« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

世界陸上開会式

世界陸上開会式に、愛する水様がご出演、と聞いたのがつい最近のような気がします。

偶然にも仕事が17時半までだったので、飛んで帰ったら水さんの出番には間に合いました。

せり上がり! の水さん、にゃ~っ とテレビの前で壊れて見ておりました。

プラチナにちかい金髪と、トート閣下を思わせるこのごろのアイメイク、素敵です。

エリザベート公演千秋楽をもって終わったはずの私の夏ですが(笑)、「もうちょっとだから頑張ってね」と元気をもらったような。

春野寿美礼さんの国歌独唱も勿論見ました。

ちょっと緊張なさっていたような…? というか、緊張していたのは私のほうかも。
ドキドキしながら、まるで身内のように見守ってしまいましたよ。

歌い終わって退場する歩き方が……とっても!男らしくて……さすが!と思いましたです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫の中には

ただいま、我が家の冷蔵庫の中にはつけ込んであるものが入ったタッパーがいくつか。

一つは、ピクルス。

白ワインと酢と調味料でさっと煮て、つけ込んであります。
きゅうりとズッキーニと茄子とたまねぎ、パプリカ。
1人でパクパク食べています。
作るときは大量なのにあっというまに食べきってしまうので、1週間に1回は作っているかも?

一つは、いちじくのコンポート

去年、1回だけ作ったものです。
白ワインと砂糖と調味料で煮込んで、つけ込んで、待って待って……5日目から食べ頃になる、いちじくのコンポート。

どちらも白ワインを使いますね。
レシピは違うところからいただいものなのですけれど。
すっごい安い白ワインで作っております。

子どもだったら「ピクルス屋さんになる」とか言うほど、自画自賛で食べております。コンポート屋さんもいいかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリザボックス

予約してあった「エリザベート コンプリートボックス」

本日、(オットが)購入してきました。

おまけについては、人形は余計だな~、くらいで、「最後通牒ごっこができる」とかいううたい文句もちゃんと見ていなかった私。
羽根ペン、インク、封をするろうのセットまでついてくるとは思わなかったのでびっくりしました。

我が家で買ったボックスは、全組入ったものではなくて、雪組とボーナストラックのみのものです。
だって前回出たエリザベートボックス、持っているんですもの。
ブロマイドのおまけもついてきましたが、水・春野・彩輝トートの3枚でした。
大枚はたいた張本人、オットの大好きな一路トートがないのが申し訳ない(笑)

縮小版?パンフレットがいいですね。
星組だけ観劇していないので、初めてパンフを見ました。
ノルさん、素敵……と久しぶりにためいき。

彩輝さんの「どアップ」の写真もすごい。
このアングルで水さまも拝見したかったです……!

肝心のDVD視聴は、本日は断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観劇 「レ・ミゼラブル」8月12日

「レ・ミゼラブル」 8月12日マチネ を観劇しました。

テナルディエは駒田一さん!

これは外せません。

あとは……娘達の習い事がないこと、できればあのキャストは誰それで……と選んだ結果、この日を選んだと思うのですが(けっこう前のことなので忘れていること多々あり)。
同じ駒田一さんファンも多数?集結していたようであり、パート先の同僚さんのご両親もいらしていたようで、意外とあの劇場内に縁のあるかたが沢山いらしたのだなぁと思ったことでした。

キャストは……
 テナルディエ 駒田一
 バルジャン 今井清隆
 ジャベール 石川禅
 エポニーヌ 知念里奈
 ファンテーヌ 山崎直子
 コゼット 菊地美香
 マリウス 山崎育三郎
 テナルディエ妻 阿知波悟美
 アンジョルラス 原田優一

ジャベールが身を投げるところ、何度も見ているシーンだけれど橋があがっていく、というのがなぜだかとっても好きです。すっごく単純だけれど、これ考えた人ってすごいな~と未だに思います。……私だけでしょうけれどね。

アンジョルラスの原田優一クン
…勝手にクンづけしてしまうけれど。その昔、グイン・サーガ炎の群像 で10歳余の原田クンを知っているだけに、青年になってしまったな~とコアなファンでもないのに感慨が。
「イーストウィックの魔女達」だったかしら、その時にも思ったんですけどね。素敵なアンジョルラスでした。クリクリ巻き毛が似合ってました。

そしてそして
コゼットの菊地美香さん!
この方のコゼットを見たかった、聞きたかったのだ!
「デカレンジャー」のデカピンクだった、とわが子達は言いますが私は記憶なし。
私にとっての菊地美香さんは、「モコナもどき」!!
めきょーん! とか言っちゃうモコナもどきさまなのだー!!

