« テレビっ子家族 | トップページ | それってどーなの? »

宝塚花組 「黒蜥蜴」 「TUXEDO JAZZ」

2日に休んだだけで働きづめだったという、異例のG・W
……レジャー施設で働いているんだから仕方ないというか当然というか。でも生まれて初めての経験だったので、なかなか強烈でありました。
久しぶり感のあるお休み。その今日、以前から入手していたチケットで宝塚花組公演を観てきました。

5月7日の昼公演です。
(終演後、い~っぱい人が並んでいたから1回公演だったのかも)

連れは往年(笑)のヅカファンである、ママ友Hちゃん。10歳上の彼女とは、コムさんのベルばらも一緒しています。

さてさて。
スカイステージのニュースでちらほらと見て、背中の黒蜥蜴がきれいだな~とか、おささんの乗っている自動車ぞうさんみたい、なんてことしか前知識?がないまま観劇しました。

桜乃さんは、外見的に似合っている感じ。大人顔だからですね。いきなり「ぼく」と言ったり、「まだ男も知らないのよ」なんていう台詞も似合っている(気がする)。
春野さんは、しゃべり方も歩き方もす~っごいクサイですね(宝塚では誉め言葉)。
一歩踏み出すにも脚をくねくね(じゃないけれど)していて時間をかける。動く必要あるのか? 歩くなら歩いちゃえばいいんじゃないか? と、思っちゃいました。
そしてあのしゃべり方。時代を感じさせる背景とあいまって、なかなか面白かった。
黒蜥蜴が変装する、という設定で、舞台に出ている役者さんと声が別人だったりするのも宝塚では初めて見た気がします。違和感がなく、面白かった~。

そしてあのラスト。
いや~、全然展開を知らなかったので大いに驚きました。まだ見ていない方のために一応ふせておきます(って私のブログは大して訪問者さんがいないしこゆいヅカファンはいないと思うので問題はないと思うけれど…)が、ちゃんとまとまったな、と感じました。
それまで気障りまくっていた春野さん演じる明智さんが、やっと感情の発露を見た気がして私の気が済んだだけ(笑)なのかもしれませんが。

「TAXEDO JAZZ」は。
春野さんの歌詞、半分以上聞き取れなかった……。
矢代さんの歌声は好きだし(一緒に観劇していたHちゃんは「懐かしいねっ」と嬉しそうだった)聞き惚れるんだけれど、その他の出演者の歌の時は ジャズは私は好きじゃないのかも と思うくらい、退屈感を感じてしまったのでした。

そんな中でも。
花組では春野さんよりもオペラグラスで追ってしまう、みつるくんですよっ!
連れのHちゃんにも「可愛いでしょ?」とオススメしてしまいましたよ(爆)
背丈の関係で警察官(刑事)役だったのかしら。寝顔も見れたし(や、芝居だけど)、キザって踊る姿も見れたし、大満足。ただフィナーレで見つけられなかったのですけどね。

それにしても「黒蜥蜴」では、こんなに実力のある人がこれっぽっちの役なの? その他大勢と一緒みたいだけど勿体ない……! と思う人々がいっぱいいました。少年探偵団の1人とか、浮浪児とか、書生の1人とか。いや~、豪華っちゃ豪華だけれど……と思った次第。

久しぶりに会ったHちゃんとお喋りも堪能したし、楽しい1日でした。
本日の昼食は観劇前に日比谷シャンテのお蕎麦屋さんで。
店員のおばちゃんは店が混み合っていないときから少々そっけなくて、シャンテにこんな店が?? と思ったけれど、食事はおいしかったしお茶もひっきりなしにつぎ足しに来てくれて大満足でした。


|

« テレビっ子家族 | トップページ | それってどーなの? »

「宝塚」カテゴリの記事

コメント

TAXEDO JAZZの最初の一段落目にとっても同意!
矢代さん以外、なんの面白味もないJAZZでちょっと残念でした。
ごめん、その他の人々はいまだによく判ってない(^^;

投稿: まっきぃ | 2007年5月 8日 (火) 06時53分

まっきぃさん
その他の人々を見分けるには、修行が必要だと思われます(笑)
演出が荻田さんなので、期待していたのですけれどね~。

投稿: 藤娘 | 2007年5月10日 (木) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/14992840

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚花組 「黒蜥蜴」 「TUXEDO JAZZ」:

« テレビっ子家族 | トップページ | それってどーなの? »