« 入試説明会 | トップページ | なんの準備? »

フランス菓子教室・4の復習

マカロンを自宅で作ってみました。

Makaron1 Makaron2 画像をアップします。
大きいのは先生宅でのレッスンのマカロン。こうすると一目瞭然ですね。自宅で作ったのは一口大です。
ピエもできているし、見た目は寸分違わぬ、という感じが嬉しいです。

大きさは、直径3センチくらい。
…のつもりで、コンパスで円を描いたものも用意したのですが、円と円をどれくらいくっつけておけばいいのかわからなくなり、下絵としてはあまり役にたたず、できあがりは色々な大きさのものができてしまいました。

先生宅でのレッスンでは拍子抜けするほど簡単だったのに。

自宅で1人で作るとなると、こまかいところで一々不安になりました。

まずはアーモンドプードル。
「ふるう」とありますが、いつも使っている裏ごし器では目が細かすぎてアーモンドプードルが入りません。
やむなく、途中でふるうのはあきらめました。

……あとで先生に質問したところ、水切り用のざるなど、目の粗いものを使うべきなのだとか。今頃こんな質問するってことは、ほんとに復習していないってことですよ。

サンドするチョコクリームに使うチョコを、そこらで売っているミルクチョコレートにしたのもちょっとクヤシイです。でもスーパーゲアキルはそんじょそこらでは入手できないんですよ~。

でも、チョコクリーム(クレーム・ガナッッシュ)が意外と固くなりすぎて、絞れるまでに随分時間が要ったこととか、ちょっと条件が違ったり、細かいところで不安になるなど、自宅で作ると復習の大切さを思い知ります。

ココアパウダーだけだと色がきれいに出ないため、生地のほうには赤い色粉を使うのですが。
シュガークラフトに使う「赤色102」だったかな?を使ってみました。
……先生宅で作ったのと、寸分違わぬ色合いのものができあがりました。
アーモンドプードルをちゃんとふるわなかったり、クレーム・ガナッシュに刻みチョコのかけらがあるのにどんどん温度が下がっていってしまってあたふたしましたが、味の方は問題ないようです。
末っ子に食べて貰ったところ、「レッスンのと同じ」 という評価をいただきました(笑)。
図に乗って、これから行くPTAの集まりに持っていって仲良しさんに食べて貰います。

|

« 入試説明会 | トップページ | なんの準備? »

習い事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/16921876

この記事へのトラックバック一覧です: フランス菓子教室・4の復習:

« 入試説明会 | トップページ | なんの準備? »