« フランス菓子教室・9 | トップページ | 鹿男あをによし »

フランス菓子教室・10

Dakkuwazu 1月のマスタークラスの作品。

キャラメルのダックワーズ

さて、私はこのお菓子を作るまでダックワーズを知りませんでした。
もしかして食べたことはあったかもしれませんが、「ダックワーズである」と認識はしていませんでしたので……。

おなじみ、バーズ・キャラメルが中にサンドするクリームに入ります。

そのサンドするクリームは 「クレーム・オ・ブール」
ぶっちゃけていうならバタークリーム?
このクレーム・オ・ブールのバリエーションをマカロンに使えると聞いていたのでとても楽しみにしていました。
(が、バリエーションを作るのはひらめきとかセンスとかが必要なのでまだまだ道は遠いです)

ダックワーズ自体は、と~っても美味です。
マカロンに似ていますが、ふんわり さくっ という感じでしょうか。
おいしかった~。

|

« フランス菓子教室・9 | トップページ | 鹿男あをによし »

習い事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/40306721

この記事へのトラックバック一覧です: フランス菓子教室・10:

« フランス菓子教室・9 | トップページ | 鹿男あをによし »