« 新しい携帯 | トップページ | 客席のマナー »

バレエの発表会

次女のバレエの発表会でした。

今年は習い始めて5年目ということで、表彰がありました。
何十人という表彰者の1人ではありますが、袖から先生にエスコートされて出てきて、賞状を受け取り、舞台中央で客席に向かってお辞儀をします。
バレエシューズと衣装をつけていますから、バレエ風のお辞儀です。
ちょっとはにかんで斜め下に目線がいきがちでしたが、笑顔でできた娘がかわいかったです。

小学校高学年となり、上のクラスにもあがってきた娘は、基本の動きをつなぎ合わせたようなだけの振り付けから一歩進んで(勿論、どんなクラスのどんな振り付けにもリズム感というか、踊る心が必要ではありますが)、顔の表情がついているとぐっと素敵に見えたり、要求される技術も高度になってきています。
回転するとぴたりととまる、というわけにいかずグラグラしたり、
回転自体がちょっと早さが足りなかったりもするのですが。

小学1年生になるというときに、それまで習うつもりはさらさらなかったバレエを、
「(お姉ちゃんの発表会を)見ているだけはつまらない」
と習い始めて5年たったわけです。

もう5年たってしまった。
まだ5年しかたっていない。

両方の想いがありますが、どちらにしても感慨ひとしおです。
一昨年までは、私にも裏方お手伝いのお声がかかり、汗だくになってとびまわっていました。
ある年は発表会間際に次女が脚を負傷し、もしかして発表会は無理?と危惧した時も。先生に言ったら「音をとれる○○ちゃんが先頭でないと、みんなが舞台に出ていけない」との言葉をいただいてなんだか嬉しかったり(無事出ることができました)。

また、我が子ばかりでなく、ほかの生徒さんたちの成長にも目を瞠りました。
毎年新年と夏に発表会があってしっかり見ていますし、その度に皆さんの練習ぶりがうかがえ、感心の連続ではあります。
ありますが、今日はしみじみと、「みんな大きくなったなぁ。上手になったなぁ」と驚いてしまいました。去年までだったら群舞だけのようなクラスの生徒さんたちに、短いながらもソロがあたえられていたり、それを見事に踊っていたからかもしれません。

これからも続けていってほしいです。
がんばれ~~。

|

« 新しい携帯 | トップページ | 客席のマナー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/42119685

この記事へのトラックバック一覧です: バレエの発表会:

« 新しい携帯 | トップページ | 客席のマナー »