« フランス菓子教室・特別講習 | トップページ | テレビ 陽炎の辻 »

フランス菓子教室・1

台風が未明に関東上陸!というその日、レッスンに行ってきました。

先生のお宅でのレッスンですが、駐車場に車を置いて歩き始めた瞬間…Tシャツがはたはたとはためいて、美しいお腹が出てしまいました。
22時前にレッスンは終わったと思うのですが、駐車場に向かうとき外は真っ暗で、風の音も凄いし恐かったです。できあがったケーキが抱えたバッグの中に入っていましたが、小走りで車に向かいました。
折りたたみではない傘がいともあっさり風によって裏返ってしまったのには驚き。

でも往復の車内では水トートさまの実況CDをかけていました。
豪雨の中で聞くエリザベートのお話……良いです(バカです)。

さて、本題。

Weekend1 ガトー・ウィークエンド   です。
ベーシック・クラスのレッスンです。

すりおろして入れたレモンの皮の風味がきいています。
杏ジャムとグラス・オ・シトロンがぬられた表面は結構甘みが強いですが、レモンの風味がきいているのでおいしくいただけます。
外側はさっくり。中身はもちもち。
この「もちもち感」が、生地の混ぜ方、つまりどれだけ空気を含ませるかによって加減できるのだと知りました。
家族に試食してもらいましたが好評です。明日には完食されてしまうでしょう。5人家族ですから、早いんですよ。

このお菓子。
名前を直訳すると「週末のお菓子」(あれ?ケーキ、だったかな)
女性から恋人へ「私を愛して」という意味でプレゼントするそうです。アダルティーな由来があるんですね~、ホントさすがフランス! です。詳しくはコードにひっかかるので書けませぬ。なんちゃって。
パウンドケーキによくあるように、焼いている途中でオーブンから取り出してナイフで中央に切れ目を入れるのです。
唇に似ているから? と思ったのですが、さすがフランス、そんな可愛いところではございませんでしたとさ。

|

« フランス菓子教室・特別講習 | トップページ | テレビ 陽炎の辻 »

習い事」カテゴリの記事

コメント

とっても、とっても美味しそうなんですが、右下の蝶に反応してしまいました・・・。

今日TCAの中継行ってきます!

とってもセクシーな名前のケーキなんですね?

もしXXXがXXXXならXXXXXX。

あ、すみません。伏字だらけでした(笑)

投稿: ロミママ | 2007年9月 8日 (土) 03時05分

ロミママさん
うふふ、ちょうちょに反応してくださり嬉しい限りです。
買ってタグがついたまま、勿論未開封だったのを撮影用につかいました。
ぶり返した暑さのなかで働いていたらばててしまい、お返事が遅れました。

……で。
その伏せ字、理解できませぬ~~(笑)

投稿: 藤娘 | 2007年9月 9日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/16377268

この記事へのトラックバック一覧です: フランス菓子教室・1:

« フランス菓子教室・特別講習 | トップページ | テレビ 陽炎の辻 »