« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

観劇 「WHITE REVUE 2008 WITH YOU, WITH ME」

文京区にある、文化シヤッターBXホールにて、

ホワイト・レビュー 2008  WITH YOU, WITH ME

初日を見てきました。
大好きな宮内良さまがご出演の舞台です。

毎回、とらえどころのない……といいますか、その時々の世相を切り取ったようなと申しますか。
無知な私には説明不可能な、摩訶不思議な舞台です。

今回、とっても個人的なことですがすっごい問題に直面しまして、正直劇場に向かいたくない気分だったのですが。
あるシーンで、胸が熱くなりました。
大好きな歌、思い出の歌です。
勿論、宮内さんの声でインプットされております。
で、今回も宮内さん。
何年のいついつ何処で聞いた、とはっきり記憶しているわけではないですが、それでもなんだか、一瞬で時間を引き戻されたような、そんな感じ?

目頭があつくなりました。

ありがとう、宮内さん。

あなたはおそらに輝くひかりです。

遠くできらきら光っている、そのひかりに慰められました。

やっぱり好きです。

男性でカマーベルトとかタキシードを宝塚スターのように着こなせるのは宮内さんしかいませんでしょっlovely

今日のメイクは私好みでございました。

つい先日品川でお見かけしたときは、タレ目に見えましたもの……
今日もそうなのかと、内心危ぶんでいました。
ファン仲間の口からはそんなこと一言も出ないので、私だけ変なポイントにこだわっているとは思うんですけれどね、性格なのでとめられませんcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »