« お気に入りのスリッパ | トップページ | イメチェン »

シュガークラフト【レッスン5】

Rose1 Rose2

シュガークラフトレッスンに行ってきました。
パート1は全6回のレッスンですが、あっというまに最後の作品になってしまいました。

今回と次回で、「バラのデコレーション」を作ります。
ダミーをカバーリングした上に、葉っぱと薔薇を飾ります。勿論花と葉を作ってからカバーリングの順ですが。

前回のレッスン時、先生から時間がかかるから早めにきていいと言われていました。
で、バラを何色にするかは大体決めてあったし多少早くも行ったのですが。
道具を注文していて、結局とりかかりはいつもと同じ。というか、ちょっと遅いくらいになってしまいました。
紫にするにはどれとどれを混ぜて~、手に着色料がつかないようにね、なんて話を聞きながらやっていたのに、指が青色になってきたり、こねていたペーストを床には落とすし、なんだかさんざんな私。

どんどん遅れていくので、いつになく…というか、
今までのレッスンではどんなにへたくそであろうが自力で作っていたのですが。
ペーストを紫色にする作業の半分と、型抜きをちょこっとと、花芯作りの大半を先生にお手伝いいただいてしまいました。あ、バラそのものも1つは作ってもらいましたし。
いけませんねー、これじゃ。

私が作ったのは紫のばら。
左側の写真に写っているピンクは師範科の生徒さん作。画面右下に見えるのは私と同じクラスのかたのバラ。オレンジ色で、透けるような感じがあってとてもきれいです。
私は(先生に半分以上外注したも同じですが)、けっこう濃い紫にしてみました。

 1・芯として、涙型にしたものを1枚の花びらで包みます。
 2・次に3枚の花びらを。
 3・次にまた3枚つけるか、5枚に増やしてしまう、というのもアリ。
 4・次にまた3枚かさね。
 5・最後に大きな花びらを5枚つけて完成。
色は、4でちょっと薄くし(白をたす)、5の時にも更に薄くします。
どれくらい薄くするかはお好み。

つぼみ状、開き始め、開き始めでもちょっときゅっとすぼまっているもの、開いているもの。大きく開いているもの、ちょっとひかえめのもの。
咲き具合(ひらき具合)を少しずつ変えていった方が、飾るときに変化が出て美しくなります。
でも私はスイートピーの時に、一生懸命になるあまりぜーんぶ同じようなものを作ってしまった苦い経験があるので、今回は気を付けたつもり
……ですが、常識的なちょっとしたことに気付かないでいるので、イメージ通りのものを作るのに難儀しました。
最終的に大きく花開いたものを作るなら、最初の巻きから開かせていけない、とかね。
色は、1番上のと2番目のものとでは、外側の花びらの濃淡をわざと変えてあります。
先生とレッスン仲間の助言のおかげですが。

写真で花の周りに何かを巻いてあるのがわかると思いますが、ティッシュペーパーで枕をつくってあります。花の形が崩れないように、ですね。
ワイヤーが差してあるので(花びらをつける作業がしやすいため)、逆さにする手もあったのですが、いっぱいいっぱいだった今日はそこまで頭が回らず、最後に先生に枕を作ってもらいました。

先生の協力もあって、美しいバラが作れました。
次回はがくとカバーリングをこなさないといけません!

今回、自宅で作れるように道具をちょっと注文しました。
それでも1万円を少々こえるらしく……
必要経費ですね(……先生にでもなるなら、ですが)

|

« お気に入りのスリッパ | トップページ | イメチェン »

習い事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/15555437

この記事へのトラックバック一覧です: シュガークラフト【レッスン5】:

« お気に入りのスリッパ | トップページ | イメチェン »