« お菓子教室・その16 | トップページ | ちょっとグチ »

泣き虫さんへの対応

末っ子が小学生で、2つの習い事をしています。
どちらも電車で一駅となりにあり、私が自動車で送迎をしています。

なので、なるべく習い事のある日は仕事をいれずにいたのですが、最近は間に合う時間まで働いていたりします。
で、昨日も早帰りのシフトにいれてもらい、時間きっかりに「送迎があるので」といっそいで帰宅してきたわけなのですが。

昨日はつめた~い雨模様。
課内クラブが始まった娘よりも私のほうが早く帰宅。
ちゃちゃっと朝の残りの家事をやっつけ、娘が帰ってきた! 
と思ったら。

いつもの「ただいま~」の声がしない。
ドアが開いて、いつもより急いで傘をしまったり靴をぬいだりする音で、何かあったのだとわかりました。

どうしたの~、と急いで駆けつけた時にはもう、
娘は自分の部屋でしくしくと泣き始めていました。

友達にいじめられた?先生に怒られた?何か失敗しちゃった?まさか怖い目にあった?

ぜーんぶハズレ

泣きじゃくるだけの娘。
迫る習い事の時間。
ぎゅうっと抱きしめながら優しくなだめていましたが、すぐに我慢できなくなり、

レッスンはどうするの?

とちょっと強めに言ってしまいました(^^;)

結局レッスンはお休みにし、泣きじゃくる娘がやっと語ったところによると。
事故防止のため、同じ学年の同じ方面の子たちによる「下校班」で帰るのですが、校門で何十分も1人で寒い中待っていたら悲しくなってしまったのだとか。
何十分も、は娘の感じ方だろうけれど、どうも帰りの会が終了するのにクラスによる時間差があったみたいです。
娘の両手は真っ赤になってつめた~~くなってましたから、寒かったんでしょう。
レッスンに間に合うように、と気は焦っていたんでしょうにね。
(なのに悲しくなって泣きじゃくって、レッスンに行けないというのは本末転倒だとは思うんですが)

大変だったね、となぐさめて、お茶の時間としました。
紅茶と甘いホットミルクとどちらがいいか聞いたら「紅茶」の答え。
お湯をわかして、先日買った「クッキー」という名の茶葉でいれて、
マグではなくてソーサーつきのティーカップを出し、
先日ケーキ教室で作ったキャラメルシフォンケーキを出して。

色々感じるようになって、これからもいっぱい泣いたり悩んだりするんだろうなぁと、
かわゆい末娘を見ながら母は思います。
がんばれ~、娘!!
(……このごろ、レッスンを休ませることに以前ほどの抵抗感を失いつつあるのは……いいのか悪いのか)

|

« お菓子教室・その16 | トップページ | ちょっとグチ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/14780705

この記事へのトラックバック一覧です: 泣き虫さんへの対応:

« お菓子教室・その16 | トップページ | ちょっとグチ »