« オカアサンのひざのなか | トップページ | 新しい携帯 »

お話の会

カテゴリー「習い事」でいいかなぁ~、続けるとちょっと違った意味合いを持ってくるかなぁ~と少々迷いみたいなものがありますが、まずは……

先月から、「お話の会」へ勉強にいっています。
児童向けのお話(洋の東西を問わず、古今も問わず)を覚え、そらで話し、子供にきいてもらいます。10分から20分近いお話を語るわけです。
聞いて貰うとはいえ、それは上手になってから。
まずは仲間内で腕前?を披露して、批評をしあい、一定のレベルになって「じゃぁ実地で」と判断が下されると市内の小学校へ出向いたり図書館へ行ったりします。
指導は、もうこのことに関わって数十年らしい年配の女性。
立ち上げた頃は、あちらこちらへ勉強しに行っていたそうです(今でも飛び回っていらっしゃるみたいですが)。

もう5~6年前に1回申し込んでみたものの、色々あって通えずにいました。
昨年知り合った人がたまたまこの会に所属していて、今は公に新規の仲間を募集していないけれど、いつでも大丈夫といわれて先月お邪魔させてもらいました。

月に一回「勉強会」と称して数人がお話を披露します。
声量が、演技のしすぎが、イメージ力がついてきて面白くなってきた、さすが○○さん(作家)の文章だね、とかこまか~~い指摘の数々にびっくり。
ベテランのかたは、一体いくつのお話を記憶されているのか不思議です。こまかい言い回しまでなんの資料もなしに指摘してアドバイスできるんですから。

8月はお休みらしいので、次回は9月。

……私は聴講状態なのですが、目安としては一体いつくらいに発表できるように準備すべきなのかしら。
特別な授業を受けられるわけではないので、勉強会に出席して、自分で切り開いていくしかないとは思うのですが。

その前に、お話を探すところから、ですけれどね。

|

« オカアサンのひざのなか | トップページ | 新しい携帯 »

習い事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/41781214

この記事へのトラックバック一覧です: お話の会:

« オカアサンのひざのなか | トップページ | 新しい携帯 »