« プチ旅行禁止も間近? | トップページ | 映画 【南極料理人】 »

映画 【剣岳】

原作を読むのが遅くて、上映が終わってしまうかとあやぶみましたがぎりぎりで映画を観ました。

なぜ見たいと思ったかというと、香川照之さんが出ているからheart02
ドラマ「 新宿鮫 」でヤクでいっちゃっている役をやったときから大好きです。このごろいろんな映画にご出演で嬉しい限りですが、若い頃にブレイクしていたら、あんな役もこんな役も……とちょっと残念ですが、でもむさいおっさんではなくてなんだかかわいらしさを残した男性になっていて嬉しいです。

さて映画。
艱難辛苦をのりこえる、みたいな筋書きが好きだし、原作(新田次郎さんのものを読みました。原作を読みやすくした、という新版もでているようですね)が凄かったのでと~~っても!期待して映画を観ました……

あのお話を短時間にまとめるのだから致し方ないか……と始まって直後に思いましたが、いやいや、映画もよかった。
ただ主人公があまりにも寡黙というか、控えめな人になっていましたね。私のイメージでは山岳会のこじまうすい(ひらがなで失礼)とキャスティングが逆でしたが……。原作では、旅館でもっと役人からひどい扱いをされていたし、でも聖人さまだと投げ銭されるんですよね。投げ銭シーン、見たかったな……。

前人未踏の山に登って観測して地図を作っていった人達。
すごい仕事だと思います。
で、登場人物のひとり・生田信さん。このひとは静岡県千頭のうまれ、となっています。
私の母が千頭近くの生まれで私も幼い頃はその田舎で夏を過ごしたので、「 千頭の生まれである。 山には詳しい 」なんて表記があると、うんうん、山の中だもの、なんて嬉しく身近に思いながら読みました。
おじの奥さんが正に千頭の生まれで、聞いてみたら原作のあとがき?にもあるように生田さんの家系に連なる方が今も千頭にご健在だそうで、それはもちろん、近代のお話ですからそういうものでしょうけれども、このお話が夢物語ではなく、本当に実際にあった過酷な出来事だったのだ、とひしひしと感じました。

|

« プチ旅行禁止も間近? | トップページ | 映画 【南極料理人】 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121661/46101467

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 【剣岳】:

« プチ旅行禁止も間近? | トップページ | 映画 【南極料理人】 »