(分からない方はいいです、説明したいけど……紫外線アレルギーが本日ひどくかゆいので分からない方はおいてきます)

お歌はどうなのかドキドキしましたが、いいんじゃないでしょうか?
嬉しいです(何が?)

来年、プライベートな会でお会いできるようで、益々楽しみになりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピクルスの味の決め手

ある方のレシピを参考に作り始め、ここ最近私がはまっているもの

それは、ピクルス

好きな野菜を、酢と白ワイン、調味料を加えて一煮立ち。あとは冷蔵庫で保存して食べるだけ、というお手軽さにひかれて作ってみました。

最初からずいぶんとアバウトな分量で作ったのですが、かなりおいしい!
家族の中では私しか食べないのですが、職場でも、PTA関係でお世話になっている方々にも喜んで頂けて、これは私の自己満足ではないらしい、と秘かに自信まで持ったり……

大鍋に、茄子を4~6個、キュウリを3本くらい、パプリカ2個、タマネギ1個、あればカリフラワー、にんじん、とた~っぷりいれて、ひたひたの水量を目指すので酢とワインもけっこう使います。
主に深夜、いきなり作り始めてにまにまして1人で毎食ぱくぱく食べる。
生野菜がわりに数日で食べきってしまいます。

昨日、買い置きしていた安い白ワインが切れたので、またまたスーパーマーケットで安い(ここがポイント)白ワインを購入してきました。
酸化防止剤無添加、という文字を見つけたので、入っているよりは健康によさそう?と、買ってきたのですが。

いざ作ろうと、栓をあけてみて気付きました。
今まで使っていた白ワインはブドウの香りが甘く漂っていたのですが、それに比べると今回はきりっとした香り。ワイン~! と主張しているような気がします。

今までおいしいと思っていたピクルスの味は、多分に白ワインの香り(味?)によっていたのだと気付いたわけです。

案の定、できあがった今回のピクルスは甘み…というか、なんだか違います。
甘口の白ワインではあるのですが、前回までのワインのほうがより甘口だったため砂糖も多めにしてみたのですが、あまり役に立たなかったようです。
おいしいのですが、前回までの味が好き……

普段、ワインなんて飲まないのでこんなことにもやっと気付いた私。
買い置きしていたワインも、お菓子作りのためにたまたまあったものなのです。

スーパーマーケットでは試飲なんて(香りをかぐだけでいいんですが)できませんしね。

う~ん

白ワインをこれまた大量に使ういちじくのコンポートを続けて作るつもりだったのですが、ちょっとためらっています。
味にこれだけ影響してくるとなると、ねぇ。
前回と同じ白ワインを見つけられれば問題ないのですが、たしかあのワインを買ったの、ほぼ1年くらい前の気がします(笑)
甘口の度合いが一緒のものを購入してこようかしら?

……
それとも。
私、なんだかんだ言いつつ味覚が冴えてきて敏感なだけなのかしら?
だとしたらお菓子教室に通っている成果かもしれないわ なーんてちょっとうぬぼれてみる、夏の深夜なのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にか3年目

7月に入った頃は、そろそろのはず、と思ってはいたのですが。

気が付いたらもう8月。

調べてみたら、やはりブログを始めた日を過ぎていました。

このブログを始めたのは2005年7月10日。

やってみようかな? やりたいな 

と思い、そうこうしている内に何人も知っている方が始めていると聞いて慌てて?作成したような気がします。

何が軸、ということもなく、落ち込んだことも、とっても嬉しいことも、なんでもありのブログなのでほそぼそと書いて、ほそぼそとご覧いただいている感じですが。
読みにきてくださる方々、本当にありがとうございます。
偶然来てしまった方もありがとうございます。
読んで頂いたり、コメントをいただけるのはとっても嬉しいことです。
こんなブログですが、これからも続けていきますのでよろしくお願いいたします。

なんとなく区切りをつけたくなり、テンプレートを変えてみました。
雪つながりからは外れたくないというのがいじらしいお○めごころ(笑)
でも、地の色が濃い青の雪よりは、こちらのほうが夏にはお似合いかな、と。今更ですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はじめての入り待ち

初めての出待ち(ガード)が先日。

8月9日、初めての入り待ち(ガード)に行って参りました。

ソワレのチケットを持っていたので、じゃぁ朝から行ってみようか、と。
勿論1人です。

今回は60番台でした。
紫外線アレルギーの腕を気にしつつ、待つことしばし。
お隣になった方が、扇子で一緒にあおいでくださいました。とっても有り難かったです。

まだかな~

と思っていたら、黒塗りの車がっ。
水さんですよ。
一番遠い方へ行かれて、順々に手を振りながら歩いてくださいました。
今回はお手紙は回収となったのですが、それくらいどうってことありません。
ミラーになっているサングラスをかけられた水さん。
ゆっくり、横へ移動されていきます。
今回はサングラス越しと言うこともあり?、お手紙を渡さなくちゃと緊張することもなく、正面からお美しいかんばせを拝見いたしました。きっと私の顔はこれ以上ないくらいにくずれて呆けていたことでしょう。

楽屋口から入る前にも振り返って手をふってくださる水さん。

あ~眼福。
滝汗かいて待ちましたが、そんなことふっとんでしまうような幸福感です(笑)

……この日、マチネのチケットは入手できず、ソワレをおとなしく観劇して、それが私の千秋楽となりました。そのことについてはまた別の記事にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お肌戦線異状あり

ベタなタイトルつけてしまいました(笑)

1週間から10日前くらいから、私と小学生の娘の体にかゆみをともなう発疹がでてきました。

あせもかな~? でもあせもなんて、子どもが赤ちゃんの時に数回見たことあるかも知れませんが、それ以来ないので、すっかり判断がつきません。
それに私と娘ではちょっと違うような……。

結果からいいますと。
娘は「ジベルばら色ひこうしん
私は、いわゆる紫外線まけ、ということが判明しました。

娘の症状は、娘からの申告があって体を見たときには、大小さまざまなボツボツがお腹や背中、肩などに広がっていました。「細かい発疹」ではなくて大小さまざまなのです。
その内太ももの内側にも広がっていき、勿論おへその下あたりにも。
服で隠れている部分にあらわれていたので、あせもかな? と思ってしまったわけです。
あせもの発疹は大小様々にはならないのだそうです。
…育児経験のある人には常識かしら? 私は3人育てましたが、まったく頭にありませんでした。外に行った服ですぐにベッドでゴロゴロする娘なので、ばい菌とかダニの可能性まで考えた私です。

私は、まず首。耳から首周りにかけて発疹が出てきて、かゆみが。
そのうち腕にも。
服で隠れていないところにあせもなのかな? 汗をかきかき仕事をしているからな~
なんて思っていたのですが、娘のと比べても違うし、なんだろうと思っていました。
それに、とにかく痒い!
夕方から夜にかけて、とってもかゆくて仕事から帰ると氷水が入ったビニル袋を腕やら首にあててうーうー唸っている日がここ数日続きました。夜にもかゆさで目が覚めてしまったりね。
紫外線にまけた、ということですが、普通は5~6月頃に発症するのだとか。
最近、体力が落ちていると感じるので免疫力とか、色々弱くなっているのかなと思います。

かかりつけの皮膚科にとびこもうとしたら休診で、新しくできた所に行ったら医師の応対がそっけなく、本日やっと再受診。
丁寧な応対をしてもらえて安心しました。

それにしても、痒いです。
首は、制服であるポロシャツ焼けしているのですが、日焼けしたところ全体が赤くはれあがっている感じですし、耳も1割り増しくらいで全体的にぷっくらしています。さわるとカサカサです。おまけにまぶたまではれぼったくなってきてかゆみが。月曜日にいい気になって呑みにいってしまったのが拍車をかけたのかもしれません。

明日は水さまトートにお会いしに行く日なのに……
絶対、行くわっ!
劇場内は日がささないしね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みにPTA

夏休みですが、PTAのお仕事はあります。

小学校関係

地区の役員をしているので、7月中に3回、8月中に3回のパトロールを実施します。
夕方遅く、役員仲間と落ち合って30分ほど周囲を歩きながら、子ども(小中学生)を見かけたら早く帰りなさいね、なんて声をかけて。
補導員証みたいなものも配布されていて、携帯しています(パトロールする時に、です)。
実施するたびに簡単な報告書も書き、委員長さんに提出しています。
なーんにもなくて、役にたつの? という感じですが、地道な活動の継続が大事なのですよね。8月には、地域の方々と合同の大がかりなパトロールもあります。
夏休みに入る直前に他県ですが事件もありましたし。
夏休み中のプールの時にも、子供たちが通る時間を想定して通学路の要所要所に立番もしています。この立番は役員のみでなはく、小学生がいる家庭の保護者の皆さんに協力してもらうので1人1回です。

中学校関係

夏休み直前に、PTAコーラスの募集をかけて集計をしました。
今回は2曲うたうのですが、それぞれ3パートにわかれます。で、計6パートの、パート毎の音取り用サンプル(カセットテープとMDの2種類)を作って参加者に渡します。参加者は自宅でこれを聞いて曲を覚えるのに活用するのですが。
その、サンプル作りを昨日しました。
委員と声楽家と伴奏の先生(って教諭という意味ではありません)、6名が集まり、音大出の副委員長が作っておいてくれた伴奏にあわせて、歌を録音します。

副委員長が作っておいてくれた伴奏、というのがスゴイのです。
PCのソフトだけで作っているのか、ピアノと組み合わせているのか、なんなのか。
流麗なピアノ伴奏に、アルトならアルトの旋律がピアニカで入っています。それにあわせて歌を録音していくのですが、テンポの調節をPCのマウス操作で調節できるのです。
この3年くらい彼女が作ってくれていて、いなくなったらどうなるの~? と私が心配すると、「音大出のお母さんなんて毎年何人かはいるからどうにかなるよ。手伝ってもいいしね」とこともなげに笑われるのですが。

6本分の音取りサンプルを作ったら(素人の私はマイク持ちだけですが)、持ち寄ったお茶菓子を楽しみながらしばしお喋りを。
現役の声楽家さん、ピアノ教師が2名、音大卒の副委員長がそろうと話題がアカデミック。それって「のだめ」で読んだ話だ~一緒だ~ なんてミーハー丸出しで楽しい時間を過ごしてきました。

また、冬休み前には移動学習を実施しなければならないので。
これも委員長・副委員長で相談です。
バスレクが恒例なのですが、2年連続の委員長(私のことです)は珍しいのでちょっと変わったことをやろう、と今回はバスレクではない企画を探索中。
電車利用の、お勉強が主体の催しに昼食付きの企画がどこかにないものか。
いえ、企画のネタでいいんですけれどね。
寄席はどうだろう、と案が出て、もう少し深く調べようとなりました。

高校関係

これはちょっと欠席がちになっていて申し訳ない気持ちになっています。
2回あるうちの1回は出たのですが、2回目が長女の部活動公演と重なってしまい、すっかり失念してしまったのです。来年はもっと責任ある活動をしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書 「しずり雪」

なんとな~く手にとって買った本。

しずり雪  安住洋子・著

ひきこまれて、一気に読んでしまいました。
どこにでもいる、というか名もない市井の人々の生活を、感情を丁寧に描いています(なーんていうととっても偉そうで恐縮ですが)。

4つのお話がのっていて、主役はそれぞれ違いますが、全編とおして出てくる岡っ引きの友五郎親分が素敵です。有能で、ハンサムではなさそうだけれどいい男。優しくてちょっとお節介で、でもきっちりすべきはきっちりと。
どのお話も心に迫ってくるものがあるけれど、「城沼の風」は泣けてきました。心強く生きるって難しいことです。でも、だからこそ素晴らしいことでもある。

時代劇小説を読む息子に勧めました。

あとがきでも絶賛されていましたが、強く共感します。
藤沢周平の流れを感じる、というのも納得。

著者の本はまだ2冊しか出ていないようです。
あと1冊を探して読まなくちゃ! と意気込んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »