« ボランティア・その3 | トップページ | お気に入りのスリッパ »

お気に入りの感触

本当は先日いったお菓子教室の記事を載せたいのですが、画像をちょっといじる気力が今ひとつで、何日かずるずるとそのままにしています。

毎日お邪魔している雪穂さんのブログに、愛犬を迎えに行ったら(人間の)お子さんを保育園に預けていた頃のことを思い出した、という記事があって、我が家にも人間の子どもと猫がいることでもあるし、ほほえましいなぁと思って、ふと足元をみたら。

……我が家の同居猫が、私のスカートの上に寝そべっていました。

購入した当初はおでかけ用に着用していたスカートですが、このごろはくたびれてきたことと、しわにならないのと脚がしめつけられないのと、スカートだけあって風通しがジーパンよりいいので、朝おきるとまずはこのスカートに着替える日が続いていました。
で、朝の家事をする間だけの着用が多いので、リビングの一画にちょいとひっかけておいたりするのですが(スカートで買い物となると、ストッキングはかなくちゃいけないのでイヤなのです。生足でいけるほど若くもないですし)。

このスカート、ポリエステルというのかな、ツルッツルの素材なのです。
うちの猫、どうやらこういう素材は好きらしい。
5キロは超えている体で、ででーん! とくつろいでます。

ツルツルといえば、うちの長女。
言葉は話すけれどまだまだ幼いころ、気付いたらつるつるした布がお気に入りとなっていました。
私の母がストックしてあった布地をくれたのだと思いますが、家にいるあいだは大人の手のひら2つ分くらいの布地を片手で触り続け、それを忘れて外出したときはハンカチやタオルについているタグを探したり。大人がスカートなぞ履いていようものなら、裾から手を入れて裏地をさわっていました。
さわると落ち着くんでしょうね。
本当に四六時中なので汚れもひどく、あるとき丁寧に手洗いしたらすっかりきれいになってしまって、娘が「自分のお気に入りの布」(当時は「つるつる」と呼んでいました)だと気付かなくてみんなで大笑いしたことも。

私も結構大きくなるまでお気に入りの布団がありました。
赤ちゃんのお昼寝に丁度良いくらいの大きさで、中綿のふつうの布団です。
寝るときには欠かせないものなので、汚れてくると母が外側の布地を新しく作り直してくれていました。
ある時、学校へ行って教科書をだそうとしたら入っていなくて、代わりにランドセルから布団がっ!!
……という夢を見て、あまりのおそろしさに布団を手放しました(笑)

長女はどうやって「つるつる」から卒業したのだったかな?
周りがことある毎に話すからか、ちゃんと自分で覚えているのかは怪しいですが、ツルツルした布地を「ほら」とからかうと、赤面しながら抗議してくるのはかわいいです。

|

« ボランティア・その3 | トップページ | お気に入りのスリッパ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/15524503

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りの感触:

« ボランティア・その3 | トップページ | お気に入りのスリッパ »