« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

おささんの歌声に惹かれる

「カラマーゾフの兄弟」初日観劇時に、同じ赤阪ACTシアターで公演される「マルグリット」のチケットを購入してしまいました。

こんなことを書くとファンの方から石を投げられてしまいますが、宝塚在団中の…いつからかは知りませんが少なくともトップでいる間の…春野さんの歌声は苦手でした。
演技も、申し訳ないながらあまり好きではありませんでした。すっごく「間」がありすぎると思って。不必要に間が長い。こんな人相手に芝居するのは大変じゃないかな~、なんて素人ながららに思っておりました。

でも。

NHKのBSの番組の主題歌?を歌って、CDを出しましたよね。
番組を見てから買ったのか、見ずに買ったのか、記憶がないのですが、CDを発売されて間もなく買いました。
なんの気なく聞きましたら……
涙が出そうでした。
それまで嫌いだとおもっていた癖のある歌声でなく、とってもナチュラルな伸びやかな声でした。歌詞も曲も素敵で、別に疲れていたわけでもなんでもなかったのですが、「癒される」想いでした。
今でも、心がとんがりそうな時には好んで聞いています。

そんなこともあり、
また、
退団されてからの初コンサートでは歌い方が違う、との評判を聞きましたので、益々興味がわいていたのです。歌が上手なのは癖があっても認めていましたしね(偉そうでもうしわけないです)。
2月が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009観劇 「カラマーゾフの兄弟」2回目

本日、「カラマーゾフの兄弟」ソワレを見てきました。
2回目です。

友人とばったり会い、幕前・幕間と喋り、帰路も一緒。楽しかったです。

さて、本題。

本日は1階X列での観劇。
2階席と違って前列のかたの頭が舞台にかぶります。

今日もすばらしい出来でした(って私ナニサマ?)。

終盤、手錠かけられている水さんが歌うところ、泣いてらっしゃるんでしょうね、声がかすれてました。涙がほおをつたっているわけじゃないけれど(たぶん。私のオペラでは見えず)、感情がのっていたのでしょう。聞き苦しいほどではなく、「ミーチャとして」の範囲内におさまっていたと思います。

初日は2階席だったこともあり、なるべくオペラを使わず、舞台全体を見るように心がけていましたが、今日は結構オペラで愛する水さんを追ってみました。
が、ところどころは別の所も観察しましたよ。
2回目だったこともあり、色々なひとのセリフや表情がわかりましたし、伏線?めいた表情やセリフに気付いたり。

1幕の幕切れ、ミーチャ・イワン・イワンの幻影・フョードルが縦1列に重なって出てきて、フョードルが死体のように横たわりますよね。
その時、未来さんが客席方向を凝視するように目を開けていることにきづきました。
たぶん暗転するまでまばたきしていないみたいです(水さんでなく未来さんから目を離せなくなってしまった私)。

同じように裁判のシーンでも、スメルジャコフがイワンに告白した時に裁判所の方々が石のように止まりますが、そのときも皆さんまばたきしないのでしょうか。
スローで動いているときも、止まっているときも、すっごく好きです。目が2つでは全然足りません。

相変わらず、「壊れる寸前」のイワン・彩吹さんが秀逸です。私の心を激しくゆさぶります。
そうなの、ゆみこちゃんと水さんは反目しあってないで分かり合っている姿が素敵です(ごめんなさい、腐ってます)。

前回書き忘れてしまいましたが。
今回のフィナーレはなぜこんななのでしょうか?
皆さん手拍子してらっしゃいますが、手拍子入ると本物の学芸会のようなチープさが出てきて私は拍手する気になれませんでした。初日なんて、呆然としてしまいました。
が、宝塚ファンの悲しさというのでしょうか、今日は既に慣れている私がいました……。手拍子はしませんでしたが、「演出の先生、フィナーレまで頭回らなかったのね」「お稽古時間が足りなくてお茶を濁したのね」と勝手に理由を考えて納得しつつあります。

さて、残るは13日の観劇のみとなりました。
さびしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009初観劇 宝塚雪組 東京特別公演 「カラマーゾフの兄弟」

1月6日、赤阪ACTシアターにて、

「カラマーゾフの兄弟」 初日を観劇してきました。

S席だけど2階です。
E列でしたが、とってもよい眺めでした。
前列と、完全なる互い違いになっていて、前の列の人の頭が全然気になりません。というか、視界に入りませんでした。これには感動です!
だって日比谷の宝塚劇場だと、銀橋でなくて本舞台でさえも前のひとの頭がぽっかりと……ということが日常茶飯事なのですから。

原作は1巻の半分くらい?で挫折したままですので、結末も知らずに見に行きました。
さすがドストエフスキーというか、ロシア文学というか。

お正月、年の初めの観劇が大好きな雪組で幸せです。
もしかしたらもうないかもね、と思ったら涙が出てきそうでした。
水さんの初日のご挨拶を初めて生で見て、聞くことができました。
1回目のカーテンコールの時に、既に腕がしびれて拍手がつらかったです(爆)

肝心の内容については……

ネタバレになるかもしれませんので後半にわけます。

そうそう。

ロビーで「忘れ雪」や「マルグリット」のチケットを販売していました。
「アフタートークショー」なるものがあって、春野寿美礼さん・真飛聖さん・桜乃彩音さんが揃う日があると知っていたので、思わずそのチケットを買ってしまいました。
……お小遣いを持っていたのがよかったのか悪かったのか(笑)
ともあれ、2月16日、マルグリットを見に行くのが決定しちゃいました。

続きを読む "2009初観劇 宝塚雪組 東京特別公演 「カラマーゾフの兄弟」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

何月だったのでしょうか……昨年後半、パソコンの具合が悪くなり、直ったと思ったら仕事で忙しくなり、体調がイマイチになり、ブログをほっぽらかしにしたまま年をこしてしまいました。

何か書き込みがあるかもと覗いてくださっていた方々、すみません。そしてありがとうございました。

フランス菓子教室のこと、
宝塚観劇のこと、
など色々書きたいことがそのままです。

クリスマスに、我が家にもやっと?Wiiがやってきましたし。

「昨年を振り返る」
ということで、過ぎ去ったことをそのうち書き出しますのでよろしくお願いいたします。

今日は初観劇「カラマーゾフの兄弟」です。
赤阪ACTシアターの所在地をさっき(笑)確認しました。
初日なんですのよ。
よく申し込んだよね~。
ま、楽日は家庭の都合で観劇できないので。
お茶会も行くのに美容院に行っていません。まずい……(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »