« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

娘の卒業式

ホワイトデーは娘の卒業式でもありました。

年子の子どもなので、昨年も息子の卒業式に出ました。
が、昨年は役員をやっていて卒業式が終わったらダッシュで謝恩会会場へ移動してセッティングしなきゃ! な段取りに追われ、感動もへったくれもなかったのでした。

今年も役員をやっていますが、昨年の反省を踏まえ、
「役員の仕事に最善をつくすけれど、卒業式もたっぷり味わおう」
と式に臨みました。

天の邪鬼なので、たぶん泣かないだろうと思っていましたが。

大感動の卒業式でした。

部活動の部長になり、生徒会の役員もやり、A先生が授業中に披露するガンダムネタに唯一ツッコミをいれられる生徒として(先生から)頼りにされ、水泳部の部長や若手男性教諭の筋肉に萌え……
私とは違う性格なので、PTA役員として普通の保護者よりは足繁く学校に通っている私と娘がなかなか結びつかないようで、先生方に「○○のお母さん!」と認識されるようになったのはつい最近です。

幼稚園の時、小学生のとき、中学に入ってから。
こんなことがあった、あんな話しをした、
と色々思い出され、
感慨深いものとなりました。

真面目一辺倒の娘ではないのです。
どちらかというと、はったりで世間を渡り歩いている娘です。
娘の話を聞いていると、まるでマンガのような先生とのやりとり。いわく、B先生は横暴だけれど自分より上だと思う生徒には強く出られない。私? 勿論先生より上だよ。恐れるに足りず! 部活動顧問の先生は私がいる席ではモンクを言ってこない。私がこわいからだよ。
……どんな大女な娘だと思われるでしょうね。
背はちっちゃいんですが、態度がデカイんです。
でもこの娘ほど、親を楽しませてくれる娘はいないだろうと思います。

その娘が、涙をふきふき、群読(学年全員で行うかけあいの答辞)をするのを聞いていて涙腺がゆるみました。
300名以上の生徒なので娘の姿はまぎれて見えないのですが、涙をこらえて大きな声を張りあげる娘の声はわかるものですね。

合唱にも力をいれている学校なので、3曲以上の合唱も披露されました。
群読と織り交ぜて合唱をいれる台本を作った先生のお力にも頭がさがります。
毎年行われる校内音楽会で、毎年違う曲を「学年曲」として披露しますが、その全てが歌われたので、
「この曲の時には○年生で、こうだったああだった」
と思い出されました。唄はすごいです。

夕方からは謝恩会。
続いて2次会も。
お世話になった先生方と楽しく歓談してきました。
本当にお名残惜しいです。
(役員なので、5月くらいまでは学校に通うのですけれども)

義務教育のおわり という言葉も重く響きました。

卒業はさみしい、と連呼している娘ですが、新しい世界を切り開いていってほしいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フランス菓子教室・12

Capris 2月のベーシッククラス

カプリス です。

一緒に写してあるのはポストカードですので、大きさは推測してみてください。
ほぼ一口サイズですね。

スリーバードという、棒状のアーモンドが入っています。表面に見えているのがそれですね。
バターと水飴とお砂糖を混ぜて焼いたものが生地なのですが、焼く前はとろとろです。
スプーンですくって型におとし、焼きます。
焼き上がってパリパリになっていたときは驚きました。

それを2枚重ね、間にチョコレートのクリームがはさんであります。

食べてびっくり、不思議なおいしさです。
甘くて香ばしくて……ねっとり感がないスニッカーズみたいな感じといえば、想像の手助けになるかもしれません。
パクパクっと、どんどんいけちゃうお菓子ですが、結構カロリーもありそう。
色んな意味でキケンです。

画像は載せませんが、一緒に「チョコレートのキャラメル」も習いました。
市販のキャラメルほどネチネチしない、教室で習うキャラメルはとってもおいしいです。
チョコレートのキャラメルにはアーモンドが合う、ということで、スリーバードを粗みじんにしていれました。
このアーモンドがいいです!
チョコレートだけだと単調な味になってしまうと思いますが、このアーモンドがきいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス菓子教室・11

このごろ更新を滞りがちのブログです。
書きたいことは山のようにたまってしまいました。
……ちょっと反省bearing

Choux 2月の……えっとマスタークラス?
ま、いっか(笑)

Choux au chocolat

です。

シュー生地の中に、ホワイトチョコレートが入ったクリーム(クレーム・シャンティ・ショコラ・ブラン)と、チョコレートクリーム(ソース・ショコラ)が入っています。

ありそうで食べたことがないおいしさです。
食べた家族の目の輝きが違いましたよ!

よく「2種類のクリームのシュークリーム」というと、生クリームとカスタードクリームですよね。
でもこっちのほうが断然おいしいです。
(私が世間知らずなだけかも?)

さて。
シューは以前に習いましたが、一回も復習したことがありませんでした。
シュー生地を作りながら、「先生、以前もこの作業しました?」 「しましたよ~」
という会話があったことを告白しておきますcoldsweats01
おいしいから、ちゃんと復習してじぶんのものにしたいお菓子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »