったのだけれど、頑な?に拒んできた長女が。
とうとう、読み始めました。
私の妹は、これから100冊以上あるなんて、幸せだね~~!と叫んでました。

誰それが素敵、とか、親子で話せる時がくるかもです。
嬉しい(*^_^*)

|

« シュガークラフト【体験レッスン】 | トップページ | 宝塚宙組 A/L 怪盗ルパンの青春 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

いいですね。うらやましいです。
うちの野球人間はあまり本を読まないので(漫画は特定のものは読みますが)、グインを読み始めるなんていつのことやら、です。今は「バッテリー」は読んでいるみたいだけど(コンセプトは常に野球(爆))。

最初の頃はちょっと堅いかも知れないけれど、うまく乗り越えて、最新巻まで到達してくださるといいですね。

私は93年1月に奨められて読み出して、93年中に栗本さんの本を100冊読む!と宣言して、134冊読みました。その時、グインは42冊まで出ていて、同じことを言われました。「あと42冊あるなんて、一気読みできるなんていいなあ!」って。最新巻まで行くと、次が出るまで地獄なんだ、と。なかなかです。「地獄のヒキ」。

93年は今まで唯一、1年に1冊しかグインが出なかった年で、みなさん地獄を味わっていらしたので、特に実感がこもってました(笑)。

それから14年。100巻を超えて驀進するグイン・サーガ。ともにずっと最後まで行きたいですね!

投稿: 明日香 | 2007年4月 7日 (土) 06時14分

明日香さん
読み始めた日や、何巻まで出ていたかを覚えていらっしゃるんですね。うらやましいです。
私はグイン・サーガとこんな長いおつきあいになるとは思わなかったので…(やめようと思ったことがあるのではなく、高校生のころは栗本薫さんのこともまったく存じ上げず、長編をお書きになるのが好きだということも知らなかったんです)

娘は「堅さ」に苦労しているようですが、投げ出すようでもないみたいです(わかりませんが)。
コンセプトが野球というのもいいじゃないですか。
「パーフェクト・ブルー」も野球がらみですよ。きっと色々あるんでしょうね(^^)

投稿: 藤娘 | 2007年4月 8日 (日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/14584890

この記事へのトラックバック一覧です: 親子で同じ本を:

« シュガークラフト【体験レッスン】 | トップページ | 宝塚宙組 A/L 怪盗ルパンの青春 »