« 長引く咳 | トップページ | 読書 「夜の神話」 »

お菓子教室・その15

Photo_7 お菓子教室に行ってきました。
なんだか久しぶりな感じです。

ガトーフレーズ

  いちごのショートケーキ  です。

生地を作るために全卵とグラニュー糖をまぜたものをハンドミキサーで4分間泡立てている時……腕がだるくなってしまいました。久しぶりに根性とか気合いとかいう言葉が浮かびました(笑) 明日は腕がプルプルいっているかもしれません。

生地にはキルッシュが入ったシロップがたっぷりうってあります。
お教室では洋酒を使うことが断然多く、だからこそおいしさが引き立つのだと思うのですが、ものによっては家族から「おいしい」という声をかちとれないことがあります。

今回、小学生の次女は「お酒が入っているのはわかるけれど平気」と言ってたいらげ、
中学生の長女が一口食べてギブアップしてしまいました。
オットも眉根を寄せながら食べていました。
息子はクリームが甘すぎる、と(洋酒の風味と甘さが判別できないようでした)。

教室では先生と1対1で教えて頂き、作った後は試食してくるのですが。
教室でいただいた時より、持ち帰って夜までおいておいたもののほうが洋酒がよりしみこんでいる感じでした。
おいしいと思うんですけどね~

Photo_9 さて、もう1種。

ムラング・フレーズ  です。

乱暴にいえば、いちご味のメレンゲを焼いたお菓子、でしょうか。

画像右手前に映っている、棒状のものがこれです。
因みに器はオット手作りの蕎麦ちょこです。

これは家族に大好評。
長女は「これを発明した人はえらい!」と言いながらバクバクと……。
2~3週間は保存可能といわれたのですが、またたくまに全て平らげられてしまいました。特殊な材料はいらないので、復習代わりに作ってみなくては……。

|

« 長引く咳 | トップページ | 読書 「夜の神話」 »

習い事」カテゴリの記事

コメント

いつも美味しそうな画像で楽しませていただいてます。
(シュガークラフトではたいてい中味がダミーだからね(^^;))

今回のいちご味のメレンゲ、とーーーっても興味があります。
たしかメレンゲは昔々のその昔(^^;)作ったことがあるような気がするけど、今じゃもう作り方が記憶の底の底に眠って‥というか逃亡しているような。。。

投稿: さくら | 2007年4月12日 (木) 09時18分

さくらさん
シュガークラフトの画像は美しさで楽しめるからいいじゃないですか(^^)
今回の家族には不評なショートケーキは私がおいしくいただいておりますよ(笑)

いちご味のメレンゲ、今度お会いできる日があったら持参しますよ(^^)
口に入れるとシュワッと溶けるような食感が不思議なお菓子です。
……でもいつお会いできるかしら(^^;)
あ、6月の頭にたぶん京都には行くんですけれど。

投稿: 藤娘 | 2007年4月12日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/14649455

この記事へのトラックバック一覧です: お菓子教室・その15:

« 長引く咳 | トップページ | 読書 「夜の神話」 »