« 散財?大人ならではの醍醐味? | トップページ | タカラヅカニュースのふしぎ »

読書 「崖の館」

随分前に、友人からある作家さんの名前を聞きました。
気になってはいたのですが、ネットで買い物をするのが億劫な人間なので、リアル本屋さんでの出会いを期待していたら、ある日遭遇しました。

 崖の館   佐々木丸美・著

財産家のおばが住まう「崖の館」にいとこたちが集う。でも2年前に美しい千波ちゃんが命を落とし。そして今度は…?
ジャンルだとミステリー、だと思うのですが。
1人の少女のある冬の出来事、みたいな。

なんだか懐かしい感じがしました。
私には財産家のおばもおじもいないけれど、いとこは沢山いるのです。
男女とりまぜて、同い年もいれば年下も、10歳上のほうまで。
で、夏休みだ冬休みだという時に、親もセットではあったけれど祖母宅などに集い、楽しく過ごしていました。
年下で生意気なやつもいれば、面白い兄貴分もいたし、ハンサムで理知的な憧れのいとこもいたりして、主人公の涼子の気持ちがなんだかよくわかる!(いや、殺人は私の周りでは起こらなかったけれど)

不思議な読後感は、一体小説の内容のせいなのか私自身の感傷のせいなのか?
よくわかりませんが、でも面白かった。
「館」三部作の残りも入手してあるので、ぼちぼち読み続けます。

|

« 散財?大人ならではの醍醐味? | トップページ | タカラヅカニュースのふしぎ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

丸美さんの作品には独特な倫理観というものがあるようなので、好きな人は思いっきりその世界にはまるし、嫌いな人には徹底的に受け入れられないような気がします。
藤娘さんにも気に入って頂けたなら嬉しいのですが。
あとでトラックバック送ります(^-^)

投稿: 月青 | 2007年7月17日 (火) 08時42分

月青さん
ご紹介くださりありがとうございました。
気に入りましたよ。嫌いじゃないですね
…微妙な表現でスミマセン。
本を読んでいる途中も終わったあとも、自分の過去をこれほどまでに懐かしく思い返す、というのが初めての経験です。
だからお話をどう受け止めたのか、というのを正確に分析できずにいるのですが……
トラックバック、お待ちしていまーす

投稿: 藤娘 | 2007年7月18日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/15784504

この記事へのトラックバック一覧です: 読書 「崖の館」:

» “生まれる前の記憶” [水色の記憶]
このところ佐々木丸美さんの作品の再読に嵌ってます。 今週は『水に描かれた館』を読 [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 08時45分

« 散財?大人ならではの醍醐味? | トップページ | タカラヅカニュースのふしぎ »