« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

親のつとめ

大好きな作家さんが亡くなったことにかまけて放任していたのではなく、今までの怠慢が思わぬことを引き起こしてしまいました。

放っておいたのは子供のお小遣いです。

月々のお小遣いを渡し、「お小遣い帳をつけなさい」とは言っていましたが、確認したことはありませんでした。

今日、娘の習い事があったのですが迎えに行くのが10分ほど遅かったようなのです。
いつもは娘が携帯電話を使って連絡してくるのですが、携帯を忘れてレッスンに来てしまい、「連絡できないからママは迎えに来ない」と自力で(徒歩か電車で)帰宅してしまったのです。
私はそんなこととは知りませんし、レッスン時間がちょっとのびることはありますので、のんびり待っていたんですね。
気付いたら30分以上たっていて、これはなんでもと思って(遅すぎ)受付の人に聞いたり娘の携帯に電話やメールを入れたり自宅に電話したり。

習い事の会場はショッピングモール内にあるので、本屋をのぞいたりもしましたが娘の姿はありません。
とりあえず迷子放送を入れて貰って、あとはどうすべきかと思っていたら。

自宅から今着いたと連絡がきました。

帰宅して、頭に血が上っていた私は徒歩で帰ったのか電車で帰ったのかを聞きもせずに叱りつけてしまいました。
仕事があって送っていけない日はあっても、帰りは暗くなっている時間ですから必ず迎えにいくし、でなければ高校生の上の子に頼んだりしているのです。それをなんで「迎えに来ない」と思いこんだのか不思議なのですが……。

で、声を荒げて冷静さを欠いた私はお小遣いを全て提出させてみました。
これは怒ったついでにやるべきことではなかったとは思うのですが……。
なんと、お年玉も祖父母からの臨時お小遣いもちょくちょくもらっていたはずの娘(小学生ですが)の全財産は2000円弱。
お財布に何枚かのレシートが入っていたので見てみたら、ゲームソフトを買ったりCDを買ったり、たこやきやアイスクリームショップに入ったりしていたんです。

現代の小学生の遊び方といえば遊び方なのかもしれませんが、やはり私は我慢できませんね。小学生だけでたこやきやアイスクリーム食べてアクセサリーショップで買い物してポイントカード作るなんて。

しばらくはお小遣いをやめることにしました。

自分のことにかまけて、育児をないがしろにしていたと反省しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報

昨夕亡くなられた と知りました。

家には猫しかいなかったので、なんの遠慮もなく泣きました。

いろいろ浮かれていた5月。

でも気障に言うならば全てが色あせた感じです。

生身の人間が完結させるのは無理なお話ではありましたが、それでも、やっぱり、ああ終わりまで読めなかった。あの方の手によるお話はもう終わりなのだ(ストック分が発売されるでしょうが)、なによりもうお目にかかることはできないのだ

と、打ちのめされました。

私自身が子供嫌いなのではなくて「苦手なだけ」と自覚できて結婚や出産に踏み切れたのもご著書のおかげ。

初めてご挨拶したときの緊張と嬉しさ。
のちに元ジェンヌさんに似ている、と言っていただけたことの光栄。
携帯の待ち受けを見られて冷やかされたこと
我が子に同じ名を付けて。
姑のグチやら、
お料理の話やら、
私をサドと認定してくださったかた。

信じがたいです。
うそであってほしい。
お元気になられた暁にはライブに行こうと決めていました。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

花粉症になりました

先週の土曜日に目がかゆくなり、眼科を受診して「ウィルス性の結膜炎」といわれ、うつさないようにと細心の注意を払いながら生活していたのですが。
もう片方の目がかゆくなり、また眼科に行きましたら「アレルギーですね」と。

初めての院長先生の診察でしたが、先生の説明をさえぎり(ちゃんと謝りましたが)、前回はウィルス性と言われたのですが違うのですね? と確認しちゃいました。

両者は似ているけれど、ウィルス性だと1週間目は悪化のピークだそうです。でも私はそうなっておらず、しかも去年もこの時期に同じような症状で受診しているので、総合的に判断するとアレルギーであろう、という診断になるようです。

人様にうつす恐れがないのは嬉しいです。
ああ、でも当分はアイラインとは無縁の日々が始まるのですわ(普段からあんまりひきませんが)。

今なら稲科だね

と先生に言われましたが、稲ってまだ苗ですよね? あんなのに反応しちゃうんでしょうか。「稲」 ではなくて 「稲科」 なので他にも植物が?

細かいことはさておき、新しく出された目薬はよりスッキリ感がして嬉しいです。
内科で鼻水をおさえる薬ももらってきましたしね。

しかしこの数日間で鼻の症状が悪化して、四六時中、かゆみ・ムズムズする・くしゃみ・鼻水のどれかの症状があり、ボックスティッシュから離れられません。いえ、今日は離れて外出してきましたが。
就寝中やあんまり意識しなくなると口呼吸になってしまい、乾燥で喉が痛いし唇も乾いちゃうしで悪循環にはまっています。

このところお天気がいいので張り切って洗濯していましたが、外に干すのはしばらくひかえよう、と決めた午後でした(洗濯物を取り込んだとたんにひどい不快感! つらいですね~、花粉症って)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本命

ミーハーなのだという自覚はあります。

仮面ライダー電王の主役だった佐藤健くんが好き。

「メイちゃんの執事」見ていて水嶋ヒロさんと健クンの2ショットに目がハートになっていました(ちょっとアブナイ)
SMAPxSMAPに出たときも録画して、娘達とテレビの前でわいわい騒いでいたものです。

んが。

5月1日から始まった雪組公演。
5月19日の時点で、私は5回観劇しました。
もっともっと足繁く観劇するファンの方がいるのは承知ですが、私は自己記録更新です。

んで。

娘が、「○○っていう番組に健クンが出たんだよ~」とネットの動画を見せてくれたのですが、テンションあがらないのですよ。

大人の男がいいの。

って、いやタカラジェンヌは女性の集団ですけど。

でも、私にとっては「本命の男」。

つい最近知り合った方がこんな感じの呼び方をするんですけど、いいですね。しっくりきます(笑)
私も使いますよ、「本命の男」

遅まきながら夏休みの大劇場遠征計画を練り始めました。
ホテルとれたら泊まりがけで観劇したいんですけどね~。
お小遣い、足りるかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター席のしあわせ

宝塚雪組の水夏希さんのファンです。

というのは、何度か書いてきましたが。

今月は東京日比谷の宝塚劇場は雪組公演上演中です。
水さんがトップになってから初めて初日を観劇することができ、ご挨拶を聞くことができ、5回観劇し、残るチケットはあと2枚となりました。

先日、2階席ではありましたがセンター席に座ることができました。

ゾロの装束に身を包んだ水さんをオペラグラスで追っていたのですが、目が合いましたよ~~! 仮面をつけているのでオペラを外してしまうと目元がわからなくなってしまうのですが(一瞬外して確認しました)、オペラグラス越しですがばっちり!

フィナーレの白い衣装になった水さんが銀橋に出てきた時も。
目線が、私に!!(爆)
オペラを外してもしっかりお目々とお目々がっ!!!
ああ~、幸せとはこのことねっ。
「キミハブレイク」でメロメロになった真鍋さんの気持ちを改めて実感(爆)

熱に浮かされたように、出待ちも久しぶりにしてしまいました。
素敵でございました。

自分を半分見失っています。
こわいです、このままどんなになってしまうのか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘がブログを開設

以前からせっつかれていたのですが。

娘が先ほどブログを開設しました。

自己紹介文をアップするまえに確認を求められ、いちいち表記されている意味がわからず質問しちゃいました。「以下略」という意味がある表記とか、あれやこれや、ジェネレーションギャップとか呟かれ……

まだプロフィールとご挨拶くらいしかないブログですが、ヒマなときにでも覗いていただければと思います。
年子の兄とオタク談義している時は面白いんですけど、ブログだとどうなるんでしょうね。

ま、炎上しなければいいかな、とcoldsweats01

息子にも、プラモを載せるブログを作りたいと言われていたのを思い出しましたが、受験生なので諦めてもらうことにdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耳で聞くグイン・サーガ

カテゴリをアニメにしました。
前回のグインの話題は書籍にしていたんですが……
分類は苦手です。

NHKのBSでアニメ「グイン・サーガ」が放送されています。
5月10日の放送をながら見していた時のことです。
アムネリスが 「カル・モルだ」 と喋りました。

この、「カル・モル」と言った時の抑揚が、
私にはショーゲキでした(大げさ)。

私は長年、「カ」の字にアクセントを置くものだと思ってきました。
が、アニメのアムネリスは四文字とも平坦に発音。
まるで「大盛り」みたいな発音。

ええーそーなの?
カル・モル はキタイの人ですよね。つまり今の世界でいうとアジア圏? あのあたりだとするとその発音でいいのかな? アジア圏っていっても広いし、キタイがアジア圏というのも私の勝手な思い込みですけども(今の世界にあてはめちゃうのもね)。

ミュージカル化されたグイン・サーガは、「マグノリアの海賊」も「炎の群像」も一応見ていまして、勿論原作者が作られた作品ですからこんな違和感感じたことないんですけれども。
あっても「私が間違っていた」と素直に思えますしね。
でもアニメだと、申しわけないですけれどあちらを疑ってしまいます(笑)

なかなか侮れないぞ、アニメ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »